光回線、プロバイダーなど、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキング、人気のキャンペーン、料金なども詳しくご紹介します!

【3分でわかる】ややこしいフレッツ光のプランをわかりやすく解説!隼・ネクスト・プレミアム・ライトetc

2016.10.30

【3分でわかる】ややこしいフレッツ光のプランをわかりやすく解説!隼・ネクスト・プレミアム・ライトetc はコメントを受け付けていません。

フレッツ光の料金プランをご紹介しますね。フレッツはプランがあまりにも多すぎて全部把握しようとしたら、わけわかんなくなっちゃいます。なので、現実的に選択肢になるプランだけを紹介しますね!

これだけ知っておけばフレッツ光のプランは全て理解したと思ってOKです!ネット回線のことが詳しく分からない人、フレッツ光のプランがわけわからない人も3分ですべてが分かるので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

現在利用できるフレッツ光のプラン

hikakunotatsuzin-47フレッツ光には、ネクスト・プレミアム・ライトという3つのプランがありますが、新たに申し込む場合はフレッツ光ネクストかフレッツ光ライトの2種類しか選べません。

厳密にはプレミアムも選べますが、2018年にサービスを終了するので今から契約するメリットは全くありません。現在プレミアムを利用中の人もなるべく早くネクストかライトにプランを変更するように呼びかけられてるところです。

フレッツ光プレミアム

2018年でサービスを終了するので、新たに申し込むことは無いです。現在このプランを使っている人も2018年までにフレッツ光ネクストにプランを変更する必要があります。

終了したプランと思ってもらって大丈夫です。

フレッツ光ネクスト

2008年以降はフレッツ光ネクストが主流のプランになっています。フレッツ光ネクストには3種類のタイプがあります。

  • フレッツ光ネクスト
  • ネクストハイスピード
  • ネクストハイスピード隼(西日本)・ネクストギガ(東日本)

ネクストは100Mbps、ネクストハイスピードは200Mbpsしか通信速度が出ない古いプランなので、現実的には選択肢に入りません。なので、この2つは忘れて大丈夫です(笑)

これから紹介するプランだけ覚えておけばOKです!

ネクストハイスピード隼とネクストギガ

フレッツ光ネクストの中でも、現在最も主流なのがハイスピード隼ネクストギガです。両社の違いは料金と、提供しているエリアです。西日本はハイスピード隼、東日本はネクストギガになります。

両方とも今主流の1ギガの速度が出る回線。料金は微妙に違いますが、フレッツ西日本と東日本の同じプランと考えてOKです。マンションタイプでも戸建てタイプでも一番利用されているのがこのプランです。

新たにフレッツ光を使う人は事実上このプランしか選択肢がないといっていいでしょう。最も通信速度が速く、かつ値段も一番手頃なので、他のプランを選ぶメリットはありません。

現在は

  • フレッツ光西日本=ネクストハイスピード隼
  • フレッツ光東日本=ネクストギガ

と考えてOKです。料金はネクストハイスピード隼が少し安く5100+プロバイダー料金(1200円程度)、ネクストギガは5400円+プロバイダー料金(1200円程度)になります。

後から詳しく説明しますが、フレッツは東西共に料金が高めです。2015年以降は光コラボという1000円以上安い携帯会社やプロバイダー会社が運営する回線を使うのが主流になっているので、フレッツには魅力がなくなっているんですよね。

フレッツ光ライト

ネクストハイスピード隼と、ネクストギガ以外にはライトというプランがあります。これは使った通信量に応じて値段が変わるプランで、毎月少ししかネットを使わない人が安くなるプランです。

ですが、値段が安いのは月に3ギガ以下しか使わない人だけです。そんなに使わないのなら、光回線を繋ぐ意味がありませんから、正直メリットはほとんどありません。

ネットなんてめったに使わないし、よくわからないけどとりあえず家にWi-Fiを繋いでおきたいという方しか選ぶ人はいないです・・・。ゴチャゴチャするので、詳しい料金などは省略しますがとりあえず使わない方がいいプランです。

結局何を選べばいいの?

hikakunotatsuzin-24フレッツ光で頭に入れて置かないといけないプランは、今ご紹介したものだけです。じゃあどのプランを選べばいいのかというと・・・・どれも選ばない方がいいです(笑)マンションでも戸建てでも同じで、フレッツはどのプランも高すぎです。

これだけ説明してきてなんだよ!と思うかもしれませんが、2016年現在、フレッツを使うのはデメリットしかない状況なんですよね。

2015年3月以降は光コラボという回線が主流です。フレッツ光の回線を使った他社のインターネットサービス。つまりauひかりやソフトバンク光・ドコモ光・ビッグローブ光・OCN光等です。

フレッツでいうネクストハイスピード隼・ネクストギガと同じ最大速度1ギガの高速通信ができる回線で、かつフレッツより1000円以上毎月の料金が安くなります

しかもうまく選べば、スマホの割引なども使えるので、上手く使えば毎月の支払いを3000円も抑えることが出来るんです!ちょっとネットに詳しい人は誰もフレッツは使っていませんからね・・・。

損をしない回線の選び方・毎月の支払いを減らす方法などを次の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!ネームバリューだけでフレッツ光を使ってたら、めちゃくちゃ損しますから気を付けてくださいね!

【最新版】フレッツ光西日本を使わない方がいい理由を徹底解説!光回線の正しい選び方

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆