光回線、プロバイダーなど、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキング、人気のキャンペーン、料金なども詳しくご紹介します!

フレッツ光のおすすめプランとプロバイダーを徹底解説|他の光回線も紹介

2017.11.15

フレッツ光のおすすめプランとプロバイダーを徹底解説|他の光回線も紹介 はコメントを受け付けていません。

インターネットの光回線と言えば、フレッツ光が一番広く認識されていますが、契約する際にプランやプロバイダー選びで迷うことがありますよね。

フレッツ光のプランに付属する機能等により異なりますし、それぞれのプロバイダーにも一長一短あります。

今回は、フレッツ光のおすすめプランやプロバイダーと他の光回線についても説明していますのでご自分に合った回線選びに役立てて下さいね。

1.フレッツ光のおすすめプランは?

NTT東西が提供するフレッツ光ですが、NTTのホームページを見てもプランとプロバイダーの選び方がよくわからない、という声をよく耳にします。

そこで、各プランとプロバイダーの特徴と料金について詳しく見ていきます。

 

1.1フレッツ光の魅力・メリットは?

フレッツ光を、一言でお伝えするならば、光ファイバーを利用した快適なインターネット回線です。

光ファイバーを利用するで、ADSLなどと違い、NTT局舎からの距離などに関係なく、安定した速度が保たれるのです。

夜間などに利用者が多い時間帯は、光回線でも多少遅くなることもありますが、気になるほどではなく、ADSLのように外的要因で接続が切断されることもありません。

以前の光回線の料金はADSLに比べだいぶ高かったのですが、近年ではその差は月額数百円ほどで、光回線はADSLの50倍近い速度が出ます。

ですので、フレッツ光は料金的にも速さ的にも、納得のいくネット回線と言えるでしょう。

 

1.2フレッツ光のおすすめ料金プラン

フレッツ光のおすすめ料金プランを、NTT東日本を例にお伝えします。

フレッツ光ネクスト1Gbpsのプラン
ギガファミリー・スマートタイプ

ギガマンション・スマートタイプ
(Wi-Fi機能ありタイプ)

戸建て  :5,700円    (割引き適用で4,600円)

マンション:3,350~4,350円(割引き適用で2,950~3,950円)

ギガラインタイプ

(Wi-Fi機能なしタイプ)

戸建   :5,400円

マンション:3,050~4,050円(建物規模・契約数により異なる)

1Gbpsの2つのプランは貸し出される機器にWi-Fi機能が搭載されているかどうかの違いです。

標準の基本料金はWi-Fiありのプランの方が300円高いのですが、このプランには割引きが適用され、Wi-Fiなしのタイプよりむしろ安くなるのでWi-Fiありタイプを選んだ方がお得です。
※割引き適用には2年間の契約等が必要になります。

ライトユーザー向けに100Mbps(一部200Mbps)のプランもあります。

【フレッツ 光ライト/ライトプラン】
ライト/ライトプラスは消費した通信量で料金が変わるタイプです。
低速でも平気であまりインターネットを使わない方でしたら料金を安く出来るかもしれませんが、多くう使ってしまった場合1Gbpsのプランより高くなることもあるので注意が必要です。

【フレッツ 光ネクスト ファミリータイプ/ファミリー・ハイスピードタイプ】
ファミリータイプ/ファミリー・ハイスピードタイプは下りが200Gbpsに倍増されたプランです。
戸建で4,400円(割引き適用時)、マンションタイプで2,650~3,650円(割引き適用時)となります。

②フレッツ光のおすすめプロバイダー

2.1プロバイダーの役割とは?

上記の各プランは回線のみなので、フレッツ光を利用するには、別途プロバイダーとの契約が必要となります。

そこで、プロバイダーとはどんな役割をするものか簡単に説明します。

フレッツ光の場合、インターネットの世界へ接続するための回線を提供しているのは、フレッツ光を提供しているNTT各社です。

回線だけでは、インターネットの世界から知りたい情報を得ることができず、情報を得るサービスを提供しているのが、プロバイダーとなります。

もっと簡単にお伝えするのであれば、フレッツ光は「道路」であり、プロバイダーは道路の上を走る「車」です。

「道路」だけあっても、そこを走る「車」がなければ、遠方へショッピングや行楽には行けません。

徒歩という手段もありますが、遠方まで徒歩ですと、時間がかかりすぎるので車を利用するというわけです。

2.2フレッツ光の上手なプロバイダーの選び方は?

プロバイダーの上手な選び方は自分のライフスタイルに合わせる事です。

フレッツ光で選べるプロバイダーには、料金が安いプロバイダーと、料金が高いプロバイダーがあります。

料金の違いで速度にどれだけ差が出るかはその地域の利用者の数でも変わるので一概には言えませんが、料金が安いプロバイダーは、速度が遅かったり、メールアドレスが無料ではない場合があります。

月の基本料金が少々高くても速度を求める方もいれば、とにかく料金が安い方がいいという方もいるので次の項で、おすすめのプロバイダーと料金を紹介します。

2.3フレッツ光のおすすめプロバイダーは?

フレッツ光のおすすめのプロバイダーは「OCN」と「@Nifty」です。

  • 「OCN」 月額料金1,100円(国内最大のプロバイダー)
  • 「@Nifty」月額料金1,000円

この2社は国内最大手で設備もしっかりしていることから、速度に期待が持てます。

料金で選ぶ場合は月額料金が最安値(500円)の「BB Excite」です。

フレッツ光は回線とプロバイダーを別に契約するので、万が一遅すぎるなどの理由で、プロバイダーを変更することも可能ですが、その時に注意しないといけないことはプロバイダーと利用期間によって解約違約金が発生する場合があることです。

どのプロバイダーでも大体、2年縛りの契約で、月額料金を抑えているため、契約期間途中での解約では、解約違約金が発生しますので、プロバイダーを乗り換える際は、違約金がいくらかかるのか事前に確認する事をお勧めします。

もう一つ注意しないといけないことは、プロバイダーを変更すると前のプロバイダーのメールアドレスは、利用不可となるケースが多くあります。そのため、メルマガなどにメールアドレスを登録されている場合は、変更手続きが必要となります。

また、プロバイダーの乗り換え後は再度IDとパスワードを変更しなくてはならず、変更を忘れると、インターネットに接続できない状態となりますので、注意が必要です。

 

③フレッツ光から乗り換える場合

フレッツ光から、他の光回線へ乗り換えを検討されている方もいらっしゃるでしょう。

では、乗り換える際、どのようなメリット・デメリットがあるのか一緒に見てみましょう。

3.1回線を乗り換えるメリット

フレッツ光から、他の光回線へ乗り換えをするメリットは料金が安くなるケースです。

その一つの例として、ソフトバンク光やドコモ光といった「光コラボ」への乗り換えがあります。

「光コラボ」の場合、フレッツ光の回線はそのままで、NTTとプロバイダーそれぞれに支払っていた月額料金を、プロバイダーへ一括して支払いを行います、その為プロバイダーが割引を行い、月額料金が安くなりという仕組みです。

また、プロバイダーの変更で、速度が速くなる場合もあります。

3.2回線を乗り換えるデメリット

回線を乗り換える場合、新規契約と解約手続きを行う必要があるため、面倒なところがデメリットと言えます。

さらに、フレッツ光の工事費の残高や2年契約の途中では解約違約金がかかったり、新規の回線にも初期費用が発生する等、金銭的にも負担がかかります。

 

3.3光回線の種類はどんなものがあるのか?

光回線には、NTTが提供するフレッツ光のほかに

  • 電力会社が提供する光回線:ビビック等
  • KDDIが提供する光回線  :auひかり
  • NURO光が提供する光回線:NURO光

等があります。

これらが提供する光回線は、利用できる地域が限定されており、希望の回線が自分の住む地域では、提供範囲外というケースもあるので先に確認が必要です。

ですので最近では「光コラボ」に人気が集まっています。

「コラボ光」であれば、フレッツ光の回線をそのまま使用するため、工事の必要がなく、フレッツ光の解約違約金や工事費の残高を気にすることなく安価に乗り換えができるからです。

3.4今おすすめの回線は光コラボ

フレッツ光からの乗り換えは「光コラボ」が一番おすすめです。

フレッツ光の月額料金より安く利用ができ、ソフトバンクやドコモの「光コラボ」であれば、同じ会社のスマホとセットで月額料金の割り引が受けられるため、月額料金がよりお安くなるからです

3.5光コラボのおすすめの代理店は?

光コラボを契約する際に、キャッシュバックがとってもお得な代理店を紹介します。

公式のキャンペーンとも併用できるので安心してくださいね。

ソフトバンク光代理店 エヌズカンパニー
キャッシュバック 新規:25,000円または21,000+無線ルーター・無線中継器のどちらか

フレッツ光からの転用:11,000円

ソフトバンク光の代理店にはエヌズカンパニーをおすすめします。

キャッシュバックが高額な事と、現金のみか現金+ネット関連機器のどちらかが選べるのでとても評判がいいからです。

ドコモ光代理店 GMOとくとくBB
キャッシュバック 新規:5,500円
フレッツ光からの転用:10,500円

ドコモ光代理店のGMOとくとくBBで契約をするとWi-Fiがタダでレンタルでき、回線にはV6という方式を採用しており、プロバイダーに左右されずに快適にインターネットが利用できるのでおすすめです。

この二つの代理店は、不要なオプション加入等が必要なく申し込みも簡単なのでキャッシュバックの取りこぼしも発生する事がなく、安心して契約できます。

3.まとめ

フレッツ光でのおすすめの料金プランは「フレッツ 光ネクスト ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプ」プロバイダーは「OCN」がおすすめです。

フレッツ光から乗り換える場合は、フレッツ光の解約違約金や工事残高を気にせずに乗り換えられ、また月の基本料金も安くなるので、ソフトバンク光やドコモ光といった「光コラボ」がおすすめです。

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら