光回線、プロバイダーなど、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキング、人気のキャンペーン、料金なども詳しくご紹介します!

光BBユニットはダメ!?ソフトバンク光のルーターの選び方と設置法 

2017.12.09

光BBユニットはダメ!?ソフトバンク光のルーターの選び方と設置法  はコメントを受け付けていません。

 

ソフトバンク光を契約した方の大半が利用している「光BBユニット」ですが、ネット上では「料金が高い」「実際は不要なんじゃないか?」といった、不要説が流れています。

 

この記事では光BBユニットの内容と、使うことによって得られるメリット、そしてデメリットを詳しく解説し、光BBユニットが不要なのか必要なのか詳しく解説していきます。

 

結論を述べると、光BBユニットは、絶対に使った方が良い人と、不要な人にわかれます。
記事を読み進めると、あなたがどちらに分類されるのかわかる内容になっているので、ぜひ参考にして見てください。

 

①ソフトバンク光でのルーターの選択肢 

 

1.1そもそもルーターって何に必要なの? 

ルーターがあれば、1つの回線契約で複数の端末をインターネットに繋ぐことができます。 

ルーターは必須の機材と思っている方も多いようですが、実は下記の2つの目的がなければ不要なものなんですね。

  • 2台以上端末をインターネットに接続したい 
  • 無線(Wi-Fi)で使いたい 

逆に言うと、このどちらかの用途があるのであれば、ルーターが必要になります。

 

 

もしも1回線に付き、PC1台だけしかインターネットに繋げられなかったら、PCの数だけ回線契約をしなければならなくなり、コストがすごくかかってしまいます。 

 

だけど、ルーターがあれば、そんなことをする必要がなく、1つのインターネット回線契約でPC数台、スマホ数台、タブレット数台・・・と、複数の端末をインターネットに接続することができます。 

 

そして、ルーターにプラスαの機能が備わったのが、無線機能です。
Wi-Fiとも言います。 

 

有線の場合はLANケーブルでそれぞれの端末を配線しなくてはいけなかったのが、無線接続が可能になることにより配線が不要になります。
スマホも自宅のネット回線に繋いでインターネットをすることができるので、携帯キャリアの通信網を使わないためパケット通信料がかかりません。 

 

まとめると、ルーターは、 

 

  • 2台以上端末をインターネットに接続したい 
  • 無線で使いたい 

 

という場合に必要な機器なのです。 

 

1.2ソフトバンク光のルーターの選択肢 

ソフトバンク光でルーターを使う形態は、以下の3つのケースがあります。 

 

  1. ホームゲートウェイ(N)レンタル 
  2. ソフトバンクの光BBユニットレンタル 
  3. 市販のルーターを自分で設置 

 

実は光BBユニットは絶対に必要なものではないので、下記を読んで不要だと判断した場合は、利用しなくてOKです。

 

1.2.1ホームゲートウェイ(N)レンタル 

ホームゲートウェイ(N)はNTTのフレッツ光からの転用で光電話を利用する人は無料です。
無線機能を使いたい場合はプラス300円/月か100円/月です(プランによる)。

 

NTTの光電話を契約しない、または新規だとホームゲートウェイ(N)のレンタル料が450円/月+無線LAN300円/月と割高になるのであまりおすすめできません。 

 

1.2.2ソフトバンクの光BBユニットレンタル  

ソフトバンクの光BBユニットはレンタル料が467円/月です。
これはルーター機能のみ使う場合の料金で、これだけでは無線が利用できません。

 

別にWi-Fiマルチパックを契約することにより、光BBユニットの無線機能がONになります。
Wi-Fiマルチパックは990円/月です。

光BBユニットとWi-Fiマルチパックをあわせると、毎月1,457円もかかります。 

 

※Wi-Fiマルチパックは他にもメリットがある

ちなみに、Wi-Fiマルチパックを契約すると無線機能がONになる以外にも、外出先の公衆無線LANが無料で利用できるメリットがあります。
ソフトバンクが提供する「BBモバイルポイント」は、マクドナルドなどの飲食店やJRの主要各駅、東海道新幹線の車内などで利用できる公衆無線です。

通常月額利用料290円かかりますが、無料で使えるようになります。 

 

※光BBユニットはホワイト電話の利用に必要

そして、ソフトバンクの光BBユニットをレンタルすると、ホワイト光電話を契約できます。
ソフトバンク光の光電話には、NTTの光電話とホワイト光電話があるのですが、ホワイト光電話を利用する場合にこの光BBユニットが必要なのです。

 

ホワイト光電話の基本料金は467円/月です。
光BBユニット、Wi-Fiマルチパック、ホワイト光電話の3つを合計すると、毎月1,924円かかります。 

 

※一番お得なのは「おうち割光セット」

ソフトバンク光でたかが無線と電話を使うだけで毎月1,924円は高いですね。だけどこの料金をうんと下げる方法があります。それは、「おうち割光セット」に加入することです。おうち割光セットは、スマホをソフトバンクにした場合にソフトバンクスマホの料金を割り引くサービスです 

 

おうち割光セットの条件が、光BBユニット、Wi-Fiマルチパック、光電話(ホワイト光電話/光電話(N)/BBフォンのどれか)の3つのオプションを契約することなのですが、この3つのオプション+おうち割光セット適用で、3つのオプション使用料が500円/月になります。 

 

光BBユニット、Wi-Fiマルチパック、ホワイト光電話 の料金
おうち割光セットに入った場合 月500円
入らない場合 月1,924円

  

 

1.2.3市販のルーター

ソフトバンクの光BBユニットはルーターとしてのスペックがどれぐらいあるのかを説明します。 

 

  • LANポート数・・・4つ 
  • 有線の速度・・・WAN側、LAN側ともに1Gbps 
  • 無線の速度・・・300Mbps(型番により違う場合もあります) 

 

上記のように、ソフトバンクの光BBユニットは、LANポートが4つあり、有線の速度も1Gbpsで速く、ルーターとしての機能は特に問題ありません。
しかし、無線のパワーはそれほど強いものではなく、市販と比べると中の下といったところでしょうか。市販無線ルーターのほうが機能は優れています。 

 

市販のルーターならよりスペックは高い

 

市販のルーターを購入し、自分で設置することもできます。
市販のものを選ぶ際は、無線の速度以外にもLAN・WANの速度に気をつけましょう。 

 

最低WANだけは1000BASE-T(1Gbps)のものを選びましょう。
たとえば、WAN側が100BASE-TX(100Mbps)のものを選んでしまうと、いくら「無線速度433Mbps」となっていても、WANインターフェースがボトルネックになってしまい、インターネットの速度は100Mbps以上になりません。 

 

有線で使う場合はLANも1000BASE-Tが望ましいです。
上記と同じ理屈で、いくらソフトバンク光の速度が1Gbpsで速くてもLANインターフェースがボトルネックで結局は100Mbps以上出ないからです。 

 

市販ルーターを購入したほうがいいのは、広い家に住んでいる人です。家が広いと無線が届かないことが起こりえます。そのため、グレードの高い市販の無線ルーターを購入したほうが良いでしょう。 

 

②ソフトバンクの光BBユニットと市販ルーターどちらがいいのか?  

光BBユニットが不要なんじゃないかと考えているソフトバンク光ユーザーの方も多いのですが、結論としては利用していた方が良いです。

理由は3点あります。

 

  • 市販ルーターも10,000円近く費用がかかる
  • 光BBユニットは特に何も考えなくても良いので、楽
  • IPv6高速ハイブリッド通信が利用できる

一言で行ってしまえば「おうち割光セット」の月500円はかなりコスパが良いと言えます。

 

特に最後の「Pv6高速ハイブリッド通信が利用できる」と言うのは、かなり大きなメリットです。
IPv6高速ハイブリッドを利用すると、インターネットの通信速度が速くなります。
これは、ソフトバンクから光BBユニットをレンタルしないと使えません。 

 

「IPv6高速ハイブリッド」については下記に詳しく解説していますが、「速度が速くなる」「光BBユニットを契約しないと利用できない」という2点だけ理解すれば十分なので、読まなくてもOKです。

IPv6高速ハイブリッドとは?

まず、IPv6高速ハイブリッド未契約の場合はIPv4PPPoE接続になります。
この接続は、インターネット利用者が増える時間帯(夜など)になるとインターネットが遅くなります。これは、回線の契約が1Gbps、200Mbps、100Mbpsとかは関係ありません。
この数値というのは、あくまで光ファイバーのアクセス区間の話であって、IPv4PPPoE接続で混雑するのは、さらに上部のプロバイダー側での話しなのです。 

 

そこで、IPv6高速ハイブリッドを契約することにより、プロバイダー側での混雑とは無縁になります。
その仕組みは、BBIX株式会社の通信網を経由しインターネットに繋がるため、プロバイダー側を経由しないようになっているからです。
インターネットのサイトはIPv6対応とIPv4のみ対応がありますが、IPv6高速ハイブリッドはIPv4のサイトもIPv6と同じルートを通ることができるので、すべてのサイトで通信速度が速くなります。

 

これを使うためにはソフトバンクの光BBユニットが必須なのです。
たまに、「光BBユニットが無くてもv6サイトが見れる」というネットの書き込みがありますが、これは「IPv6PPPoEで接続してる」とか「IPoEでv6サイトのみ高速だがv4サイトはPPPoEで繋がっている」というパターンです。
すべてのサイトを高速で見るためには必ずソフトバンクの光BBユニットが必要です。 

 

さらに、アクセス区間が200Mbps契約の人でも最大理論値が1Gbpsにアップするというおまけもあります。 

 

よく勘違いされるのが、「200Mbpsの契約が1Gbpsにアップされるということは、もともと1Gbpsの契約であれば意味ないのでは?」ということです。
しかし、先に説明した通り、アクセス区間の速度とプロバイダー側の速度は別の話なので、意味はあります。
IPv4PPPoE方式だと1Gbpsの契約でも実際に速度を測ってみると、ネットの混雑する時間帯は10~30Mbpsしか出ない人もいます。
そこでIPv6高速ハイブリッドにすれば、200~300Mbpsくらい出る可能性があります。 

 

このIPv6高速ハイブリッドが使えるからソフトバンクの光BBユニットはレンタルしたほうが良いのですが、月々の支払いが467円高くなってしまいます。
その場合は、おうち割光セットに加入し、『光BBユニット+Wi-Fiマルチパック+光電話』の3つのオプションをつけて(3つのオプションがおうち割光セット加入条件のため)、3つのオプションをパック料金500円/月(おうち割光セット加入でパック料金にできる)にし、おうち割光セットの割引によってソフトバンクスマホの代金を安くさせればコストは相殺されます。 

 

ただし、光BBユニットは無線スペックが貧弱です。アパートや3LDK程度のマンションであれば問題無いですが、戸建て住宅など広い家だと、部屋の隅々にまで無線が行き渡りません。 

 

だからといって、光BBユニットを返却するとIPv6高速ハイブリッドもおうち割光セットも使えなくなってしまいます。そこで、光BBユニットはそのままで、市販の無線ルーターをさらに取り付けるという方法がベストだと思います。 

 

一つの回線に複数のルーターを取り付けることは問題ありません。
ただし、市販ルーターのルーター機能をOFFにして無線LANアクセスポイント専用として使う形にします。ブリッジモードなどと言います。 

 

2.1あなたはどっちに入る? 市販・光BBユニットの 正しい選び方

ソフトバンク光を使っていて、どのルーターを使えば良いのかをまとめると、このようになります。 

 

①スマホがソフトバンクで、戸建てなどの広い家
おすすめルーター 光BBユニット 

 

市販無線ルーター 

ポイント ・おうち割光セットに加入する 

・光BBユニット+Wi-Fiマルチパック+光電話=500円/月が必要 

・市販無線ルーターを光BBユニットのLANポートに接続し無線LANアクセスポインとして使う 

・IPv6高速ハイブリッドが契約できる 

 

 

②スマホがソフトバンクで、アパート・3LDK以下のマンション
おすすめルーター 光BBユニット のみの利用

 

ポイント ・おうち割光セットに加入する 

・光BBユニット+Wi-Fiマルチパック+光電話=500円/月が必要 

・IPv6高速ハイブリッドが契約できる 

 

 

③スマホが他社で、戸建てなどの広い家
おすすめルーター 市販無線ルーター
ポイント ・IPv4PPPoE接続なので遅いことがある 

・無線区間は速い

 

 

④ソフトバンクスマホを使っていて、戸建てなどの広い家
おすすめルーター 市販無線ルーター
ポイント ・IPv4PPPoE接続なので遅いことがある 

・無線区間は速い

 

全ての方が、このどれかに分類されるはずです。

基本的にソフトバンクスマホユーザーのご家庭は、光BBユニットを使う方向性で考えていた方が良いでしょう。

 

2.2市販でおすすめのルーター 

最後に市販でおすすめの無線ルーターを紹介します。 

 

2.2.1大きい家で無線を隅々まで届かせたい

おすすめルーター:バッファローWXR-1750DHP2

 

  • 定価:14,300円 
  • LANポート数:4つ 
  • WAN・LAN速度:1Gbps 
  • 無線速度:最大1300Mbps 
  • 住宅:3階建て戸建て、4LDK以上のマンション 

 

このルーターさえあれば、無線が繋がらないという心配はほとんど無いでしょう。戸建て3階建てでも、2階に設置すれば家全体をカバーできます。無線のつながりをよくするビームフォーミングは子機を検知し、電波を集中的に飛ばし伝送速度・安定性を向上させてくれます。ルーターから飛び出した3本のアンテナは自由に角度を変えられます。繋がりにくい部屋があったとしても、アンテナの傾きを調整することより繋がり具合の改善ができます。 

 

2.2.2コストを抑えたいけど広い家で使いたい

おすすめルーター:アイオーデータWN-AX1167GR 

 

  • 定価:8,900円 
  • LANポート数:4つ 
  • WAN・LAN速度:1Gbps 
  • 無線速度:最大867Mbps 
  • 住宅:3階建て戸建て、4LDKマンション 

 

一般的な戸建て住宅であればこれで十分です。アンテナは内蔵されているので調整することができませんが、ビームフォーミング機能は搭載されているので繋がりやすくなっています。価格もリーズナブルな設定です。 

 

2.2.3とにかくコストを抑えたい

おすすめルーター:バッファローWSR-300HP 

 

  • 定価:4,300円 
  • LANポート数:1つ 
  • WAN・LAN速度:1Gbps 
  • 無線速度:最大300Mbps 
  • 住宅:2階建て以下の小さめの戸建て、3LDK以下のマンション 

 

バッファローの公式サイトでは1ルームの1人用と記載されていますが、実際は3~4人ぐらい使っても問題ありません。2階建ての戸建てでもそれほど大きい家でなければ、ルーターを家の中心部に置くことにより無線が届きます。ただし、LANポートが1つしかないので、有線で使うときは1台しか端末を接続できません。 

 

③ルーターの設置方法 

 ソフトバンク光を使う場合の、ルーターの設置方法に関しても、簡単にご説明しておきましょう。

 

2.1レンタルの場合 

ソフトバンク光のルーターレンタルは強制ではありません。おうち割光セットを使いたい場合、IPv6高速ハイブリッドを使いたい場合はソフトバンクから光BBユニットをレンタルします。それと、ソフトバンク光提供の光電話(ホワイト光電話)を使う場合も光BBユニットが必要です。NTT提供の光電話を使う場合はPR400、RV400などの光電話ルーターを無料レンタルします。 

 

ファミリータイプやマンション光配線方式の場合は、光コンセントとONUを光コードで接続します。光電話(N)利用時は光コンセントとPR400などのONU一体型ルーターを光コードで接続します。そしてONU(PR400など)のLANポートにLANケーブルで光BBユニットを接続します。 

 

光コンセント―ONU―光BBユニット))無線))端末 

 

2.2市販のルーターの場合 

市販ルーターの場合もレンタル同様、ONUと市販ルーターを繋ぐだけです。 

 

光コンセント―ONU―市販無線ルーター))無線))端末 

 

市販無線ルーターとソフトバンクの光BBユニットをどちらも使う場合は、光BBユニットのLANポートに市販無線ンルーターを繋げます。 

 

光コンセント―ONU―光BBユニット―市販無線ルーター))無線))端末 

 

配線後、無線の設定をします。無線の設定は端末ごとにする必要があります。PCの場合、タスクトレイに表示されている電波マークをクリックするとそのPCが現在拾っている無線電波のSSID一覧が表示されます。iPhoneの場合は「設定」⇒「Wi-Fi」の項目から入っていくとSSIDが表示されます。 

 

ルーターの横や裏にSSIDが書いてあるので、表示されているSSID一覧から同じものを選びます。選ぶと暗号化キーを聞いてきます。暗号化キーもルーターの横や裏に書いてあるので、それを入力すればOKです。 

 

無線設定が終わったら、インターネットの設定をします。光BBユニットを使ってIPv6高速ハイブリッドを使う場合はインターネットの設定不要です。IPv4PPPoEで接続する場合は、市販ルーターの設定画面に入込み設定します。 

 

無線の設定が終わっているので、ルーターのIPアドレスをブラウザのURLに打ち込めば入り込みができます。 

 

ルーターごとにデフォルトのIPアドレスが異なります。IPアドレスとは、例えば、「192.168.11.1」のような形式のものです。自分の使っているルーターのIPアドレスがいくらになるかは機器マニュアルに書いてあります。または、コマンドプロンプトを開いて「ipconfig」と打ち込むと出てくるデフォルトゲートウェイの欄に書いてあるのがログインに必要なアドレスです。 

 

IPアドレスを打ち込むとルーター画面に入れるので、PPPoE設定の項目にソフトバンク光契約時に発行してもらったプロバイダーのユーザーID・PWを設定すればインターネットの設定は完了です。 

 

2.3光BBユニットの返却方法・手順 

ソフトバンク光で光BBユニットを使わない場合の返却方法を説明します。 

 

まず、光BBユニットはソフトバンク光のオプションなので、オプション解約の手続きをとります。 

 

【電話番号】0800-111-2009 

【Web】マイソフトバンク 

 

解約の手続きが終わったら、ソフトバンクへ光BBユニットを返却します。 

 

電源アダプタやLANケーブルなど、配送時に入っていた物もすべて返却します。梱包は最初に光BBユニットが入っていた箱を使うか、それが無ければ、ダンボールなどに入れます。緩衝材を使用して破壊がないように梱包しましょう。 

 

送り先は以下の宛先になります。 

 

ソフトバンク光ユーザーの返却先 

〒277-0804 

千葉県柏市新十余二3-1 GLP柏物流センター1階 

MBセンター SoftBank 光 返却係 

電話番号 0800-1111-820 

 

 

宅配便の送り状の「ご依頼主」の欄には、自分の名前、住所、電話番号も忘れずに正確に記載してください。 

 

ちなみに、ONUやホームゲートウェイなど、NTTのロゴが入った機器を返却する場合は「レンタル機器返却キット」でNTTに返却するので、ソフトバンクへ間違えて送らないようにしましょう。 

 

まとめ:基本的にはBBユニットがおすすめ!もっと求めるなら市販ルーターの追加

ソフトバンク光は、光BBユニットレンタルと、市販ルーターどちらが良いかは利用形態により変わります。 

 

ソフトバンクスマホを使っているなら光BBユニットをレンタルしましょう。光BBユニット+Wi-Fiマルチパック+光電話がセットで500円/月になり、おうち割光セットが適用されます。 

 

ただし、ソフトバンクの光BBユニットは、無線LANアダプタとしての機能は市販無線ルーターに劣ります。戸建て住宅などで、無線のパワーが重要な場合は市販無線ルーターを購入して設置しましょう。 

 

市販無線ルーターがあるからといって、光BBユニットをソフトバンクに返却してしまうとおうち割光セットが適用されなくなってしまいますので注意しましょう。その場合、光BBユニットと市販無線ルーターをダブルで使う方法をおすすめします。 

 

市販ルーターを購入する際は、無線の速度、有線の速度、ビームフォーミングなど繋がりやすさの機能があるかをポイントに選びましょう。 

 

ソフトバンク光は申込み窓口に注意が必要です!
予定していたキャッシュバックがもらえないなどのトラブルが多いので、契約前に窓口の選び方を確認しておくようにしてくださいね。

窓口選びについては下記記事で詳しく解説しているので、ご参考ください。

騙されるな!ソフトバンク光のキャンペーン・キャッシュバックを選ぶ時の注意点|代理店の見極め方

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら