光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

WiMAXをauで契約してはいけない理由|おすすめの申し込み場所はココだ

2019.01.10

WiMAXをauで契約してはいけない理由|おすすめの申し込み場所はココだ はコメントを受け付けていません。

小型通信機器を使い無線でインターネット通信が出来る「WiMAX」というサービスをご存知ですか?

端末はポケットサイズでどこでも持ち運びができるので、外出先でパソコン操作をすることが多い方や、出張や引っ越しが多い方に選ばれています。

 

WiMAXはサービス提供元となっている「UQコミュニケーションズ」から行う以外にも、WiMAXを取り扱っているプロバイダなどで申し込みができます。

WiMAXの申込み先の1つにauがありますが、auからの申し込みはあまりおすすめではありません、この記事ではなぜauでWiMAXを契約してはいけないのかという理由と一番お得な申し込み先を紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

①auでWiMAXの契約をするべきでない理由

auでWiMAXを契約してはいけない理由を、以下の順番で詳しく紹介していきます。

  • どこで申し込んでも通信速度や通信可能範囲は同じ
  • auはWiMAXのキャンペーンが無い
  • 最新機種の取り扱いが遅い
  • 機種変更ができない

 

1.1どこで申し込んでも通信速度や通信可能範囲は同じ

WiMAXは冒頭で少し紹介した通り「UQコミュニケーションズ」が提供するサービスです。

UQコミュニケーションズはKDDIのグループ企業で、同じKDDIグループのauからも申し込みが可能です。

 

またUQコミュニケーションズでは、一部のプロバイダをWiMAXの販売店としているので、WiMAXを申し込める窓口は以下になっています。

  • UQコミュニケーションズ
  • auショップ
  • 家電量販店
  • プロバイダ(So-net、@nifty、Broad WiMAXなど)

どの窓口で申込みをしても「通信品質と通信可能範囲」といったサービスはUQコミュニケーションズなので一緒です。

契約窓口で違いがでるのは「毎月の利用料金」とキャッシュバックや料金割引などの「キャンペーン」の部分です。

 

auでWiMAXを申し込んだ場合の基本料金を見てみましょう。

 

auでWiMAXを申し込んだ際の基本料金一覧
ギガ放題プラン 4,380円
7GB上限プラン 3,696円

 

auでの契約した場合の基本料金は、UQコミュニケーションズと同額ですが、実はこの基本料金は他のプロバイダで契約するより高い金額なのです。

 

auでWiMAXを申し込んではいけない理由その①:プロバイダで申し込みをするより基本料金が高い

 

1.2 auのWiMAXはキャンペーンが無い

auは「au携帯と固定の光回線」が主軸の商品です、WiMAXは固定ネット回線auひかりの代替商品なので、積極的な販売促進活動は行っていません。

そのためauでWiMAXを新規で申し込みをしても、キャッシュバックのようなお得なキャンペーンはないのです。

 

auでWiMAXを申し込んではいけない理由その②:入会時キャンペーンがないので損

 

1.3最新機種の取り扱いが遅い

WiMAXでインターネットをするのに必要な機器はルーターと呼ばれる通信機器のみです。

WiMAXのルーターにはいくつかの種類があり、自分の用途に合わせて契約時に選ぶことが可能ですが、auではWiMAXルーターの新機種が出てもすぐに取扱いを開始しないため、最新機種が欲しくても古い機種しか手にすることができません。

 

たとえば、他のプロバイダでは「WX05」という機種を2018年11月8日に販売開始しましたが、auでは2018年12月時点でまだこの最新機種は契約ができないといった状況です。

最新機種は旧機種に比べ、通信速度やバッテリーの機能がアップしていることから、契約する時点で一番新しい機種を選べば間違いありません。

 

auでWiMAXを申し込んではいけない理由その③:最新機種がすぐに手に入らない

 

1.4機種変更ができない

auとしては、インターネット回線は固定回線のauひかりをメインで扱っているので、WiMAXのサービスについては積極的ではありません。

そのためWiMAXの機種変更についても、他のWiMAXプロバイダのように「長く使えば無料で機種変更できる」という優待プログラムはありません。

 

auでWiMAXを契約し数年後に新しい機種に変更したい場合は、再度新規契約をしなければならず同月に同名義で解約と新規契約はできないので、家族の名義を借りるか1か月待って入り直しとなります。

また、こ時は新規契約となるので事務手数料の3,000円も取られますし、さらに更新月以外にWiMAXを解約する場合は違約金もかかるので、費用の負担が大きくなってしまいます。

 

auでWiMAXを申し込んではいけない理由その④:機種変更ができず損

 

②WiMAXでインターネットをするメリットは?

インターネットをする時に、光回線やADSLなど固定回線を選んだ場合は、回線を引いた宅内のみでしか利用できないのに対し、WiMAXはルーターと呼ばれる通信機器を使って無線で通信をするので、ルーターを外出時に持ち運べばどこでも使えます。

そのため特に以下のような利用者にとってWiMAXはメリットが大きいサービスなのです。

  • 出張や旅行が多い方
  • 転勤などで引っ越しが多い方
  • 外出先でインターネットを利用する方

また光回線など固定タイプのインターネットサービスは、申し込みから工事完了まで1~2カ月ほどかかるのに対し、WiMAXは端末が手元に届いたらSIMカードを挿すだけなので申込みから開通まで1週間ほどでインターネットを開始することが出来ます。

③auスマホのデータを大容量プランにした方が良い?

インターネットに繋ぎたい端末がスマホ1台だけという場合は、スマホとWiMAXをダブルで契約するのはもったいない事です。

なぜなら、スマホのデータ通信量を増量したプランに変更にしたほうが割安で手続きも簡単だからです。

 

自分のスマホ以外にタブレットやパソコンまたは家族のスマホなど複数台の通信機器をWi-Fi接続する場合は、WiMAXのようなルーターがあると便利ですが、スマホには「テザリング」という機能があり、これを使えばスマホをWi-Fiルーターの代わりにすることができるんです。

 

テザリングを行う場合は、電波を飛ばす側のスマホのデータ通信量が消費されるので、お得な方法でインターネットを楽しむために以下のについて考えてみましょう。

  • スマホの契約を大容量のプランにしてテザリングをする
  • WiMAXなどのネット回線を別に契約する

 

3.1 auスマホの月額データ料金

まずauのスマホの料金についてですが、auのデータ通信プランは「ピタットプラン」と「フラットプラン」の2種類あります。

 

ピタットプランは月の利用データ通信量に応じて料金が変動するプランですので、毎月のデータ使用量がまちまちな方はこちらのプランが向いているでしょう。

フラットプランは月間データ通信量が決まっているので、毎月平均して同じくらいインターネットをする方に向いたプランです。

 

auスマホデータ量プラン一覧表
auピタットプラン auフラットプラン
1GBまで:1,700円

2GBまで:2,700円

3GBまで:3,700円

5GBまで:4,700円

5GB超~20GBまで:5,700円

20GB:4,720円

25GB:5,720円

30GB:6,720円

※表はauスマホの「データ定額料」のみの料金で、通話基本料(シンプル、スーパーカケホ、カケホ)やインターネット接続利用料(300円)は含まれていません。

 

テザリングをするには月額500円かかるので、上記のデータ定額料金+500円がauスマホでテザリングをする場合にかかる料金です。

 

3.2 au WiMAXの月額料金とテザリングの料金を比較

auで契約するWiMAXの料金は、容量無制限のギガ放題が4,380円、上限7GBプランが3,696円となっています。

WiMAXを契約すれば、スマホの通信料は最低の1GBで大丈夫なのでピタットプランの1,700円で比較します。

 

まずは月間7GBまでのデータ通信量で十分という方のケースです。

  • Wimaxとスマホをセットで使う:1,700円(ピタット1GBまで)+3,696円(Wimax7GB)=5,396円
  • auスマホでテザリング:4,720円(フラット20GB)+500円(テザリングオプション)=5,220円

このケースであれば、WiMAXを契約せずにauのフラットプラン20GBを選び、テザリングオプションを付けたほうが料金は少しお得で倍以上のデータ量が使えるという事になります。また、WiMAXのルーターを別に持ち歩く必要がないので利便性にも優れています。

 

次に大容量のデータ通信を行いたい方のケースです。

  • WiMAXとスマホをセットで使う:1,700円(ピタット1GBまで)+4,380円(WiMAXギガ放題)=6,080円
  • auスマホでテザリング:6,720円(フラット30GB)+500円(テザリングオプション)=7,220円

この場合、月の料金が1,000円以上もWiMAXの方が安く、データ量も無制限で使えるWiMAXの方がお得です。

 

④GMOとくとくBB WiMAXが一番お得

WiMAXの契約は、UQコミュニケーションズやグループ企業のauでなくても申し込みができます。

WiMAXの一番お得な申し込み窓口は、GMOとくとくBBです。

なぜなら、GMOとくとくBBから申し込むと「月額割引」と「キャッシュバック」のキャンペーンがあるからです。

どちらか1つだけを入会時に選んで契約しますが、どちらを選んでも他の窓口よりお得です。

 

月額料金からの割引きと、キャッシュバックでは月の基本料金が異なります。

 

GMOとくとくBBのWiMAX 基本料金
キャッシュバックを選んだ場合 月額割引を選んだ場合
【ギガ放題】

初月3,609円の日割り

1~2カ月目:3,609円

3カ月目以降:4,263円

【通常プラン(上限7GB)】

3,609円

【ギガ放題】

1~2カ月目:2,170円

3~36カ月目:3,260円

37カ月目以降:4,263円

【通常プラン(上限7GB)】

1~2カ月目:2,170円

3~36カ月目:2,690円

37カ月目以降:3,609円

 

キャッシュバックは最大40,500円も貰えるのでトータル支払額では、キャッシュバックを選んだ方がお得ですが、キャッシュバックを受けるには別途手続き必要なので、手続きが面倒だと感じる方は、月額割引は申込むだけで適用されるので月額割引を選んだ方が良いでしょう。

 

GMOとくとくBB WiMAXの申し込み方法とお得なキャンペーンの詳細は以下のキャンペーンサイトで確認してくださいね。

GMOとくとくBB WiMAXキャンペーンサイト

 

⑤WiMAXとauの大容量プランはどっちがお得?

基本的にauスマホの30GBの大容量プランでテザリングをするより、WiMAXのデータ無制限ギガ放題にしたほうが毎月の料金はお得です。

ただしWiMAXは初期費用として3,000円がかかり、すぐに解約をすると違約金を取られるので、短期間だけデータ量を増やしたい場合は、スマホのプランを変更するか追加でデータ量を購入した方がよいでしょう。

 

設定されている契約期間が満了するまで使う予定がある方には「WiMAX」をおすすめします。

auショップでWiMAXを契約すると「基本料金が高い」「お得なキャンペーンがない」「機種変更ができない」などのデメリットがあるので、プロバイダからの申し込みが断然お得です。

 

WiMAXの申し込みができるプロバイダのキャンペーンを比較検討してみたい方は、以下のまとめ記事が便利です。

WiMAXのキャンペーンを比較|おすすめのWiMAXプロバイダランキング

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

  ☆お得なWiMAXの契約先を知りたい方必見☆

アイキャッチ

 

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら