光回線、プロバイダーなど、インターネットに関する最新のお得なお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキング、人気のキャンペーン、料金についても詳しくご紹介しています!

【2017 最新版】ドコモ光の評判が急上昇しているのはナゼ?速度・プロバイダー・料金を徹底解説!

2016.10.26

【2017 最新版】ドコモ光の評判が急上昇しているのはナゼ?速度・プロバイダー・料金を徹底解説! はコメントを受け付けていません。

【最終更新日2017年1月6日】
「インターネット比較の達人」をご覧いただきありがとうございます!
当サイトでは「全員が安く、快適なネット環境をつくれる」ことを目標にインターネット回線の販売員を10年務めた経験がある私が、最新のネット回線事情を徹底調査し、情報を公開しています!

ドコモ光は2015年3月当初はめちゃくちゃ評判が悪い回線でした。
ですが、結論から言うと、現在のドコモ光はかなり評判が良くなっています。

この2年間ほどはネット業界が大変革期で、各社がさまざまなサービスを始めて評価が大きく変化した時期でした。
この記事では、なぜドコモ光の評判が悪かったのか、そしてどのように評判が変わっていったのかを詳しくご紹介していきます!
検討中の方にはかなり参考になる情報なので、ぜひ目を通してみてくださいね!

現在のドコモ光の評判

まずは現在のドコモ光の評判を見てみましょう。

現在は料金面も速度の面でも評判がいい印象です。

最新調査ドコモ光の評判は300社中2位!

現在、インターネット回線を提供している会社は300社以上まで増えています。増えすぎてビックリしますね(笑)

その中でドコモ光の顧客満足度はソフトバンク光に次いで2位。しかもソフトバンクとの差はほとんどないくらい小さなものです。
300社以上の中で2位ですからいかに評判が良い光回線かということが分かると思います。
フレッツなども大きく引き離していますね。

ictdata

※より詳しいデータを知りたい方はICT総研の調査結果を参考にしてみてください。
【参考:ICT総研 2016年ブロードバンドサービスの市場動向調査】
http://ictr.co.jp/report/20160712.html
※ICT総研:通信業界などの市場調査で最も著名な会社です。新聞やニュースで使われるデータも多く提供しています。

ツイッターなどで評判を見てみるのも良いですが、正直あまり参考にならないというのが現実です。
どの回線を見ても、文句もあればよい評判もありますから・・・。
なので、正式におこなわれた市場調査のデータが一番信用できる評判です。

2015年春ごろ
ドコモ光の評判が悪かったのはナゼ?

2015年春ごろは確かにドコモ光の評判は最悪と言っていいくらいひどいものでした。
この時期はドコモ光がサービスを開始したタイミングで、始まっていきなり評判が落ちたことになります。

原因はNTTドコモの見積もりの甘さでした。
想定していた数よりもはるかに多くの人が契約で殺到してしまったので、様々なトラブルが起きてしまったことが原因です。
ちなみに、これソフトバンク光も全く同じ状況になったんですよね。
携帯大手の2社が仲良く揃って、評判をガタ落ちさせることになっちゃたんですね~。

評判を落としたトラブル①工事の極端な遅れ

特に多かったのが工事に関するトラブルです。
契約者の数が予定よりも殺到してしまったため、工事業者の人手が足りず、契約したのに回線が開通しないひとがとても多くなってしまいました。

長い人は3か月くらい待たされた人もいたようで、クレームが殺到。
クレームが増えればサポートセンターも人手が足りなくなり、問い合わせの電話がつながらなくなる、そうするとさらにクレームが増える・・・という悪循環に陥って評判を落とすことになってしまいました。

実際に回線工事を行うのは、地域にいる下請けの業者さんです。
回線工事の業者さんは「ドコモ専属」とか「ソフトバンク専属」というわけでは無いので、複数の会社の回線の工事を請け負っています。

ソフトバンク光とドコモ光が同時に、契約者が急増してしまったので、各地域の工事業者は完全にパンク状態。全く人手が足りなかったんですね・・・。

2年近くたった現在では申込みの数も落ち着いていますし、対策も打たれているのでスムーズに開通するようになっています。
といっても、インターネット回線を使う時には1ヵ月くらいはかかるので、そのつもりで予定を組んでくださいね!
ドコモ光だけじゃなくて、どの回線でも同じくらいかかります。

評判を落としたトラブル②回線の混雑による通信速度の低下

利用者が急増したことで起きたトラブルは工事の遅れだけではありません。
予定していたよりもはるかに多い利用者が回線を使い始めたので、通信にも混雑が出てしまいました。

2015年前半のドコモ光とソフトバンク光は速度が遅いという評判も多かったんですね・・・。
現在では回線の増幅も住んでいるので、通信速度が遅いということはありません。

現在はトラブルも解消され、対策も打たれているので2社とも評判は回復しています。顧客満足度もドコモ光とソフトバンク光が1,2位を独占していますからね。
悪い評判を見かけた時は、その記事がかかれた時期を確認してみてくださいね!

ドコモ光をつかうメリット

hikakunotatsuzin-61ここからはドコモ光を使うメリットと、どうすれば快適に、かつお得にドコモ光を使うことが出来るかご説明しますね。

メリットは月々の支払いが一気に少なくなる!

料金設定が複雑で分かりにくいという評価があるドコモ光ですが、あまり難しく考える必要はないですので安心してくださいね。

月額料金は1300円安くなる!

ドコモ光の月額料金は

  • 戸建て:5200円
  • マンション:4000円

です。この時点で、フレッツ光に比べて月1300円くらい安くなります。
お使いのプロバイダーなどによって微妙に額は変わりますが、大体1000~1300円くらい値段が下がると思っておけばOK
もちろん変なオプションには入らないようにしないとダメですよ!

セット割でのスマホ代割引が500~2000円!

やたら複雑になっているのがドコモ光とスマホのセット割である「光パック」です。
ごちゃごちゃしてて分からない!という人が多いところですが、とりあえず500~2000円の範囲内で割引されると覚えておきましょう

割引額は以下の2つの割引を合計したものになります。
表①と表②で、それぞれご自身がつかっているスマホの割引額を探してみてください。

その2つの合計が毎月のスマホから割引かれる金額になります。

表① 光パックの割引額
光らくらくパック 500円
光データSパック(2GB) 500円
光データMパック(5GB) 800円
光ウルトラデータLパック(10GB) 900円
ウルトラデータLLパック(20GB) 1,100円
光シェアパック 5GB 800円
光シェアパック 10GB 1,200円
光シェアパック 15GB 1,800円
光ウルトラシェアパック 50GB 2,500円
光ウルトラシェアパック 100GB 3,200円

 

表② ずっとドコモ割の割引額
光らくらくパック 16年目以降:600円
光データSパック(2GB) 16年目以降:600円
光データMパック(5GB) 5~8年目:100円

9~10年目:200円

11~15年目:600円

16年目以降:800円

光ウルトラデータLパック(10GB) 5~8年目:100円

9~10年目:200円

11~15年目:600円

16年目以降:800円

ウルトラデータLLパック(20GB) 5~8年目:200円

9~10年目:400円

11~15年目:600円

16年目以降:800円

光シェアパック 5GB 5~8年目:100円

9~10年目:200円

11~15年目:600円

16年目以降:800円

光シェアパック 10GB 5~8年目:400円

9~10年目:600円

11~15年目:800円

16年目以降:1000円

光シェアパック 15GB 5~8年目:100円

9~10年目:200円

11~15年目:600円

16年目以降:800円

光ウルトラシェアパック 50GB 5~8年目:600円

9~10年目:800円

11~15年目:1000円

16年目以降:1200円

光ウルトラシェアパック 100GB 5~8年目:1000円

9~10年目:1200円

11~15年目:1800円

16年目以降:2500円

ほとんどすべての方が500~2000円以内に収まると思います。
ドコモ光自体がフレッツなどに比べてマイナス1300円安い。
それに加えて、今計算した分のスマホ代が割引になります。

ドコモのスマホを使っているならまず間違いなく、ドコモ光が一番安い光回線になります。
料金の面で不満をかじることは絶対ないといっていいでしょう。

速度の不安はルーターとプロバイダー選びで解決!

気になる通信速度ですが・・ドコモ光は1ギガの回線。
ドコモがフレッツと同じNTTグループですし、フレッツの回線をそのまま使っています。
高速通信の回線ということは信頼してOKです。

いま「回線は」と言ったのは、他の環境で速度が大きく変化するからです。
具体的に言うと、プロバイダーと、Wi-Fiルーターです。

回線自体は1ギガの光ファイバーなので、高速通信が可能です。
速度に不満を持っている人のほとんどはレンタルのルーターをそのまま使っていたり、2年以上前のものを使っているケースがほとんどです。

1ギガの回線を使っても、ルーターが400Mbpsしか出ないものなら、それは400Mbpsの回線を使っているのと同じことになっちゃうんですよね。

ネットを快適に使いたいなら、ルーターは自分で選ぶのが基本です。
ですが、ルーターの選び方なんてわからない人がほとんどですよね。

ルーター・プロバイダーの問題を1度に解決する方法がある!

実はドコモ光の場合、この2つの問題を1度に解決する方法があるんです!
それは申込みをGMOとくとくBBから経由で行うという方法です。

当サイトはドコモ光を使う人は、すべてGMOとくとくBB経由で申込むことを推奨しています。
というのも、ココを経由して申し込むと2つの大きなメリットがあるからです。

次世代技術「IPv6接続」が速い

GMOとくとくBBを利用する一つ目のメリットは次世代技術「IPv6接続」が使えるという点です。
細かい内容は専門的すぎるので省略しますが、現在主流の「IPv4」という接続方式よりビット幅を4倍に拡張される「IPv6接続」はかなり通信が安定する接続方式です。

GMOとくとくBBを使うと、国内では14%程度しか普及していない新技術での通信が可能なので、速度の不安はかなり解消できます。

最大1.3ギガの新型Wi-Fiルーターを無料で使える

もう一つの大きなメリットは最新式のWi-Fiルーターを無料でゲットすることが出来ることです。

docomocampagin2

無料でもらえるのは、このWi-Fiルーター。
市販で購入すると1万5千円かかります。Wi-Fiルーターとしてはかなり高級な部類に入ります。

商品の特徴が気になる方はbuffalo公式サイトで見てみてください。
http://buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/wxr-1750dhp/

普通レンタルで使われているルーターは400Mbpsくらいが限界のものばかり。
一方このルーターは1300Mbps(1G300Mbps)の速度が出せる最新式のもの。

ルーターの品質で通信速度は大きく変化しますが、1ギガ対応のものはまだまだ普及しておらず、市販で買うと1万円以上はかかってしまいます。
そんな中、最大速度1.3ギガの新型ルーターを無料で使えるGMOとくとくBBのキャンペーンはかなりお得なのでおすすめです。

dポイントとルーターのダブルの特典がもらえる!

ドコモ光のキャッシュバックは家電量販店やドコモショップなど、どこで申込んでもdポイント5000円分だけです。
GMOとくとくBBから申し込めばdポイントに加えて15000円相当の高品質Wi-Fiルーターを手に入れることが出来るんです。

しかもドコモ光で評判が悪いプロバイダーである、ビッグローブ・ソネット・ぷららではなく、GMOとくとくBBを使えば貰えるキャンペーンです。
プロバイダーも評判が良いところを使えて、かつハイスペックなルーターをゲットできる。
ドコモショップや家電量販店でもらえるdポイント5000円は逃すことになりますが、中途半端にポイントを貰うより、絶対に良い選択肢です。

せっかく申込むならdポイントだけでなく、1Gbps対応のWi-Fiルーターも受け取って確実に快適な環境でドコモ光を使えるようになるGMOとくとくBB経由の申込みがおすすめです!

快適にドコモ光を使いたい人は絶対ここから申込まないと失敗しますよ~!
GMOとくとくBB ドコモ光キャンペーンサイト

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆