光回線、プロバイダーなど、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキング、人気のキャンペーン、料金なども詳しくご紹介します!

AsahiNet光の特徴と主要光回線の比較!|最新キャッシュバック情報も紹介

2018.04.14

AsahiNet光の特徴と主要光回線の比較!|最新キャッシュバック情報も紹介 はコメントを受け付けていません。

AsahiNet光は、株式会社朝日ネットが提供する光コラボ回線です。

 

光コラボ回線とは、NTTのフレッツ光の回線設備を利用し、光コラボレーション事業者が自社のサービスとして提供している回線の総称です。

 

朝日ネットは、もともとプロバイダー事業としてASAHIネットを提供していましたが、光コラボレーション事業の始まりにより、プロバイダーASAHIネットと光回線を一つにまとめた、光コラボ回線「AsahiNet光」を始めました。

 

今回は、AsahiNet光と主要回線の特徴や料金を比べ、あなたに合った回線探しのお手伝いをしています。

 

①AsahiNet光のサービス概要

AsahiNet光についてもう少し説明していきます。

AsahiNet光は、光コラボ回線なので、フレッツ光からAsahiNet光へは、工事不要で簡単に乗換えが出来ます。

フレッツ光から、光コラボ回線への乗換えは転用と呼ばれ、通常の光回線間の乗換えとは区別されています。

 

フレッツ光でプロバイダーにASAHIネットを利用している方は、AsahiNet光へ転用するだけで料金の支払い先が1か所になり、条件によっては基本料金が安くなります。

 

AsahiNet光には、ASAHIネット会員になると割引きが受けられるサービスがあるので、ASAHIネット会員歴が長い人料金が安くなる設定になっています。

 

そのため、フレッツ光でプロバイダーにASAHIネットを使っている人は、AsahiNet光へ転用したほうがお得になります。

 

②AsahiNet光と他社回線の費用を徹底比較

AsahiNet光と主要光回線の各種料金を比較してみました。

 

2.1基本料金の比較

まず、AsahiNet光と他社回線の基本料金を比較します。

比較対象は、主要光回線の「フレッツ光・auひかり・ドコモ光・ソフトバンク光」です。

 

フレッツ光だけはプロバイダー料金が別になっているので、今回はプロバイダーにAsahiネットを利用した場合の合計金額で比較します。

 

AsahiNet光と主要光4回線の料金比較表(戸建てタイプ)
AsahiNet光 1年目4,990円(スタートキャンペーン)

2年目5,180円

3年目5,080円

4年目4,980円

5年目以降4,880円

フレッツ光+Asahiネット 東日本エリア5,480円

西日本エリア4,590円

auひかり 5,200円
ドコモ光 5,200円
ソフトバンク光 5,200円

 

次に、マンションタイプの料金比較表です。

 

AsahiNet光と主要光4回線の料金比較表(マンションタイプ)
AsahiNet光 1年目3,890円(スタートキャンペーン)

2年目4,080円

3年目3,980円

4年目3,880円

5年目以降3,780円

フレッツ光+Asahiネット 東日本エリア3,100円~4,650円

西日本エリア2,630円~4,120円

auひかり 3,400円~5,000円
ドコモ光 4,000円
ソフトバンク光 3,800円

 

AsahiNet光は、最初の12カ月間は「スタートキャンペーン」により、毎月190円割引されます。

2年目は標準料金になり、3年目から「かんしゃ割」で100円割引、4年目200円割引、5年目300円割引となります。

 

かんしゃ割はASAHIネット利用期間に応じて割引が受けられるので、もともとフレッツ光などでASAHIネットを利用していて会員歴が5年目以降であれば、AsahiNet光へ転用した最初の年から300円割引になります。

 

AsahiNet光の基本料金と他社回線を比べると、多少AsahiNet光のほうが安いですが、実は、入会時に貰えるキャッシュバックを計算にいれるとトータルではそれほど安くはありません。

 

各社のキャッシュバックとキャンペーンについては、後程くわしく解説しています。

 

2.2初期費用の比較

ネット回線の初期費用には、工事費と契約事務手数料があります。

 

ただし、現在フレッツ光を利用している人が光コラボ回線へ転用する場合は、工事が不要なので契約事務手数料のみで済みます。

AsahiNet光、ドコモ光、ソフトバンク光は光コラボ回線ですが、auひかりは光コラボ回線ではありません。

 

新規契約の工事費と事務手数料
AsahiNet光 【工事費】
戸建て:18,000円

マンション:15,000円

【事務手数料】
新規:2,000円

転用:800円

フレッツ光 【工事費】
戸建て:1,8000円

マンション:15,000円

事務手数料:3,000円
auひかり 【工事費】
戸建て:37,500円

マンション:30,000円

事務手数料:3,000円
ドコモ光 【工事費】
戸建て:18,000円

マンション:15,000円

事務手数料:3,000円
ソフトバンク光 【工事費】
戸建て:24,000円

マンション:24,000円

事務手数料:3,000円

 

表を見ると、auひかりの工事費が戸建て37,500円/マンション30,000円と、飛びぬけて高いことが分かります。

しかし、auひかりは工事費分割払いの同額を毎月割引してくれます。

つまり、分割払いの途中で解約しない限り、工事費は実質無料になります。

 

ソフトバンク光も戸建て・マンション共に24,000円の工事料金が発生しますが、他社からの乗り換え新規の場合に工事費が実質無料になります。

 

それに対し、AsahiNet光、ドコモ光、フレッツ光は、工事費が少し安いですが、工事費実質無料のキャンペーンが無いので、初期費用が反対に高くついてしまいます。

 

2.3スマホセット割引の比較

ドコモ・au・ソフトバンクの携帯/スマホをお使いの方は、同社の光回線とのセット割が受けられ、毎月かなりの節約になります。

 

AsahiNet光でも、同社の格安スマホANSIMとのセット割と、auスマホとのauセット割が受けられます。

auセット割は、auのスマホとネット回線のセット割で、auひかりの「auスマートバリュー」と似ていますが、割引き額と条件などが違います。

 

まず、朝日ネットの提供するANSIMの利用料金について説明します。

 

ANSIMの場合、3ギガプランと7ギガプランがあり、それぞれの利用料金は次のようになります。

 

ANSIM利用料金
データ容量 月額料金
3GB 1,600円
7GB 2,680円

 

そして、AsahiNet光を契約した場合はセット割が適用され、上記の料金から200円割引になります。

 

もうひとつ、auのスマホ/携帯を利用した場合の「auセット割」についても紹介します。

 

auセット割とスマホデータプランの関係とAsahiNet光の割引き額
au契約プラン AsahiNet光月額利用料からの割引額
データ定額2GB・3GB、auピタットプラン、auフラットプラン20/30 500円割引
データ定額5GB・8G・10GB・13GB・20GB・30GB 1,200円割引

 

ANSIMのセット割、auセット割は共に、AsahiNet光1回線につきスマホ1回線契約のみ有効です。

つまり、家族全員で同じスマホにしても、セット割が適用されるのは1台のみということです。

 

auセット割に関しては、AsahiNet光の月額割引き「かんしゃ割」と「スタートキャンペーン」との併用ができませんので、auセット割はあまりお得ではありません。

 

ドコモ光、ソフトバンク光、auひかりのスマホ/携帯とのセット割の金額が次の通りです。

 

ドコモ光、ソフトバンク光、auひかりのセット割額

キャリア (割引名) スマホ利用料からの割引額
ドコモ (光パック) 最大3,200円 (1回線のみ)
ソフトバンク (おうち割光セット) 最大2,000円割引 (最大10回線適用)
au (auスマートバリュー) 最大2,000円割引 (最大10回線適用)

 

ソフトバンクとauは最大10回線適用されるので、家族全員同じキャリアのスマホにそろえれば、かなりの節約になります。

 

ドコモ光は1回線のみしか適用されませんが、シェアパックという家族間でパケットをシェアできるサービスがあり、これを利用することでソフトバンクやau並みに安くできます。

 

AsahiNet光で利用できるセット割と、大手携帯キャリアが提供する光回線とのセット割を比べると、AsahiNet光のほうがかなり少ないです。

そのため、AsahiNet光を使うのであれば、大手携帯キャリアのスマホは辞めて、基本利用料の安いANSIMなどの格安スマホにすることをおすすめします。

 

③各社キャンペーンとキャッシュバックの比較

割安のネット回線を選ぶためには、月々の基本料金の確認も必要ですが、初期費用やキャッシュバック額のトータルで考えないと本当にお得な回線は分かりません。

 

そこで、ネット回線を契約する際に貰えるキャッシュバックや、その他のキャンペーン特典についてまとめました。

 

3.1 AsahiNet光のキャンペーン・キャッシュバック

AsahiNet光は、申込みでキャッシュバック1万円が貰えますが、このキャッシュバック額は他社と比べると低めです。

 

新規契約のみで貰えるキャッシュバックで、転用の場合は対象外となっています。

 

AsahiNet光のキャンペーン・キャッシュバックまとめ
スタートキャンペーン 12ヶ月間月額190円割引

新規のみ1万円キャッシュバック

かんしゃ割

(Asahiネット利用暦に応じた割引)

3年目:100円引き

4年目:200円引き

5年目:300円引き

 

AsahiNet光はキャッシュバックが少なく、他社回線のほうが断然お得です。

主要4回線のキャンペーンとキャッシュバックもみていきましょう。

 

3.2 auひかりのキャンペーン・キャッシュバック

auひかりは、代理店からの申込みで貰えるキャッシュバックが一番高額です、しかも、乗り換えでかかる他社回線の解約違約金負担や、工事費が無料になるサービスがあり、初期費用がほとんどかからずに始める事が出来ます。

 

auひかりキャッシュバック表と公式キャンペーン
ネット+光電話 50,000円
ネットのみ 43,000円
公式キャンペーン
  • 乗換え時にかかる他社回線の解約違約金がauより返還される
  • 分割工事費と同額の割引きが毎月受けられるので工事費は実質無料

 

auひかりの申込みは、正規代理店である「NNコミュニケーションズ」のキャッシュバックがもっとも高額で、不要なオプション加入条件など一切なく、最短1ヶ月で現金で振込まれるのでおすすめです。

 

NNコミュニケーションズのお得なキャッシュバックと申込み方法は、以下のキャンペーンサイトをご確認くださいね。

NNコミュニケーションズ キャンぺーンサイト

 

auひかりキャンペーンの詳しい情報は、以下の記事にまとまっていますので、ご確認ください。

【2018年4月 最新】auひかりのキャッシュバックキャンペーン徹底比較|最もお得な代理店はどこ!? | インターネット比較の達人

 

3.3ソフトバンク光キャンペーン・キャッシュバック

ソフトバンク光は新規契約の場合、キャッシュバックを少し減らす代わりに、次世代高速無線ルーターを選ぶこともで好評です。

 

 

ソフトバンク光キャッシュバックと公式キャンペーン
新規 【特典A】

キャッシュバック:28,000円

【特典B】

キャッシュバック:24,000円+

次世代高速無線ルーターor無線LAN中継器

転用 キャッシュバック:13,000円
公式キャンペーン
  • 工事費相当額割引で実質工事費が無料
  • 他社解約違約金をソフトバンクが負担(最高10円まで)

 

ソフトバンク光を正規代理店エヌズカンパニーから申込むと、上記のキャッシュバックに公式のキャンペーンも併用できるため、おすすめです。

 

エヌズカンパニーの詳しいキャンペーン情報は、以下のキャンペーンサイトをご覧ください。

エヌズカンパニー キャンペーンサイト

 

ソフトバンク光キャンペーンの詳しい情報は、以下の記事も参考になります。

【2018年4月最新】ソフトバンク光のキャンペーン比較|キャッシュバックが本当にお得な窓口はここだ!

 

3.4ドコモ光キャンペーン・キャッシュバック

ドコモ光はキャッシュバックがそれほどでもありませんが、dポイントが貰えます。

dポイントは提携店で1ポイント1円として使えるので、キャッシュバックに換算すれば結構お得です。

 

ドコモ光キャッシュバック額表
dポイントプレゼント(公式) 新規20,000pt

転用10,000pt

現金キャッシュバック(代理店)

(ひかりTVかスカパー申し込みが必要)

新規11,000円

転用15,500円または11,000円

 

ドコモ光の申し込みはドコモ光のプロバイダーGMOとくとくBBが、上記のキャンペーン特典を両方手に出来るので一番お得になります。

 

GMOとくとくBBから申し込むと、キャッシュバックの他にv6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル・セキュリティサービス1年間無料・出張サポート1回無料などの特典も貰えますので、以下のキャンペーンサイトで詳細を確認してくださいね。

GMOとくとくBB キャンペーンサイト

 

ドコモ光のキャンペーンについては、以下の記事にまとまっています。

2018最新|公式はダメ!ドコモ光のキャンペーンならキャッシュバック&dポイント&ルーターのトリプルゲットが一番お得!

 

④各社の通信品質の差について

AsahiNet光と主要光回線では、通信品質に違いがあるのか解説します。

 

4.1各社の回線の速度

各社とも通信速度は100Mbps~1Gbpsになっています。

  • マンションのVDSL方式とLAN配線方式は最高100Mbps
  • マンション光配線方式と、戸建ては最高1Gbpsか100Mbps(auひかりを除く一部で200Mbpsもあり)

 

これらの最高速度はあくまで理論値のため、1Gbpsプランでも実測値で1Gbpsは出ることはなく、だいたい100Mbps~300Mbpsほど出れば良いほうです。

 

その理由は、光ケーブルを数人でシェアして使う方式だからです。

この方式はAsahiNet光もフレッツ光もauひかりもドコモ光もソフトバンク光も同じです。

 

1本の光ケーブル内には最大32世帯収容できますが、全世帯が一気にインターネットを利用すると通信速度は遅くなります。

自分の回線が世帯数の多いケーブルに入るのか少ないケーブルになるのかはわかりませんし、新規や解約で日々変化しています。

 

4.2プロバイダー間の速度

光ケーブル内で混雑していなかったとしても、更に上位の装置で回線が混雑し通信速度が遅くなることがあります。

それにはプロバイダーが関わってきます。

 

どのプロバイダーが速いかはハッキリとはわかりませんが、プロバイダーの通信方式の違いはわかるので、混雑に強い通信方式を選べばよいのです。

 

各社の通信方式の違い一覧
AsahiNet光

(Asahiネットのみ)

PPPoE方式とIPoE方式

IPv4サイトはPPPoE方式で接続、IPv6サイトはIPoE方式

ソフトバンク光

(Yahoo!BBのみ)

(IPv6高速ハイブリッドを利用した場合)

IPv4サイトもIPv6サイトも高速で通信ができるIPoE+IPv4 over IPv6の通信方式

ドコモ光

(26社から選べる)

(v6プラスを利用した場合)

IPv4サイトもIPv6サイトも高速で通信ができるIPoE+IPv4 over IPv6の通信方式

auひかり

(7社から選べる)

IPv4サイトもIPv6サイトも高速で通信ができるIPoE+IPv4 over IPv6の通信方式

 

Asahiネットは、IPv4サイトはPPPoE方式で接続し、IPv6サイトはIPoE方式の併用型です。

この方式だと、IPv6サイトは混雑に強く高速ですが、IPv4サイトはAsahiネットの認証サーバーが混雑すると遅くなります。

 

世の中のほとんどのサイトはIPv4サイトなので、IPv6サイトのみ高速のAsahiNet光はあまり速いとは言えません。

 

⑤各社の提供エリアについて

AsahiNet光は、光コラボ回線なのでフレッツ光提供エリアで使えます。

ドコモ光、ソフトバンク光も光コラボなので同じエリアです。

 

フレッツ光東西の公式サイトから提供エリアが調べられます。

 

フレッツ光提供エリア検索
フレッツ光東日本公式サイト

(郵便番号を入れて確認または地図から確認⇒住まいのタイプを選択)

フレッツ光西日本公式サイト

(ご利用可能エリア確認⇒かんたん申し込み⇒住まいのタイプ⇒郵便番号または府県で検索)

 

auひかりは光コラボではないので、auひかりの公式サイトからエリア検索ができます。

auひかり提供エリア検索ページ

 

⑥上手なネット回線の選び方

お得なネット回線の基本的な選び方は、使っているスマホのキャリアが提供する光回線を利用する事です。

 

AsahiNet光を利用するのであれば、スマホは格安スマホのANSIMを使いましょう。

 

現在フレッツ光をお使いの方は、今より安くなる可能性があるのでAsahiNet光へ転用してもいいですが、同じコラボ回線で転用でもキャッシュバックが貰えるソフトバンク光がおすすめです。

 

auひかりへは新規となり工事が必要ですが、工事費実質無料、他社違約金還元、等の公式キャンペーンが多く、また代理店からのキャッシュバックが他社よりも高額なので、一番おすすめです。

 

ネット回線は、お使いのスマホ、お住いの地域、居住環境などで変わります、今回紹介した回線以外でも合う回線があるかもしれません。

 

簡単な質問に答えるだけで、あなたにピッタリの回線が分かる記事を用意していますので、ぜひこちらもお試しくださいね。

【1分で比較】あなたの条件にピッタリのおすすめネット回線はコレ!光回線・Wi-Fi 簡単診断

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら