光回線、プロバイダーなど、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキング、人気のキャンペーン、料金なども詳しくご紹介します!

ソフトバンクエアーの魅力を徹底解説!口コミ・料金・速度・キャンペーン全まとめ!

2016.10.11

ソフトバンクエアーの魅力を徹底解説!口コミ・料金・速度・キャンペーン全まとめ! はコメントを受け付けていません。

【最終更新日2017年11月15日】

「インターネット比較の達人」をご覧いただきありがとうございます!
当サイトでは「落とし穴のない本当のお得情報」を伝えるために、インターネット回線の販売員を10年務めた経験がある私が、最新のネット回線事情を徹底調査し、情報を公開しています!

 

コンセントに繋ぐだけで快適にWi-Fiを使えるソフトバンクエアー。
光回線とモバイルWi-Fiの中間を取ったようなアイテムで、非常に使い勝手が良いですね。

 

ただ、使う人を選ぶアイテムであることも事実です。
ソフトバンクエアーを絶対に使ったほうが良い人と、やめた方が良い人が真っ二つに分かれてしまうもの。
なので、申し込む前に特徴をしっかりと把握しておくことが大切です。

 

この記事ではソフトバンクエアーの特長を詳しく紹介していきます!
1回読めば料金から通信速度、使う前に知っておきたいデメリットまでソフトバンクエアーの全てが分かるので、使うかどうか判断する際の参考にしてみてくださいね。

 

※【2017年11月追記】

今月は期間限定キャンペーン中です!

  • 契約者全員!20,000円キャッシュバック←24,000円に増額(今月限定)
  • 1,000円割引が24か月続く!「はじめようsoftbank air割」
  • 「おうち割」を使う方は、さらに2万円キャッシュバック ←今月限定特典

 

割引とキャッシュバックを併用できるのは過去なかったキャンペーンです。
ソフトバンクエアーが始まって最もお得な特典なので、キャンペーンサイトも確認してみてくださいね!

 

 

①ソフトバンクエアーの口コミをチェックしてみよう

 

まずはツイッター上のソフトバンクエアーの評判を見てみましょう。

 

 

ネット上でもソフトバンクエアーの評判は上々です。
ワイマックスよりも通信が高速で、光回線より料金的にリーズナブルなので高い評価を受けているようですね。

 

②ソフトバンクエアー 6つのメリット

softbankair

 

ここからはソフトバンクエアーの特徴・メリット・デメリットについて詳しくみていきましょう。

 

メリット1 コンセントに繋ぐだけ!超簡単に始められる!

なんといってもメリットは、コンセントに繋ぐだけでWi-Fiが使えるという手軽さです。工事も不要で、機器が送られてきたらその瞬間から使い始めることが出来ます。

光回線だと申込んでから工事が完了して使えるまでに1ヵ月程度かかりますが、ソフトバンクエアーなら機器が送られてきた瞬間に使い始めることができます。
申し込んでから1週間程度で機器は郵送されてきますから、待ち時間も少なくて良いですね。

 

メリット2 料金が安い

料金プランは端末をレンタルするか、自分で購入するかで2タイプに分かれます。

 

ソフトバンクエアーの月額料金
端末レンタルプラン 通常料金:5,370円

→キャンペーン適用で4,290円!
※今月申し込んだ方限定!

端末 分割購入プラン 通常料金:4,880円

→キャンペーン適用で3,800円!
※今月申し込んだ方限定!

 

※今月申込んだ方限定の「はじめようsoftbank air割」を実施中。
 2年間は割引が適用され、表の料金で利用することができるようになっています!

 

 

端末レンタルと、分割購入の違いは次の通りです。

 

端末レンタル プラン

端末をレンタルするプランでは、毎月490円でソフトバンクエアーをレンタルすることができます。
これに月額使用料が加算されて、通常料金は5,370円となります。

 

分割プラン

端末を自分で購入して、1,620円×36ヵ月払いで支払う料金プランです。
このプランでは、毎月の料金から1620円が割引されるので、36ヶ月使い続ければ端末の購入代金は実質ゼロ円になります。
※スマホの機種代金の分割払いと同じ仕組み

 

レンタルと購入はどちらがいい??

レンタルと購入のどちらにするかは、どれくらいの期間使い続けるかで判断しましょう。
ごちゃごちゃするのでここでは細かい計算は省きますが、解約違約金と端末料金を計算すると、27カ月以上使うなら分割払いがお得。
それまでに解約する場合はレンタルプランのほうがお得になります。

 

2年以上使うかどうか不安な場合は、レンタルプランにしておくのが無難です。

 

メリット3 セット割でスマホ代が大幅割引

ソフトバンクエアーは、下記2つのスマホとのセット割があります。

  • ソフトバンクスマホ
  • ワイモバイル

どちらかのスマホをお使いの方は、スマホ代まで安くなるので、かなりお得です。

 

ソフトバンクスマホとのセット割「おうち割」

スマホ代が大幅に安くなる「おうち割」を使えるのが最大のメリットです。
割引額はスマホの契約内容によって変わります。

 

おうち割の割引額
データ定額30ギガ 2,000円
データ定額
5〜20ギガ
1,522円
データ定額
(4ギガ以下)
500円

 

ソフトバンクスマホを使っている人の7割はデータ定額5〜20ギガを使っているので、多くの人が1,522円の割引を受けることになります。

 

そしてでお家割のすごいところはこの割引が家族全員に適用されるという点。
離れている家族もOKなので、割引の総額はかなり大きくなりますね。

1,522円の割引が3人いれば、ソフトバンクエアーの月々の料金とほぼ同じになるので、実質無料で使っている方もとても多いんです。

 

 

ワイモバイルとのセット割「光セット割」

ワイモバイルの「光セット割」もおうち割とほぼ同じ仕組みです。
スマホのプランに合わせて割引額が変わり、家族全員が対象となります。

 

光セット割の割引額
スマホプランL(14ギガ) 1,000円
スマホプランM(6ギガ) 700円
スマホプランS(2ギガ) 500円

 

ソフトバンクスマホよりもともとの料金が大幅に安いワイモバイルで、この割引が適用されるので、月々の通信費はかなり安いですね。
ソフトバンクスマホからなら乗り換えも手続き一つで楽なので、ソフトバンクエアーを使う方は、ワイモバイルへの乗換えも検討してみても良いかもしれません。

 

 

メリット4 通信速度が速い

ソフトバンクエアーは通信速度が非常に速いこともメリットの一つです。
最新機種のソフトバンクエアー「Airターミナル3」なら通信速度は最大350Mbps。
ADSLと比べると5倍以上、WiMAXなどのモバイルルーターよりも100Mbps以上速い速度で通信ができます。

 

普通にユーチューブでハイビジョン動画を見たり、Huluやネットフリックスなど映画は10Mbpsあれば視聴できる、普段使いには困らない速度を兼ね備えています。

 

メリット5 速度制限無し!Wi-Fiが使い放題!

WiMAXなどのポータブルWi-Fiだと、3日で3ギガ以上使ったら低速通信に切り替わる「速度制限」があります。
速度制限がかかるとほとんど使い物にならないので、これはポータブルWi-Fi最大のデメリットです。

 

ソフトバンクエアーはどれだけ使っても制限が無いので、好きなだけワイファイを使うことができます。
映画や動画も見放題ですし、音楽も聞き放題。
ソフトバンクエアーなら制限を気にせず自宅で快適にネットを使うことが出来ます。

メリット6 提供エリアが広い

ソフトバンクエアーは、コンセントに差し込むだけでつかるようになる「簡易型のWi-Fi」です。
光回線のように工事や複雑な接続も無く、とにかく簡単に使えるという特徴があります。

 

スマホや携帯と同じ回線を使っていて全国ほとんどのエリアをカバーしている点も好評です。

※自宅がソフトバンクエアーのエリアに貼っているかどうかは、ソフトバンクの公式サイトから確認できます。
【ソフトバンクエアー 提供エリア】
http://www.softbank.jp/ybb/air/area-list/

 

③光回線・WiMAXとどれを選べばよい?

ここからは、ソフトバンクエアーを使う前に知っておきたい基礎知識をご紹介していきます。
光回線やWiMAXなど別のサービスと迷っている方、使うかどうか検討中の方は、目を通しておいてくださいね。

 

 

多くの方が迷うのが、ソフトバンクエアーを使うか、光回線を使うか、WiMAX(モバイルルーター)を選ぶかという点ではないでしょうか。
ここからは光回線、WiMAXと比較して、ソフトバンクエアーのメリット・デメリットを考えていきたいと思います。

 

 

3.1 WiMAX(モバイルルーター)と比べてみて

モバイルルーターとよく比較されるソフトバンクエアー。
実際にどちらかで迷っている方も多いと思います。

 

結論から言うと、「持ち運び」で使わない限り、断然ソフトバンクエアーが良いです。

 

WiMAXがソフトバンクエアーより優れているのは「持ち運び」だけ

ハッキリ言って、WiMAXがソフトバンクエアーより優れている点は「持ち運びができる」という一点だけです。

 

WiMAXの料金は下記の通り。

  • 通常プラン(データ通信 月7ギガまで):3,609円
  • ギガ放題(データ通信 無制限):4,263円

 

WiMAXのの「通常プラン(月々のデータ通信量が7ギガまで)」は、今では利用するメリットがありません。
2016年からスマホの大容量プラン(20ギガなど)が低料金で利用できるようになっているので、WiMAXで月7ギガのプランには一切の魅力が無くなってしまいました。
ソフトバンクスマホなら月7,000円ほどで、通信量20ギガの「ギガモンスター」を利用できるので、テザリング(スマホをWi-Fiルーターとして使う方法)を利用すれば、WiMAXに月3,609円も払う必要はありません。
ワイモバイルなどの格安スマホでも、最近は7ギガ以上の大容量プランが使えますからね。

 

そうなると、WiMAXで利用する価値があるのは月の通信量が無制限の「ギガ放題」のみとなります。
ですが、このギガ放題には「3日で10ギガ」の通信制限があります。
月単位の制限はないけれど、3日単位では制限があるんですね。

 

一方のソフトバンクエアーには通信量の制限は一切ありません。
それでいて、WiMAXのギガ放題プランと料金はほとんど同じなので、使うなら間違いなくソフトバンクエアーのほうがお得です。

 

なので、「持ち運びで使う」という明確な目的がない限り、ソフトバンクエアーを選ぶほうが良いでしょう。

 

持ち運び目的でWiMAXを使いたい方は下の記事を参考に、できるだけ低コストで利用できるようにしてみてくださいね。

上手く使えば最安値!GMOとくとくBB WiMAXの評判と注意点|キャッシュバック手続きに注意せよ!

 

 

3.2 光回線と比べてみて

WiMAXよりメリットが多いソフトバンクエアーですが、光回線(ソフトバンク光など)と比べるとどちらが良いのでしょうか。
結論から言うと、よほどヘビーな使い方(FPSといった大容量のデータ通信が必要なオンラインゲームなど)をしない限りソフトバンクエアーで十分です。

 

 

料金と通信速度で比較してみましょう。

 

料金比較
ソフトバンク光 戸建て:5,100円

マンション:3,800円

ソフトバンクエアー 4,196円(端末分割購入の場合)

 

 

戸建て住宅の場合、ソフトバンクエアーがお得です。
ちなみに光回線で無線LANを使った場合も、ソフトバンクエアーを使った場合も、Wi-Fiが届く範囲は同じなので、その点は心配無用です。

 

マンションにお住まいの場合、光回線を使ったほうが基本料金は安くなりますね。

 

ただ、基本料金の差以上に、次でご紹介する「工事費の有無」が重要になってきます。

 

工事費を考えると、ソフトバンクエアーがお得

光回線のソフトバンク光は、最寄りの電柱・電線から自宅まで光ファイバーをつながないと使えません。
立ち合い工事が必要になると24,000円程度かかってしまうので、工事不要で利用できるソフトバンクエアーのほうが間違いなくお得です。

 

なので、工事費が必要か不要かで、光回線にするかソフトバンクエアーにするかの判断が変わってきます。

 

光回線で工事費が不要になるのは下記の2ケースです。
これに該当しない場合は、工事費がかかるのでソフトバンクエアーを選んだほうが良いでしょう。

 

  • フレッツ光を使っていて、すでに光ファイバーが繋がっている
  • 光ファイバー導入済みのマンションに住んでいる

 

工事が不要費が不要な場合は、月々の料金と、次にご紹介する通信速度を考慮して、あなたに合ったものを選ぶと良いです。

 

通信速度で比較

では通信品質を比べてみましょう。
それぞれの最大速度は下記のとおりです。

最大速度 比較
光回線(ソフトバンク光) 最大1Gbps(1,000Mbps)
ソフトバンクエアー 最大350Mbps

 

最大速度では光回線のほうが3倍ほど速いです。

ただ、実際の速度では光回線も1Gbpsが出ることは絶対にありえませんし、そもそもそんな速度が出たところであまり意味がありません。

 

体感的に差はあまりない

最大速度では3倍近い差がある光回線とソフトバンクエアーですが、よほど大きなデータをやり取りしない限り(FPSなどのオンラインゲームをやらない限り)、体感的にほとんど差はないといってよいです。

 

ユーチューブなどの動画や、ネット上の映画をハイビジョン画質で視聴する際に必要な通信速度は「10Mbps」です。
10Mbps以上あれば、今の動画や映画が止まったり、画質が落ちてストレスを感じることはありません。

 

ソフトバンクエアーは実際の速度で10~100Mbpsは出ますから、普通に使う分で困ることはまずないでしょう。
しかも、実際のところ光回線でも混雑しているときは10Mbps以下の速度まで落ちることはあります。
逆に300Mbpsまで速度が出ていたところで、映画や動画視聴といった使い方なら特にメリットはありません。

なので、オンラインゲームを頻繁にやるという方でなければ、ソフトバンクエアーでも光回線でも、使い心地に差はないと思ってOKです。

 

光回線かソフトバンクエアーか選ぶ基準

光回線とソフトバンクエアーは、料金的にもさほど大きな差はなく、一般的な使い方なら通信面でも似たようなものです。
なので、下の3点を判断基準にして選ぶとよいでしょう。

 

  1. オンラインゲームなどの通信量が極端に多い使い方をするか
  2. 工事費がかかるかどうか
  3. 工事までの1ヶ月待てるかどうか

 

FPSなどのオンラインゲームをよくやるという方は通信量がめちゃくちゃ大きいので、光回線を使ったほうがストレスが無いでしょう。

 

それ以外の方は、工事費がかかるかどうかで選ぶと良いです。

「現在フレッツを使っている方」「光ファイバー導入済みのマンションに住んでいる」という方は、ソフトバンク光を使っても工事費がかからないので、お好みのほうを選んでOKです。

 

戸建て住宅に住んでいる方は、光回線だと月々5,100円かかってしまうので、ソフトバンクエアーのほうがお得です。
マンションにお住まいの方は、光回線のほうが3,800円と安いので、ソフトバンク光のほうがお得です。

 

また、光回線は申し込みから開通工事が完了するまでに、平均で1ヶ月程度かかります。
その期間ネットが使えないので、結構不便なんですね。

 

ソフトバンクエアーは機器が送られてきたらすぐに使えるので、最短で1週間もかからずにネットが使えるようになります。

 

「なるべく早くネットを使いたい」という方は、ソフトバンクエアーのほうが良いでしょう。

 

④その他、事前に知っておきたい情報

ここからは勘違いする人が多い情報や、事前に知っておいた方がよい情報をまとめておきますね。

 

4.1 端末ごとのちがい

ソフトバンクエアーには現在3種類の端末があります。

  • エアーターミナル
  • エアーターミナル2
  • エアーターミナル3

最新はターミナル3ですね。
新しくなるたびにバージョンアップしているので、古い機種にメリットはありません。(料金も同じ)

端末を選ぶ際は最新のものを選ぶとよいです。
※ターミナル3は地域によって利用できない場合があります。その際はターミナル2を利用することになります。

 

特に覚えておく必要はありませんが、一応機種ごとの違いを下にまとめておきますね。

最大速度 比較
エアーターミナル 最大110Mbps

接続台数:32台まで

エアーターミナル2 最大261Mbps

最新無線規格「11ac」で高速通信可能

接続台数:64まで

エアーターミナル3 最大350Mbps

最新無線規格「11ac」で高速通信可能

接続台数:64まで

混雑と障害につよい
(周波数帯を自動切換えして接続する)

 

 

 

4.2 持ち運びはできない

ソフトバンクエアーは持ち運びでの使用はできません。

契約時に登録した住所以外での仕様が発覚すると、警告のメッセージが送られてくるので気を付けてくださいね。

 

引越しの場合には、再度住所を登録する手続きが必要になります。

 

4.3 引越し先がエリア外だった場合は?

引越し先がソフトバンクエアーのエリア外になってしまうという方には、救済措置として、解約金免除やソフトバンク光を無料で工事するなどの対応を取ってもらえることが多いです。

 

この点に関してはケースバイケースなので、実際に問い合わせてから相談しないとどのような処遇になるかわかりませんが、何らかの措置は取ってもらえることが多いです。
ネットが繋がらないのに、ムダにお金を払い続けさせられる…という事にはならないので、安心して利用してOKです。

 

 

4.4 最悪の場合はクーリングオフがあるので安心

光回線であれ、WiMAXであれ、ソフトバンクエアーであれ、インターネットサービスは使ってみないとどれくらいの速度がでるかわからないというのが現状です。
まだ技術的に、「確実にこれだけの速度が出る」というものは存在しません。

 

ですが、2016年以降は、ネット系サービスのクーリングオフ制度が出来たので安心です。
利用開始から8日間以内であれば、違約金などを支払わずに解約することができます。

 

この制度はどのネット回線にも使えるものなので、頭に入れておいてくださいね。

 

最悪の場合もクーリングオフできるので、安心して使い始めて大丈夫です。

 

 

⑤過去最高!割引+キャッシュバックが併用できるキャンペーン

 

hikakunotatsuzin-104ソフトバンクエアーは通信速度が早く料金も安い上に、スマホの割引までついてきてかなりお得。
家族内に接続する人が3人以下であればソフトバンクエアーはベストな選択です。

 

そんなソフトバンクエアーも認知度もかなり高くなったので、2017年7月からソフトバンクが本格的な売り出しを開始しました。

現在は割引とキャッシュバックを同時にゲットできる、過去最高にお得なキャンペーン中で、使い始めるには最高のタイミングとなっています。

 

今利用を開始すれば、下記3つのキャンペーンを併用することができます。

 

  • 契約者全員が対象!「現金20,000円キャッシュバック」 ←今月は24,000円に増額中
  • 1,000円割引が24か月続く!「はじめようsoftbank air割」
  • 「おうち割」を使う方は、さらに2万円キャッシュバック ←今月限定特典

こちらの3つについて簡単にご説明しておきましょう!

 

5.1 契約者全員!現金24,000円キャッシュバック

2017年7月から、ソフトバンクエアーの現金キャッシュバックがスタートしました!

今月ソフトバンクエアーを利用し始めた方は、24,000円がキャッシュバックされます。

 

 

今までは、Tポイント10,000円が最高額キャッシュバックだったので、かなりお得になっています。

 

オプションなどには一切入らなくてもキャッシュバックの対象なので、必ず契約者全員が24,000円を受け取ることができます。

 

 

5.2 千円割引が24か月続く!「はじめようsoftbank air割」

こちらは料金プランのところでご説明したキャンペーンです。

 

今契約した方は、月額料金が2年間割引されるキャンペーンです。

割引額は2年間総額で24,000円にもなるので、利用し始めるには絶好のタイミングですね。

 

この割引で下記の利用料金になります。

 

  • 機種代金分割払い:3,800円
  • 機種レンタル:4,290円

 

このキャンペーンでWiMAXなどのモバイルルーター(持ち運び用のWi-Fiルーター)並みの金額まで下がるので、かなりお得です。

 

5.3 「おうち割」を使う方は、さらに2万円キャッシュバック (11月限定)

ソフトバンクエアーを使う最大のメリットの一つがスマホとのセット割「おうち割」が使えることでしょう。

 

【おうち割とは?】

ソフトバンクエアーと、ソフトバンクスマホのセット割。

割引金額はスマホの契約プランによって下記のように変化する。

  • 4ギガ以下のプラン:500円割引
  • 5~20ギガのプラン:1,522円割引
  • 21ギガ以上のプラン:2,000円割引

家族全員(離れて暮らしていてもOK)に適用されるので、家族全体の通信費が大幅に下げられる。

 

 

ソフトバンク側としても、おうち割のお得さをもっと認知したいということで、今月の申込者限定で「秋の2万円キャンペーン」を開催しています。

これはソフトバンクエアー契約者が、おうち割を同時に申し込めば、通常のキャッシュバック(24,000円)に加えて、20,000円をゲットできるという内容です。

 

ソフトバンクスマホを持っている方は、ほぼ全員がおうち割を利用することになるので、実質のキャッシュバックは44,000円となります。

これはソフトバンクエアーのサービス開始以来、最高額の還元となっているので、申し込むには絶好のチャンスとなっています。

 

 

 

まとめ:限定特典3つが同時利用できる今がチャンス!

今までのソフトバンクエアーは、最も良い条件の時でも「Tポイント10,000円分の還元」だけでした。
(しかも割引と併用できなかった)

 

今回の現金キャッシュバックは割引と併用できるので、現在は過去最高にお得な条件で利用開始できる状態になっています。

 

 

これらのキャンペーンは、「ソフトバンクエアー専用のキャンペーンサイト」から申し込んだ場合のみに適用されるものなので、注意してくださいね!

ソフトバンクショップやソフトバンク公式サイト、家電量販店で契約した場合は、現金キャッシュバックがつかないので気を付けてください!

 

 

※ソフトバンクエアーを使う場合はお早めの判断を勧めします!
3つのキャンペーンが併用できるのは、現在のり出し期間中だけなので、これを逃すとかなりもったいないですよ!

 

ソフトバンクエアー キャンペーンサイト

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆