光回線、プロバイダーなど、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキング、人気のキャンペーン、料金なども詳しくご紹介します!

学生に最適!1万円以下でスマホと自宅のネット環境を完璧に整える4つの方法!

2016.12.06

学生に最適!1万円以下でスマホと自宅のネット環境を完璧に整える4つの方法! はコメントを受け付けていません。

レポートの調べものや就職活動、卒業論文などパソコンを使えないと困るケースは多いですよね。就職してからもパソコンを使いこなせないと必ず困ることになります。

ワード・エクセル・パワーポイントだけじゃなく、欲しい情報をネットで即座に集められることが重要。学校のパソコンでどうにか済ますこともできますが、普段から何かあったらすぐにパソコンで情報収集する癖をつけておくことが大切です。

ほとんどの学生さんはスマホとネット環境を合わせても、月1万円くらいが予算になると思います。この記事では月1万円以内でスマホと家のネット環境を十分に整えられる4つの方法をご紹介します!

月1万円でスマホとネット環境を作る4つの方法

ここからは学生さんでも無理なくできる、月1万円でスマホとネットの両方の環境を整える4つの方法をご紹介します!最近のインターネット回線は魅力的な学割をやっている所は特にありません。なのでここでご紹介する方法が最も低料金で、快適なネット環境を作る方法です。

①光回線+スマホのセット割

まず一つ目の選択肢はスマホと同じ会社の光回線(ソフトバンク光・ドコモ光・auひかり)を利用して、スマホのセット割で料金を下げるという方法です。お使いのスマホと同じ会社の回線を使うだけで、他社の光回線より格段に低料金でネット環境を整えられます。

月々の予算

8300円~11800円

【内訳】
スマホ(6000円~8000円)+光回線(4300円)-スマホのセット割(500~2000円)=合計(8300円~11800円)

メリット

この組み合わせが一番安くて最高品質の回線を自宅で使える方法です。スマホでネットを頻繁に使う人は月々12000円くらい携帯代に使っている方もいますし、10000円前後で自宅に1Gbpsの超高速光回線が使えるのでかなりオススメの方法です。

モバイルルーターでは通信速度は1/3以下ですし、どうやっても1万円弱はかかります。それならちょっと多めに出して、完璧な環境を整えるほうが絶対に良い。通信量も制限なしなので、自宅でガンガンネットを使うことが出来ます。

デメリット

デメリットは2つです。

  1. 若干高い
  2. 格安スマホが使えない
  3. 工事が必要

環境が完璧になるだけに、月々の料金は若干高めです。それでも月10000円前後でスマホと光回線を使えるのは、数年前では考えられない安さですが・・・。

格安スマホだとこの方法が使えないのがデメリットです。スマホと光回線のセット割は、ドコモ・ソフトバンク・auの3社のスマホしか使えません。また開通工事が必要になるので、大家さん・不動産屋さんに確認を取ってから使うようにしましょう。

低料金で光回線を使いたい方は下の記事を参考にしてみてくださいね。

【3分でわかる】あなたに最適な光回線の選び方!お得で快適に使えるインターネットを見つけよう!

選択肢②ソフトバンクエアー+スマホ

ソフトバンクが提供しているソフトバンクエアーは1人暮らしの人に最も好評なポータブルWi-Fiルーターです。コンセントに繋ぐだけで使える上に通信量制限がない、かなり使いやすいアイテムでおすすめです。

月々の予算

  1. ソフトバンクエアー+スマホ(ソフトバンク):8000円~10000円
  2. ソフトバンクエアー+スマホ(au・ドコモ):10000円~11800円
  3. ソフトバンクエアー+格安スマホ:6000円~8000円

メリット

ソフトバンクエアーは光回線とモバイルWi-Fiの中間のような端末です。モバイルルーターのように通信制限が無く、光回線のような工事が必要ないというメリットがあります。

コンセントにさすだけですぐに使えるので、1人暮らしの人には最も使いやすいインターネット回線です。

ソフトバンクスマホを持っているならスマホとのセット割が使えますし、格安スマホを使っている人にもおすすめです。ドコモ・auのスマホを使っている人は若干料金が高くなりますが、使いやすいのでそれでもおすすめできます。

デメリット

デメリットは通信速度がモバイルルーターとほぼ互角であることくらいです。ドコモ・auスマホを使っている人は若干値段が高くなる点もマイナスポイントですが、更新月のタイミングでソフトバンクスマホか、格安スマホにかえればかなり安くつかえるようになります。

ソフトバンクエアーの料金や特長は下の記事を参考にしてみてくださいね!

ソフトバンクエアーのリアルな評価|一人暮らし、スマホユーザー3人以下の家族に高評価!

選択肢③モバイルルーター+格安スマホ

持ち運びできるモバイルルーターを使う方法です。モバイルルーター自体は特に安くありません月10000円以下に収めるためにはスマホも格安SIMに変える必要があります。

月々の予算

6000円~8000円

メリット

モバイルルーターなら光回線よりも1000円ほど安くネットが使えるようになります。通信速度は1/3に落ちますが、持ち運んで使えるというメリットがあります。

デメリット

モバイルルーター自体はそこまで安くないです。光回線と1000円くらいしか変わりませんから、格安スマホを使っていないとあまり意味がない方法です。

通信速度は光回線の1/3であること、そして通信制限があることがデメリットです。3日で1Gbps、1ヵ月で7Gという制限が多いので、ネットを頻繁に使う学生さんにはちょっと不便ですね。

モバイルルーターで学生さんにおすすめなのは、UQモバイルのWiMAXです。料金的にも通信量的にも、提供エリア的にも一番使いやすいでしょう。気になる方は公式サイトで料金や特長を確認してみてくださいね。

UQモバイル公式サイト

選択肢④スマホの大容量プラン+テザリング

最近au・ソフトバンク・ドコモで出てきた大容量データプラン(通信量20G~30G)のプランを使って、テザリングでネットを使う方法です。

※テザリング:スマホをモバイルルーターとして使える機能です。通信量が増えるので、スマホを大容量データプラン(通信量20G~30G)で契約していないとほとんど使えません

月々の予算

大容量データプラン+テザリングオプション:8000円~10000円

メリット

スマホの契約を大容量プランにしてテザリングをオプションで付けるだけで、そのまま使えるのがメリットです。

デメリット

スマホだけで使えるので、学生さんが良くやる方法ではあるのですが、当サイトではあまりお勧めしていません。ちゃんとしたWi-Fiルーターのように長時間の通信ができるわけでは無いですので、あくまで応急処置的な方法になります。

しかもどこのスマホを使っていても大容量プランは結局8000円以上かかってしまいます。特別安いわけでは無いですし、学生時代にしっかりとネットを使いこなせるようになるためにもしっかりとインターネット環境を整えることをオススメします。

まとめ:学生時代はしっかりとしたネット環境を!

hikatatsu-18

最近では学生でもネットを使って稼いでいる人もたくさんいますし、就職した後もネットを上手く使えるかどうかで生活は大きく変わります。なので学生時代にネットを使いこなせるようになるかどうかはとても大切です。

スマホだけで過ごすこともできますが、当サイトではある程度自宅にネット環境を整えておくことを推奨しています。最近はスマホと合わせて1万円前後で自宅にネット環境を整えることが出来るので金銭的な負担も少ないですからね。

理想を言えば光回線を使うのが一番ですが、住んでいる環境によっては使えない人もいるでしょう。光回線を使えない人は通信量制限がないソフトバンクエアーがおすすめ。持ち運んで使いたい人には料金・通信速度・エリアの広さからみてUQモバイルのWiMAXがオススメです。

ソフトバンクエアーを検討したい方は「ソフトバンクエアーのリアルな評価|一人暮らし、スマホユーザー3人以下の家族に高評価!」の記事を参考にしてみてください。

UQWiMAXを検討したい方は、公式サイトで料金などを確認してみてくださいね!

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆