光回線、プロバイダーなど、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキング、人気のキャンペーン、料金なども詳しくご紹介します!

フレッツのキャッシュバックが無くなった理由と今ねらい目の光回線を厳選紹介!

2016.12.27

フレッツのキャッシュバックが無くなった理由と今ねらい目の光回線を厳選紹介! はコメントを受け付けていません。

「インターネット比較の達人」をご覧いただきありがとうございます。
当サイトでは「みなさんが最も安く、最高に快適なネット環境をつくれる」ことを目標に、ネット回線の販売員を10年以上勤めていた私の経験と、光回線に関する最新情報を調査しした情報を公開しています。

この記事では光回線のキャッシュバックについて詳しくご紹介します。
実は2015年の大規模な変革以降、光回線のキャッシュバック事情は大きく状況が変わっています。

一番大きいのはフレッツ光のキャッシュバックが無くなってしまったことで、それにより現在フレッツに新たに契約する人は激減している状態。
この記事ではフレッツのキャッシュバックがなくなってしまった背景と、今最もお得で、快適に使えるねらい目の光回線について詳しくご紹介します。

ネット回線に詳しくない人でも、1回読めば量販店の販売員と同等の知識を得られるので、ぜひ回線選びの参考にしてみてくださいね!

現在のフレッツはキャッシュバックがほぼゼロ!

2015年以前は、「4万円キャッシュバック」や「プレステ・パソコンのプレゼント」などかなり高額なフレッツのキャンペーンが家電量販店やネット上でもかなり目立っていました。
ですが、現在フレッツ光のキャッシュバックはほぼ皆無の状態。
法人向け契約はまだ多少のキャッシュバックがありますが、個人契約はほぼ全滅状態なんですね。

一部の代理店が5000円前後のいまだにキャッシュバックを付けていますが、有料オプションに入らないといけないなどの条件付きのものばかり。
受け取った分は数か月で回収されてしまうお得じゃないキャンペーンばかりなのでものしかないので、実質キャッシュバックはないのと同じ状況です。

フレッツのキャッシュバックがなくなった理由

現在ねらい目の光回線をご紹介する前に、フレッツのキャッシュバックがなくなってしまった理由をご説明しておきますね!
これを知っておいたほうが、後から紹介する光回線がなぜおすすめなのか納得できるのでイメージだけでもつかんでおいてくださいね。

フレッツのキャッシュバックが多いかった頃の仕組み(~2015年)

2015年以前のインターネット回線はフレッツに直接契約するという非常にシンプルなものでした。
お金の流れは下の図の紫の矢印のような形でした。

フレッツは契約者が支払うネット台の一部を販売代理店に「手数料」として渡し、さらにその一部を代理店がキャッシュバックとして還元するという仕組みでした。

現在の仕組み(2015年~)

現在の光回線は「光コラボ」と言って、携帯会社やプロバイダー会社などが運営しているものが主流になっています。
ソフトバンク光やドコモ光、OCN光など実に400社のサービスがあります。

私たちが光コラボを使うには携帯会社やプロバイダー会社と契約し、彼らにお金を払います。
ですが光コラボ業者たちは光回線事態を持っていないので、フレッツの回線をレンタルしてサービスを提供しています。
なので光コラボ業者たちは、利用者から受け取ったネット代の一部を、レンタル料(回線使用料)としてフレッツに支払うという仕組みになっています。

こうすると、フレッツは利用者からネット代ではなく、光コラボ事業者からのレンタル料(回線使用料)しか売り上げがなくなってしまいます。
つまり収入は減っちゃうんですね。

フレッツは収入が減るので、販売代理店に渡していた手数料が払えなくなります
フレッツからお金が入ってこなくなった販売代理店は、キャッシュバックが出せなくなるという仕組みなんですね。
上の図でいうと、紫のルートがつながらなくなったということです。

その代わりフレッツは何もしなくてもレンタル料が自動的に入ってくることになるので、経費がほとんどかからなくなります。
売り上げは減っても、経費がなくなるので、利益はちゃんと残るという仕組みなんですね!

現在はフレッツ以外の回線に多くのキャッシュバックがある!

上の2つの図でいうと、もともと紫のルートで回っていたキャッシュバックが、現在ではオレンジのルートに切り替わったということになります。
光コラボ事業者は代理店に販売手数料を支払っているので、今キャッシュバックでお得なのは光コラボの回線なんですね。

回線自体はフレッツのものをそのまま使っていますから、契約相手をキャッシュバックが出るところにするのが賢い方法なんですね。

今ねらい目の光回線

ここからは具体的にキャッシュバックが高額で、料金が安いねらい目の光回線について触れていきましょう。
当サイトでは400社ある光回線を徹底的に調査していますが、その中で今おすすめなのは下の6つの回線です。

  1. au
  2. ドコモ
  3. ソフトバンク
  4. NURO
  5. Marubeni
  6. OCN

なぜこれらの回線がお得なのか、キャッシュバックの金額はいくらくらいなのか詳しくご紹介していきますね。

大手携帯会社の光回線がおすすめの理由

まず現在の光回線で第一候補になるのは、大手携帯会社の光回線(ソフトバンク光・auひかり・ドコモ光)です。
今このどこかのスマホを使っているなら、キャッシュバック的にも月々の料金的にも間違いなく一番お得に使うことができます。

光コラボが登場したのは、ドコモの業績を上げるのが目的だった

なぜ大手携帯会社の光回線がお得なのかというと、実は光コラボはソフトバンク・au・ドコモの「スマホの利用者を獲得する争い」で生まれたサービスだからなんです。

ソフトバンクやauがiPhoneでバリバリ業績を伸ばしていたころ、ドコモだけがiPhoneを取り扱っていなかった時期があるのを覚えている方も多いと思います。
それまで3社で互角の勝負を続けていたのですが、実はその時期にiPhoneの販売が大きく出遅れたことで、ドコモは経営的にかなり厳しい状況に陥っていました。

そしてドコモはiPhoneでの遅れを取り戻すために、同じNTT系列のフレッツの力を借りて立て直しを図ることになったんです。
その時に生まれた作戦が当時売れまくっていた「フレッツ回線」と「ドコモのスマホ」のセット販売だったんです。

これができればドコモは一気にiPhoneの遅れを逆転できるはずでした。
ですが、ここで一つ予想外の出来事が・・・国の許可がおりなかったんですね。

もともと国営の会社であるNTTが光回線とドコモ携帯だけをセットに販売すると、独占状態になって、他社に勝ち目がなくなってしまいます。
これを問題視した政府は、ドコモ以外にも光回線を使ったサービスを行わせることで、セット販売の許可を出したのです。

スマホのシェアを巡って、競争が激化!

このような背景で、すべての会社が光回線のサービスを提供できるようになりました。
これが光コラボなんですね。
裏事情をみてみると、結局のところ光コラボは「光回線とスマホのセット販売」のためにスタートしたサービスです。

なので、光コラボが始まって一番激しい競争を繰り広げているのは、ソフトバンク・au・ドコモの3社。
セット販売を始めた以上、光回線を他社に取られるとメインのスマホまで取られることになる
なので他社よりも必死にキャッシュバックや値下げなどのお得な条件を付けて、顧客を獲得しようと頑張っているんですね。

各社のキャッシュバックと割引

では各社のキャッシュバック金額と割引を比較してみましょう!

比較するのは料金・キャッシュバックで最もお得な携帯会社3社と、それと並ぶお得度を出して頑張っているNURO光・Marubeni光・OCN光の合計6社です。

月々の料金は各社ともほぼ同じで、100円~300円しか差がないので、ここでは省略します。
違いが大きいキャッシュバックと、割引で比較すれば一番お得な回線を選ぶことができます。

ソフトバンク光

ソフトバンク光の料金・キャッシュバック・割引
料金 戸建て:5200円
マンション:3800円
スマホの割引「おうち割」 500円~2000円
キャッシュバック 新規:22000円+Wi-Fiルーター(15000円相当)
乗り換え:46000円
最も条件がよい代理店 エヌズカンパニー
キャッシュバック受取日 最短2ヶ月

ソフトバンク光は400社ある光回線の中で顧客満足度1位になっている回線です。
キャッシュバックも高額で、スマホのセット割も500円~2000円とかなり高額。
ソフトバンクユーザーはまず間違いなく一番お得な光回線です。

注意点としては代理店が多く、申し込む窓口によってキャッシュバックの金額が大きく変化するという点です。
キャッシュバックで損をしない代理店の選び方は下の記事に紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね!

【2016年冬最新版!】ソフトバンク光のキャンペーンまとめ|最もお得なキャッシュバックはどこ!?

auひかり

auひかりの料金・キャッシュバック・割引
料金 戸建て:4900円~5100円
マンション:3800円
スマホの割引「スマートバリュー」 934円~2000円
キャッシュバック ひかり電話あり:40000円
ひかり電話なし:33000円
最も条件がよい代理店 NNコミュニケーションズ
キャッシュバック受取日 最短1ヶ月

auひかりはスマホとのセット割が最も大きく、好評の回線です。
ソフトバンク・ドコモの2倍以上のセット割利用者がいるので、auスマホを持っている人はとりあえずauひかりを選んでおけば間違いないでしょう。

デメリットとしては代理店の数が一番多く、条件が悪いところも非常に多いという点です。
一方で優良代理店はキャッシュバックも高額で、相当好条件で契約することができるので、申し込む窓口を慎重に選ぶようにしてくださいね。

auひかりのお得な代理店の見極め方を下の記事に紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【2016年冬最新版】auひかりのキャンペーン徹底比較|最もお得なキャッシュバックはどこ!?

ドコモ光

ドコモ光の料金・キャッシュバック
料金 戸建て:5200円
マンション:4000円
スマホの割引 500円~1100円(他の割引と併用可)
キャッシュバック dポイント5000円+Wi-Fiルーター(15000円相当)
最も条件がよい代理店 GMOとくとくBB
キャッシュバック受取日 最短2ヶ月

ドコモ光はフレッツと同じNTT系列の回線ということもあって、光コラボの中で最も利用者が多い回線です。
業績回復が目的でスタートしたサービスなので、キャッシュバックはau・ソフトバンクに比べると若干少ないですが、通信速度が速く満足度がかなり高い回線です。
(キャッシュバックが多いソフトバンク光とほぼ同率で顧客満足度2位)

キャッシュバックは多くないですが、申し込み窓口を選べば高品質Wi-Fiルーターなどのお得な特典があるので、契約窓口を吟味すれば満足して使うことができるでしょう。

ドコモ光のキャッシュバックについては下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

【2017 最新版】ドコモ光のキャンペーンならdポイント+ルーターのダブルゲットがイチオシ!

NURO光

NURO光の料金・キャッシュバックなど
料金 戸建て:4,743円
マンション:4,743円
スマホの割引 500円~2000円(他の割引と併用可)
キャッシュバック 35000円
最も条件がよい代理店 アシタクリエイト
キャッシュバック受取日 最短2ヶ月

NURO光は関東限定の光回線ですが、唯一の最大速度2ギガの高速通信ができる回線として高く評価されています。
通信速度だけでなく、月額料金も安い、キャッシュバックも多いなど、大手携帯会社と互角のお得度でも有名。

高額キャッシュバックを受け取れる代理店が少ないので、窓口をきちんと調べて申し込む必要があります。
NURO光のお得な代理店については下の記事を参考にしてみてくださいね!

高額すぎる嘘キャッシュバックに気を付けろ!NURO光 利用時の要注意事項!

Marubeni光

Marubeni光の料金・キャッシュバックなど
料金 戸建て:5,200円
マンション:3,800円
スマホの割引 500円~2000円(他の割引と併用可)
キャッシュバック 25000円
最も条件がよい代理店 ラプター
キャッシュバック受取日 最短2ヶ月

携帯会社以外のの全国区の回線で、2万円以上のキャッシュバックがあるのはMarubeni光だけです。
知名度はさほど高くありませんが、日本有数の大手商社である丸紅が運営する光回線ということで、ひそかに高い人気を誇っています。

料金もかなり安く、セット割が使えない格安スマホ利用者に非常に好評です。
知る人ぞ知る人気回線といったところです。

Marubeni光のを扱っている代理店はほとんどなく、条件が良いのは正規代理店のラプターのみです。
詳しくはラプター公式サイトを参考にしてみてくださいね!

ラプター公式サイト

OCN光

OCN光の料金・キャッシュバックなど
料金 戸建て:5,100円
マンション:3,600円
スマホの割引 200円(格安スマホ「OCNモバイルONE」のみ)
キャッシュバック 5000円
最も条件がよい代理店 ラプター
キャッシュバック受取日 最短2ヶ月

そのほかでキャッシュバックがしっかりあるのは大手プロバイダーが運営しているOCN光くらいしかありません。
キャッシュバック金額は5000円とさほど多くなく、料金などもあまり高くはないのでそこまでおすすめできる回線ではありませんが人気回線なので一応ご紹介しておきます。

評判や料金などは下の記事で詳しく紹介しているので、気になる方は参考にしみてくださいね。

元販売員がOCN光の評判が悪い理由を詳しくご説明しましょう!料金・速度・キャンペーンを徹底検証!

 

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆