光回線、プロバイダーなど、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキング、人気のキャンペーン、料金なども詳しくご紹介します!

auひかりが遅いですか?/乗り換えよりはまずこの7つをチェックしよう!

2017.09.17

auひかりが遅いですか?/乗り換えよりはまずこの7つをチェックしよう! はコメントを受け付けていません。

ネット回線を選ぶ時気になるのは毎月の「基本料金」と「通信速度」ですよね。

 

ほとんどのユーザーさんがauひかりに替えて早くなったと感じているようですが、一部の方から遅いという評判も聞かれます。

こちらでは、auひかりの回線の特徴と遅い場合の対策について紹介しています。

ネット回線の乗り換えは案外面倒な作業なので、まずは身の回りでできる改善ポイントを一度試してからでも遅くありません。

 

①auひかりの通信速度は速いの?遅いの?

 

1.1 auひかりとフレッツ光の回線スピードは1Gbpsで同じ

auひかりもフレッツ光も回線速度は1Gbpsで同じです。

しかし、ネットの口コミをみると「auひかりは速い」という口コミが多いです。

同じ1Gbpsの回線なのに、なぜauひかりと他社に違いがでるのでしょうか。

フレッツ光と光コラボは「フレッツ網」というIP網を経由しインターネットの世界へとつながっていますが、auひかりはフレッツ網を使用していません。

KDDIの独自のIP網を持っていてauひかりはそのIP網でインターネットに接続されているのです。

こういった設備の違いからauひかりの方が速度的に優位になるケースがあるのではないかと思われます。

 

1.2 auひかりが遅くなるその理由とは?

「auひかりは遅い」という口コミも一部で聞かれます。

その理由は、地域によって「設備の規模や利用ユーザー数が違う」ということが挙げられます。

道路の渋滞を考えるとわかりやすいですが、車がたくさん通っていると混雑するように、インターネットも利用ユーザーが多く、データがたくさん流れすぎているとネットワークが渋滞します。

つまり、その地域や時間帯で利用者が多いとauひかりの設備のキャパを超えてしまうのです。

1.3開通後に遅いと感じたら?

auひかりが速いのか遅いのかわからないと、結局「変えた方がいいの?変えない方がいいの?」と悩むかと思います。

auひかりは口コミの数から見ても「速い」という意見の方が多いです。

しかし環境などで遅いと感じる事もあるので、契約後に速度が出なかった場合「初期契約解除制度」を使えば8日以内までなら、ユーザーの都合で解約ができ違約金が発生しません

ただし、これは「クーリングオフ」とは違い、開通にかかった工事料金・事務手数料は自分で負担しなくてはなりません。

 

②実測値の目安

実際どれくらいの回線スピードが出ていれば、快適にインターネットができるのか使用例をまとめてみました。

 インターネットの使用例と推奨回線の種類
利用例 伝送速度と推奨される回線の種類
メール送受信 1Mbps    ADSL・WiMAX・光回線
ホームページ閲覧・株取引 10Mbps   WiMAX・光回線
動画・音楽・オンラインゲーム 30Mbps   光回線
高画質・高音質動画 60Mpbs   光回線

auひかりに限らず、インターネットの回線速度はベストエフォートで表示されています。

光回線の多くは「速度が1Gpbsです」と売り出しています。

しかしそれは最大理論値であって、保障されている速度ではく、最大限速度が出るように努力しているにとどまります。

よって、実測値で1Gbps出ることはありません。

でも実際は100Mbps以上速度が出れば遅いと感じることはないでしょう。

 

実際どのように速度を測るかというと、「速度測定サイト」を利用します。

KDDIの方は、KDDIネットワーク内の速度測定サーバを使うので、auひかりユーザーじゃないと入り込めません。

 

KDDI速度測定サイト・スピードチェック

 

BNRスピードテスト

 

auひかりの実測値は大体100Mbps~500Mpbsになることが多いです。

100Mbps以下の測定値だった場合は、Wi-Fi、パソコン、LANの規格、セキュリティーソフトなどの問題、または、ネットが混雑している時間帯が原因と考えられます。

次項では自分で回線速度を改善できるポイントについて紹介しています。

 

③自分でできる改善方法はなに?

速度がどうしても低い場合は、auひかりのサポート窓口へ問い合わせて原因を探ってもらうのも一つの手ですが、問い合わせる前に身の回りの環境で確認したほうが良いことを7つ紹介します。

3.1ホームゲートウェイの「省エネ」ボタンをOFFにする

auひかりで貸し出されるホームゲートウェイには省エネ機能があります。

この機能がONになっているとWi-Fi機能の停止、LANポートの速度制限がされます。

この省エネボタンをOFFにすることにより速度が改善する余地があります。

 

3.2パソコン側のLAN規格、無線規格を確認

ホームゲートウェイまでがいくら速くても、パソコンの側が遅いと速度は出ません。

有線接続の場合、パソコンのLANポートの規格が1000BASE-T非対応だと、結局は最大速度が100Mbpsまでしか出ません。

Wi-Fiを使っている場合は、パソコン側の無線子機も11ac対応していないと速度が出ません。

 

3.3パソコン自体のスペックが遅い

パソコンが古い場合、OS、CPU、メモリなどの原因で遅くなっている場合があります。

ハードディスクの最適化や、使っていないソフトウェアのアンインストールをするなどで改善する余地があるかもしれません。

 

3.4 LANケーブルが1000BASE-T非対応

有線接続の場合、LANケーブルが100BASE-TXだと100Mbpsまでしか速度が出ません。

LANケーブルに「CAT5」と書いてあれば100BASE-TX、「CAT5E」または「CAT6」書いてあれば1000BASE-T対応で1Gbpsの通信ができます。

 

3.5パソコンに入っているセキュリティーソフトを停止してみる

セキュリティーソフトが重すぎる原因の場合もあります。

一時的に停止させて改善しないか試してみて、改善するようであれば、設定を見直す必要があります。

 

3.6市販のWi-Fiルーターにする

auひかり利用時にレンタルするホームゲートウェイ内蔵の無線LANは最大速度が450Mbpsです。

つまり、どんなに有線での速度が速くても、無線にすると最大450Mbpsまでしか出ないことになります。

そこで、市販のWi-Fiルーターを購入し、ホームゲートウェイにLANケーブルで接続して使うという方法があります。

もちろん、auひかりの無線機能より優れた製品を購入しないと意味がありません。

バッファローのWXR-1750DHP2のように、最大速度が1Gbps以上のものがいいです。

ただし、この方法は「有線LANで速い場合」に限られます。

いくら無線区間を速くしても、有線区間が遅ければ意味がないので、市販のWi-Fiルーターを購入する前に、必ずホームゲートウェイとパソコンをLANケーブルで有線接続し、速度を確認しましょう。

 

3.7市販のWi-Fiルーターを使っている場合

市販のWi-Fiルーターを利用している場合は、WAN側のLANポートが1000BATS-T対応になっているか、WAN側のLANケーブルが1000BASE-T対応になっているか、Wi-Fiの規格が11ac対応になっているかを確認しましょう。

 

以上のことを確認しても速度が改善しない場合、auひかりのサポート窓口へ問い合わせをしましょう。

 

auひかりサポート窓口 9:00~23:00

0077-7084

 

④それでも速度が上がらない場合、どこに乗り換える?

上記の方法を試しても速度が改善しなかった場合、auひかりから、光コラボへ乗り換えることをお勧めします

4.1プロバイダー系光回線と大手携帯会社の光回線

光コラボはauひかりとは違うフレッツ光のIP網を使用します。

auひかりで速度が上がらない場合、違うルートを通る光ネット回線であれば改善する可能性があります。

この理屈で言えばフレッツ光でもいいのですが、乗り換え時のキャンペーンやキャッシュバック、月々の基本料金などを考えたときフレッツ光よりも光コラボの方が負担が少なく乗り換えることが出来ます

 

光コラボにもいろいろな事業者があります。

プロバイダー系

  • OCN光
  • ビッグローブ光、
  • @nifty光
  • DTI光など

 

大手携帯キャリア系

  • ソフトバンク光
  • ドコモ光

4.2 auスマホユーザーさんへはビッグローブがおすすめ

auのスマホユーザーは、ネット回線をauひかりにした場合「auスマートバリュー」というスマホのセット割りで携帯料金が割引になっていると思います。

しかし、auひかりから他社回線に乗り換えると、この割引が受けられなくなります。

そこでおすすめなのが、ビッグローブ光です。

ビッグローブ光はauスマートバリューが利用できます。

これができるのは、ビッグローブがKDDIの子会社だからです。

 

 

⑤auひかりの回線速度はおおむね速い

auひかりの速度は、他社と比べ速いです。

ただし、すべてのユーザーにとって速いというわけではなく、条件次第では他社の方が速くなる場合もあります。

おおむね「auひかりは速い」と結論づけることが出来ます。

 

auひかりはフレッツと違い、独自のIP網内ネットワークを築いており、一度決めたプロバイダを変更できないというデメリットと引き換えに、どのプロバイダを選んでも速度に大差がないような仕組みになっています。

 

フレッツ光からauひかりに乗り換えたのに、全く速度が上がらないという場合は、上記で紹介した改善策を一度試してみてくださいね。

それでも速度が出ないときは、フレッツ光か光コラボへ乗り換えましょう。

乗り換え時は、工事費用や違約金などがかかる場合があります。

なるべくキャッシュバックやキャンペーンなどを利用し、お得に乗り換えるようにしましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆