光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

アロハデータの評判!口コミから分かるメリット・デメリットとは?

2019.07.21

アロハデータの評判!口コミから分かるメリット・デメリットとは? はコメントを受け付けていません。

ハワイ専用レンタルWi-Fiのアロハデータは、

ハワイ好きの人

にとっては常識でとても人気があります。

その人気の一番のポイントが

料金の安さ

です。

料金面以外にもこの記事では、

  • 口コミでよく見るアロハデータの評判
  • 同業他社と比較したアロハデータの良い点と悪い点

を徹底的に掘り下げます。

記事の最後では、

  • どんな人にアロハデータが向いているのか
  • どんな人にはアロハデータが向いていないのか

をまとめています。

1度目を通していただけたら、

アロハデータがあなたに一番向いているのか

がはっきりと分かるでしょう。

「海外WiFiルーター選びで成功して、海外旅行が最高の思い出になるように」

まずは、アロハデータが他社と比べてどんな良い評判があるのかを見ていきましょう!

① アロハデータの良い口コミ・評判

まずは、アロハデータの良い口コミからご紹介します。

1.1 良い口コミ・評判 ⑴:返却は郵便ポストへ投函するだけ

『申し込みが直前でしたが、予定通り届きました。返送も同封する無料の封筒が入っていたため簡単に返送できました。』
価格.com より)

アロハデータの返却方法は、帰国後の翌日までに

返信用封筒

に商品を入れて郵便ポストへ投函するだけです。

イモトのWiFiやグローバルWiFiなどの大手レンタルWi-Fi会社だと

  • 到着ロビーの空港カウンター
  • 返却BOX

へ入れるだけの返却方法を取っています。

ですが、アロハデータにはそのような方法での返却ができず、ポスト投函のみです。

口コミでは、空港で返せないことについて不満に思う人がいる反面、家に帰ってから

ゆっくりと作業ができる

ので便利だという人もいます。

なので、この点は好みの分かれるところかと思います。

<アロハデータの受け取りと返却の方法>

受取 返却
  • 当日空港カウンターで受け取り
  • 宅配で指定住所に出発前日または前々日に届く
  • 帰国日翌日までに返信用封筒に入れて郵便ポスト投函

ちなみに、アロハデータでは受け取りと返却に関しての手数料が基本かかりません

アロハデータ以外のレンタルWi-Fi会社だと、以下のように手数料がかかってしまいます。

受取場所(手数料) 返却場所(手数料)
アロハデータ
  • 空港(羽田500円、その他無料
  • 宅配(無料)
  • ポスト投函(無料)
イモトのWiFi
  • 空港(500円)
  • 宅配(500円)
  • 本社(無料)
  • 空港(無料)
  • 宅配(送料自己負担)
  • 本社(無料)
グローバルWiFi
  • 空港(500円)
  • 宅配(500円)
  • 現地(500円)
  • 空港(無料)
  • 宅配(送料自己負担)
  • 現地(無料)
  • 空港宅配で受取!
  • 返却はポスト投函のみ
  • 手数料も無料

1.2 良い口コミ・評判 ⑵:料金が安い

アロハデータの料金の安さに関する口コミは多いです。

なぜこのような口コミが多いのか、他社の料金と比べるとよくわかります。

<4Gハワイ>

アロハデータ(700MB) 690円/日
イモトのWiFi(500MB) 1,580円/日
グローバルWiFi(600MB) 1,470円/日

このように、大手レンタルWi-Fi会社のイモトのWiFiやグローバルWiFiの

半額以下の安さ

になっているため相当安いです。

上記はアロハデータの一番安いプランです。

ですが、もう少し詳しくアロハデータの料金プランについて掘り下げて説明します。

アロハデータには、次の3つのプランがあります。

  1. スーパー
  2. basic
  3. BIG

料金がそれぞれ次のようになっています。

<1日のレンタル料>

スーパー basic BIG
930円 780円 690円

<1カ月間のレンタル料>

スーパー basic BIG
21,000円 18,000円 15,000円

特にこだわりが無ければ、一番安いBIGでも十分満足に使えるでしょう。

ハワイ島での

  • 繋がりやすさ
  • バッテリ―駆動時間

が気になる方であれば、basicにすると良いと思います。

  • Bigプランはかなり安い
  • 繋がりやすさ・駆動時間が必要ならbasicプラン!

1.3 良い口コミ・評判 ⑶:モバイルバッテリーも安い

外でWi-Fiルーターのバッテリーが切れてしまった場合、

モバイルバッテリー

を持っているとすぐに充電できて便利です。

各社オプションでモバイルバッテリーのレンタルを行っています。

アロハデータではたったの100円/日で借りられるためとても安いです。

<モバイルバッテリーのレンタル料金>

アロハデータ 100円/日
イモトのWiFi 200円/日
グローバルWiFi 200円/日
モバイルバッテリーがたったの100円!!

1.4 良い口コミ・評判 ⑷:自動翻訳機のレンタル

アロハデータのオプションで自動翻訳機

ポケトーク

がレンタルできます。

ポケトークは、ネット(Wi-Fi)に繋いで使うオンライン型の翻訳機です。

ポケトークのようなオンライン翻訳機は、Wi-Fiと接続して使うため

「レンタルWi-Fi会社」

と相性がよく、多くのレンタルWi-Fi会社でオプションとして用意してあります。

<オプションで借りられる翻訳機とレンタル料>

アロハデータ ポケトーク(580円/日
グローバルWiFi
  • ili(400円/日)
  • ポケトーク(800円/日)
イモトのWiFi ポケトーク(500円/日

イモトのWiFiよりは高いけど、グローバルWiFiよりは安く借りることができます。

また、

「マンスリー料金」

もあり、その場合だと9,000円/月なのでかなり安く借りることができます。

  • 自動翻訳機もレンタルできる!
  • マンスリープランなら更にお得に!

1.5 良い口コミ・評判 ⑸:運営会社の評判は良い

社名 株式会社グローバルモバイル
設立 2006年11月22日
代表取締役 山本昌幸
本社 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-4-6 SJビル3F

アロハデータの運営元は株式会社グローバルモバイルです。

株式会社グローバルモバイルでは、アロハデータ以外にも

  • アメリカ専用のU.S.データ
  • 台湾専用の台湾データ
  • タイ専用のタイデータ

など渡航先別に専門の商標でレンタルWi-Fiを運営しています。

アロハデータと同じように、どれも

  • 安い料金
  • 大容量のプラン

などが特徴で、会社全体の評判はかなり高いです。

  • 運営はグローバルモバイル
  • 安くて・大容量プラン!

1.6 良い口コミ・評判 ⑹:現地デスクのサポート

ハワイにはアロハデータの現地スタッフがいます。

もし何らかのトラブルがあった場合や、旅行中のいろいろな相談ができます

現地スタッフに相談出来るのでトラブル時も安心!

② アロハデータの悪い口コミ・評判

では、悪い口コミはどうでしょうか。

2.1悪い口コミ・評判 ⑴:受け取りできる空港は少ない

アロハデータの受取方法は主に

  • 空港受け取り
  • 宅配受け取り

の2つですが、受け取れる空港が少ないというデメリットがあります。

国内主要4空港でしか取り扱いがありません。

その為、それ以外を利用する人は必然的に宅配受け取りを選択することとなります。

下記表はグローバルWiFiとの比較ですが、かなりの差があることが分かります。

<受け取りに対応している空港>

アロハデータ グローバルWiFi
  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港
  • 羽田空港
  • 成田国際空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港
  • 伊丹空港
  • 静岡空港
  • 新千歳空港
  • 旭川空港
  • 仙台空港
  • 新潟空港
  • 小松空港
  • 福岡空港
  • 北九州空港
  • 大分空港
  • 宮崎空港
  • 那覇空港
  • 鹿児島空港(返却BOXのみで受取はできない)
受取可能な空港は4空港のみ!

2.2 悪い口コミ・評判 ⑵:対応エリアはハワイ限定

悪いというわけではありませんが、アロハデータは

ハワイ限定

のレンタルWi-Fiだということに注意しましょう。

なので、ハワイからまた別の国へ行くなど、複数またいで旅行をするような方には使いにくいサービスです。

ハワイでしか使用できない!

③ アロハデータはこんな人におすすめ

次の項目に当てはまる人にアロハデータをおすすめします。

こんなあなたにオススメ!
  • ハワイのみへ行く
  • 1番安い料金でWiFiを利用したい
  • 宅配受け取りポスト返却を希望

アロハデータはハワイ専用レンタルWi-Fiなので、当然ハワイへ行く方へのみおすすめします。

それに、他社レンタルWi-Fiのハワイプランよりもずっと安く借りられるのでお得です。

それと、

  • 受け取り可能な空港が少ない
  • 空港での返却ができない

という理由から、空港ではなく

  • 宅配での受け取り
  • ポスト返却

でも構わない人におすすめできます。

3.1 アロハデータの申し込みから返却までの流れ

アロハデータがおすすめな方へ、申し込みから返却までの流れを簡単にまとめてみます。

1.ネットで申込む

アロハデータ公式サイトで申し込みをします。

サイト下部の

レンタルお申込みはコチラから

のリンクから申し込みフォームを開き、フォームに必要事項を入力して送信します。

申し込みは5~15分ほどで完了します。

2.商品の受け取り

申込時に選択した方法で商品を受け取ります。

宅配であれば出発日の前日か前々日に届きます。

空港受け取りの場合は、出発当日に空港で受け取ります。

3.Wi-Fi接続設定

Wi-Fiルーターとスマホ(またはタブレット、PCなど)のWi-Fi接続設定をします。

Wi-Fiルーターの電源を入れると表示される

  • SSID
  • パスワード

を使って設定します。

スマホの場合は、

「設定」→「WiFi」→

「アロハデータのSSIDを選択」→

「パスワードを入力」

と設定します。

ちなみに、日本にいるうちはWi-Fi接続設定をしてもインターネットには繋がりません

それと、出発の直前にはスマホの

  • モバイルデータ通信
  • ローミング

OFFにしておくことを推奨します。

これがOFFになっていないと、間違えて携帯キャリアの高い料金のデータ通信を行ってしまう恐れがあるからです。

4.現地での使用

出発前にWi-Fi設定を済ませておけば…

後は現地到着後にWi-Fiルーターの電源を入れるだけで使えます。

5.返却する

最後に、機器の返却をします。

返却は同封された返却用封筒に入れてポストへ投函するだけです。

帰国後の翌々日消印より延滞料金が発生します。

ですので、帰国の翌日のポスト集荷時間までに投函しましょう。

  • ネットで申し込み、事前に設定!
  • 現地に行くまでは通信はOFFにしておく!
  • 帰国後はすぐにポスト投函で完了!

④ アロハデータはこんな人には向いていない

次の項目に当てはまる人はアロハデータが向いていません。

こんなあなたは他社を検討すべし!
  • ハワイ以外の国へも旅行に行く人
  • 空港受け取り、空港返却希望

アロハデータはハワイ専用なので、ハワイ以外へ旅行に行く人には当然向いていません。

そして、受け取り方法が空港か宅配便なのですが…

受取可能空港とても少ないです。

また、返却に関しても空港での返却ができません。

郵便ポストへ投函する形式なので、空港で受取から返却まで完結させたいという方にも向いていません。

以上のように、アロハデータが向いていない方は別のWi-Fiレンタル会社の比較記事を読んで自分に一番合ったものを選びましょう。

結論

アロハデータは、ハワイ旅行に持って行くポケットWi-Fiとして評判が高く、人気があります。

特に、レンタル料の安さは大手のイモトのWiFiやグローバルWiFiよりも優れています。

アロハデータを借りてハワイに行きたい人は、以下のサイトで申し込みをしてくださいね。

>アロハデータ公式サイト<

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

  ☆お得なWiMAXの契約先を知りたい方必見☆

アイキャッチ

 

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら