光回線、プロバイダーなど、インターネットに関する最新のお得なお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキング、人気のキャンペーン、料金についても詳しくご紹介しています!

【3分でまるわかり】ドコモ光とフレッツ光の違い|特徴・デメリットの全てを大公開!

2016.12.07

【3分でまるわかり】ドコモ光とフレッツ光の違い|特徴・デメリットの全てを大公開! はコメントを受け付けていません。

インターネットと言えばフレッツというイメージの方も多いのですが、現在は400社以上の光回線があって決してフレッツが良いというわけでは無くなってきています

この記事では詳しくない方でも完ぺきに理解できるようにフレッツ光とドコモ光の違いを分かりやすくご紹介します。
「これだけは知っておかないとマズい!」という重要なポイントをまとめているので、フレッツからの乗り換えを検討している方や、ドコモ光に興味がある方は行動を起こす前に必ず確認しておいてくださいね!

知っておきたいフレッツとドコモ光の違い

では早速ドコモ光とフレッツ光の違いを詳しくご紹介していきますね!

月額料金の差

まずドコモ光とフレッツ光の大きな違いは月額料金です。
マンション・戸建てともに、ドコモ光のほうが月額1000円前後安くなります。

ドコモ光とフレッツ光の月額料金(プロバイダー料込み)
フレッツ光 戸建て:6100円
マンション:5200円
ドコモ光 戸建て:5200円
マンション:4000円

年間で10000~15000円も安くなりますから、単純に料金だけ考えるとドコモ光のほうが断然お得です。

ドコモ光はプロバイダー料金が必要ないから安い

フレッツ光はプロバイダーと回線が完全に分離していて、契約も支払いもそれぞれに対して行わなければなりません。
ですが、ドコモ光は回線とプロバイダーをNTTドコモが一括で管理してるので支払いはドコモだけでOK
一括管理することでコストダウンして提供するという仕組みなので、その分月々の料金が安くなっているんですね。

ドコモ光は2つの料金プランがある

ドコモ光は使うプロバイダーによって、タイプAとタイプBという2つの料金プランがあります。
といってもそんなに難しいものではなく、タイプBを選ぶと200円高くなるというだけです。

タイプBだったとしてもフレッツより700円~1000円ほど安いので、いずれにしてもドコモ光の方が安いことに変わりはありません。

選べるプロバイダーの数は同じ

auひかりやソフトバンク光は選べるプロバイダーがかなり限られていますが、ドコモ光の場合はフレッツと全く同じでほぼすべてのプロバイダーを選ぶことが出来ます。
実はソフトバンク光などの「光コラボ」の回線はすべてフレッツの回線をレンタルして使っています。

ソフトバンクなどはNTTからすると競合の他社なので制限をかけて回線をレンタルしていて、プロバイダーの選択肢がかなり限られます。
一方の同じNTTが運営するドコモ光はフレッツと完全に同じ仕組みで回線を使うことが出来るようにしているので、どのプロバイダーも選ぶことが出来るというカラクリなんですね。

各プロバイダーの違いや選び方については下の記事で詳しく紹介しているので、気になる方は確認してみてくださいね。

【3分でわかる】絶対に失敗しないドコモ光のプロバイダー(ISP)の選び方|本当におすすめなのはどこ?

 スマホのセット割

フレッツとドコモ光の最も大きな違いは「スマホのセット割」です。ドコモ光を使うと「光パック」でスマホ代を割引することが出来ます。

光パックの割引は契約しているスマホのプランによって変化します。一人向けの光データパックをお使いの方は500円~1100円。
家族でデータ量を分け合うシェアパックの方は800円~3200円が割引されます。
これに5年以上ドコモを利用している人向けの「ずっとドコモ割」と、25歳以下の「U25応援割」が合わせて適用されます。

プランによって多少のバラつきがありますが、ドコモ光を使えば今より500円~2000円スマホ代が安くなるというイメージでOKです。
ドコモ光はもともとフレッツより1000円安い上に、スマホが500~2000円安くなる。
フレッツをはじめインターネット回線だけを提供している他社では絶対に不可能な額の割引なので、ドコモユーザーは間違いなくドコモ光を使ったほうがお得。
年間で30000円以上の節約になることを考えると、ずいぶん差がありますね。

通信速度は同じ

費用の面では圧倒的にお得なドコモ光ですが、通信品質が落ちるとなると使いたくないですよね。
ですが、実はドコモ光とフレッツ光の通信速度は全く同じです。

実はドコモもフレッツも同じNTT系列の会社で、どちらにしても使っている回線自体は全く同じなんです。
後からご紹介しますが使えるプロバイダー自体もフレッツと全く同じ。
実は中身を見ると顧客管理をする会社が違うだけで、全く同じ物を使うことになるんですね。

顧客満足度

同じ回線を使うドコモ光とフレッツ光ですが、顧客満足度を見ると大きな差が開いています。現在の光回線は、スマホとのセット割が使えるソフトバンク光・ドコモ光・auひかりが顧客満足度上位3位を独占しています。

docomohikarimanzokudo

データ元:ICT総研「2016年ブロードバンド満足度調査」

かなりの僅差でドコモ光は2位という評価です。3位のauひかりが若干離れていますが、1位のソフトバンク光と2位のドコモ光はほとんど差がありません。400社中の1位とほぼ同率での2位ですから、かなり高い評価を受けていることが分かると思います。

料金・割引で大きな差がついている

ドコモ光とフレッツ光は同じ回線を使っていますが、管理体制が全く違いそれによって低料金を可能にしています。スマホも他社への乗り換えを防ぐために、セット割をやっているのでフレッツに比べると格段に料金面がお得

安くて同じ品質の回線を使えるのでドコモ光の顧客満足度は高くなり、フレッツは逆に下がるという構図になっている状況です。結果的にフレッツよりドコモ光のほうがかなり高い評価を受けているんですね。

キャンペーンは大きく違う!

実はNTTとしては低コストで提供できるようになったドコモ光を利用してほしいというホンネがあります。管理体制の改善で低コストで同じ品質の回線を提供できるようになったドコモ光。一方でフレッツは契約者数がすでに2000万人を超えていて光回線とプロバイダーを分離して管理するという古い体制を変えることはほぼ不可能な状況にあります。

なので、フレッツではドコモ光に乗り換えることを推進しているという裏事情があるんです。その証拠にドコモ光を利用する人にはフレッツには無いさまざまなキャンペーンが用意されていて、かなりお得になっています。

工事費・違約金はナシ!特典は15000円相当!

フレッツからの転用(乗り換え)は工事費も、フレッツの解約金も一切ナシですし、キャンペーンで15000円相当の特典も受けられるようになっています。
ドコモ光のお得なキャンペーンについては下の記事で詳しく紹介しています。

ドコモ光を検討中の方は申込む前に必ず目を通しておいてくださいね!

【2017 最新版】ドコモ光のキャンペーンならdポイント+ルーターのダブルゲットがイチオシ!

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆