光回線、プロバイダーなど、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキング、人気のキャンペーン、料金なども詳しくご紹介します!

【2017最新版】DMM光の特徴を総まとめ!料金・評判・速度・セット割・2段階定額など・・・

2016.09.27

【2017最新版】DMM光の特徴を総まとめ!料金・評判・速度・セット割・2段階定額など・・・ はコメントを受け付けていません。

【2017年 7月3日更新】

インターネット比較の達人をご覧いただきありがとうございます!
当サイトでは「皆さんに快適なネット環境を、できるだけ安くお伝えする」ことを目標にインターネット回線の販売員を10年務めた経験がある私が、最新のネット回線事情を徹底調査し、情報を公開しています!

 

この記事ではDMM光の特長・メリット、デメリットを詳しくご紹介していきます。

DMM光はフレッツの回線を使用した「光コラボ」(ソフトバンク光・ドコモ光・OCN光などと同じ)の1つです。
光コラボは通信の品質はフレッツのままで、プロバイダー契約が不要。
支払いが一か所になるので、料金が安いくなります。

 

DMM光はそんな光コラボの中でも、特に料金が安いです。
さらに、「2段階定額」や通信が速い「2つの最新接続方式」など、他社にはない独自の特徴があり、高い評価を受けています。

DMM光はちょっと特徴的な回線で、他社には無いオリジナルのサービスがいくつかあるのでで、ぜひ一度目を通しておいてくださいね!

 

※今月は限定キャンペーンを実施中!
「工事費最大18,000円が無料」「現金最大5,000円キャッシュバック」など、過去最高レベルの豪華な特典となっています。
申し込みが殺到していて、工事日程の予約が取りづらくなっているので、ご利用の方はお早めのお申し込みをおすすめします。

詳しくはキャンペーンサイトを確認してみてくださいね!

 

DMM光の評判

まずはツイッター上の口コミを参考に、評判を見てみましょう。

 

ネット上の評判は料金の安さと通信速度の速さでかなり好評です。

 

特に注目したいところは、混雑や通信が遅いという評判がほとんど見られない所。

利用者が圧倒的に多く、人気のauひかりやソフトバンク光、ドコモ光でさえ、ツイッター上を見れば速度に関する不満が大量に出てきます。
そんな中、速度に関する不満がほぼ皆無であるDMM光は、かなり通信が安定している回線といえます。

評判についてより詳しく知りたい方は下の記事を参考にしてみてくださいね!

DMM光の特長・メリット

dmmhikari2-2

 

では早速DMM光の特長や魅力、デメリットなどを順番に紹介していきますね!

 

どんな人も月額料金は最安値になる!

DMM光は光インターネット回線では珍しく、使うデータ容量に合わせて料金プランを選ぶことが出来ます。
これは他の回線には無いシステムで、たくさんネットを使う人も、あまり使わない人もそれぞれ最安値レベルの料金でネットが使える嬉しいシステムです。

 

ファミリータイプの料金

まずはファミリー(戸建て)タイプの料金からご説明しますね。

ファミリータイプ(戸建て)
定額 4,820円/月
DMM2段階定額 3,720円〜5,420円/月

 

戸建て用のファミリータイプは2つの料金プランから好きなほうを選択することになります。

定額プランはデータ通信量に関わらず一律で4,820円の基本料金です。
基本料金が安いauひかりが月額5100円なので、かなり安いことが分かると思います。
業界最安レベルで、かなり魅力的な料金設定です。

 

データ通信量が3ギガ以内の人は二段階定額プラン

DMM光で特徴的なのが、2段階定額プランです。
これは使ったデータ通信量によって、月々の料金が変わるという仕組み。
1ヵ月のデータ通信量が3ギガ以内なら3,720円という超低料金になるのが魅力です。
3ギガ以上になると、1ギガあたり約242円の通信量がかかります。
10ギガになると5,420円となり、それ以上はいくら使っても料金は上がりません。

dmm

 

DMM2段階定額プランでで約7.5ギガ通信すると、定額プランと同じ4,820円になります。
なので、月のデータ通信量が7.5ギガ以下なら、DMM2段階定額プランのほうがお得ということになります。

 

月々の使用量に振れ幅がある人は、1年間のうちに何回7.5ギガ以上使うかで判断できます。
年間で7.5ギガ以上使う月のほうが多い場合は、通常の定額プランのほうが安いです。
使わない月のほうが多い方は、たまに定額プランよりも高くなる月があっても、DMM2段階定額のほうがトータルでは安くなるという仕組みです。

 

マンションタイプの料金

マンションタイプの場合はどんな方も一律同じ料金です。

マンションタイプ
定額 3,780円/月

 

 安いでおなじみのauひかりでも月額料金は3800円。
大きな差ではありませんが、マンションタイプでもDMM光は最安クラスと言えます。
こちらは料金プランは選べません。

 

格安スマホ「DMM mobile」とのセット割がお得!

基本料金が相当安いDMM光ですが、格安スマホ「DMM mobile」とのセットで使えばさらに月々500円の割引が適用されます。
ファミリータイプでもマンションタイプでも割引額はすべて500円。もともとかなり安いのにこの割引はめちゃくちゃデカいです。

 

スマホと光回線 トータルの料金はぶっちぎりで安い!

dmm2

 

DMM光もかなり安いうえに、格安スマホDMM mobileを使えば月々の支払いはビックリするほど少なくなります。
セット割の500円値引きまで考えると戸建てタイプでも光回線とスマホ合わせて7330円という驚きの料金になります。
ソフトバンク・au・ドコモの大手キャリアを使っていれば、スマホ代だけでこの値段になっちゃいますよね(笑)

 

DMM mobileも、業界最安値 水準で、すでに10万人を突破している人気スマホ。
これでセットでの割引もあるとなれば、相当お得ですね。
DMM mobileの料金や特長は下の記事で詳しく紹介しているので、チェックしてみてくださいね!

DMM mobileの評判・特徴 総まとめ|デメリットまで包み隠さず大公開!安さだけで選んで大丈夫?

 

2つの新しい接続方式で 通信が速い!

DMM光は料金だけでなく、通信速度でも高く評価されているのが特徴です。

 

DMM光の通信速度が速いのは2つの理由があります。

  1. 最新通信方式「IPv6プラス」を使っている
  2. DMMダイレクトコネクト

この2つについて簡単にご説明しますね。

 

1.最新通信方式「IPv6プラス」が速い

 

DMM光、ソフトバンク光、ドコモ光などの「光コラボ」サービスはすべてフレッツのインターネット回線を使っています。
回線自体は同じなので、通信速度の差がでるのはプロバイダーということになります。

 

プロバイダーの通信速度は、混雑によって大きく変化するのですが、DMM光が導入している独自プロバイダーはこの「混雑」を避けることができるため、通信速度を落とさずにネットに接続することができます。
なぜ混雑が少ないのかというと、「IPv6プラス」という最新の通信方式を使っているから。
「IPv6プラス」は従来の「IPv4」方式と違い、接続ルートが無数に存在し、混雑しているスポットを回避して通信ができる仕組みです。

 

「IPv6プラス」はまだ国内で14%程度しか普及していない新しい仕組みで、速度が非常に速い。
最新接続方式を無料で利用できるので、DMM光は他社よりも通信速度が速いという特徴があります。

 

実際の利用者の評判もよく、速度には定評があるんですね。

 

2.DMMダイレクトコネクト

DMMのコンテンツ(動画や書籍など)に接続するときは、「ダイレクトコネクト」によってさらに高速通信が可能です
ダイレクトコネクトは普段の通信と違い、プロバイダーからDMMのサーバーへ直接 接続するので、ほかの通信の混雑の影響を受けません。

 

これによって通信の混雑が起きやすい夜間でも、DMMへの接続は圧倒的な速さが出ます。
特にDMM動画や電子書籍など容量が大きく、人気のコンテンツは大きな差がでます。

 

東京近郊の混雑が多い地域での調査では、8倍の速度という結果も出ているので、容量が大きい高画質動画がノンストレスで利用できるのは大きなメリットと言えますね。

 

詳しくはDMM公式サイトで確認してみてくださいね!

DMM光 公式サイト

 

動画見放題サービスと組み合わせればさらに便利!

 

 

DMMの人気サービスに 月540円で動画見放題の「見放題chライト」があります。
「見放題chライト」はドラマや映画なども見放題で、「闇金ウシジマくん」などの人気作品も多数取り揃えていることで評判です。

 

最近はさまざまな動画見放題サービスが出ていますが、その中でも540円はかなり安い部類に入ります。

 

もちろん「見放題chライト」の動画も、「ダイレクトコネクト」で超高速で通信されます。
視聴する映画などをDMMを使えば、動画が途切れるなどのストレスを感じることなく、かなり快適に通信することができるので、DMM光と「見放題chライト」の組み合わせも非常に人気になっています。

 

興味がある方は「DMM動画 見放題chライト」も検討してみてくださいね!

 

超お得!今なら期間限定キャンペーンを展開中!

今月のDMM光は期間限定のキャンペーンを実施中です。

 

新たにDMM光を使う方は次のいずれかの特典をゲットすることができます。

 

新規契約の場合

  • 初期工事費18,000円が無料
  • さらに現金キャッシュバック5,000円

 

他社回線からの乗換えの場合

  • 初月の基本料金が無料
  • さらに現金キャッシュバック3,000円

※乗換えの場合は、工事が不要なので、工事費はかかりません。

 

 

今までのDMM光はキャッシュバックと工事費無料のキャンペーンを併用することができませんでした。

今月に入り、初めてキャッシュバックと工事費無料が併用できる(乗換えの場合は初月料金無料とキャッシュバック)ようになりました。

 

今までで最も好条件のキャンペーンなので、利用し始めるには絶好のタイミングとなっています。

 

 

DMM光のデメリットは??

料金がかなり魅力的なことは分かりましたが、DMM光のデメリットも知っておかないと困りますね!
DMM光のデメリットを見てみましょう!

 

2段階定額の通信速度が最大100Mbps

dmmhikari3

通常の定額プランの場合、通信速度が1ギガなのですが、2段階定額プランでは最大100Mbpsの速度になってしまいます。
他社の回線のマンションタイプと同じくらいの通信速度ですね。
マンションタイプはどの光回線も最大100Mbpsの所がまだまだ多いです。

 

ただ実際にユーチューブのハイビジョン動画を見たり、映画を見る時には10Mbps以上出ていれば、途切れることなく快適に見ることが出来るので遅すぎるということは無いでしょう。

 

実際に現在マンションで光回線を使っている人の多くは最大100Mbpsの回線ですから極端に遅いということはありませんが、しっかり使いたい方は1Gbpsの定額プランを選んだ方ば無難でしょう。

 

その他気になるポイントを一挙に紹介

dmmhikari4

DMM光の大まかな特長は分かってもらえたと思うので、ここからは初期費用やオプションなど細かいところをご紹介しますね!

 

現在は無料キャンペーン中!DMM光の初期費用

DMM光を使う時に必要な初期費用は以下の通りです。

DMM光の初期費用
事務手数料 2000円
工事費
(フレッツから転用する場合)
0円
工事費
(新規の場合)
2000~18000円

現在はキャンペーンで0円!

もともと新規の場合は工事費が必要だったDMM光ですが、現在では期間限定で全額無料になるキャンペーンを実施しています。
2万円弱の工事費が完全無料なので、かなりお得ですね。

 

なので、他社回線からの乗り換えでも新規契約でも、DMM光を使うための初期費用は事務手数料の2000円のみということになります。
他に費用は掛からないので、気軽に使い始めることが出来ますね。

 

 

その他(有料オプション、解約金など)

オプションはいくつかありますが、現実的に使う人がいなさそうなものは省略します。
ここでは利用する人が多い電話オプション・テレビオプションについてご紹介します。

 

DMM光電話

DMM光電話の料金・工事費
月額料金 500円
工事費 担当者派遣アリ4500円
担当者派遣ナシ1000円

 

DMM光電話を繋ぐ場合には、月額500円。
工事費は担当者の派遣があるかどうかによって料金が変わります。これはお住まいのおうちに繋がっている回線の状況次第なので、実際に問い合わせてから確認してみてくださいね!

 

DMM光テレビ

DMM光テレビの料金・工事費
月額料金 660円
工事費 光回線と同時工事3000円
フレッツテレビ単独工事7500円

 

DMM光テレビは毎月660円で利用できます。

  • アンテナが不要
  • 同じ料金で何台でもつなげる
  • BS全チャンネルに対応
  • 専用端末不要で散らからない

などなど・・・かなり使いやすいです。
月額料金も高くないので、利用する人も増えるのではないでしょうか。

 

周辺機器レンタル

レンタルできるWi-Fiルーターは以下の通りです。

機器レンタル月額料金
ギガプラン対応無線LANルータ
(NTT東日本のみ)
300円/月
ホームゲートウェイ
(無線LAN無し)
200円/月
ホームゲートウェイ
(無線LANつき)
300円/月

 

比較的安いですね。
ただ、ギガプランに対応している無線LANルーターのレンタルが東日本エリアしかないのが残念です・・・。
ホームゲートウェイの無線LANは、せっかくの1ギガの回線の速度を落としてしまう可能性が高いので、西日本の方はご自身でWi-Fiルーターを購入するほうが良いかもしれません。

 

DMM2段階定額プランで利用する人は、ホームゲートウェイの無線LANでも十分でしょう。

 

解約違約金など・・・

解約など
契約期間 2年間
解約手数料 9,500円

DMM光はどのプランでも2年契約です。更新月以外の解約は9500円の違約金がかかります。
ほとんどの回線は同じ内容なので、特別意識するところではないですね。

auひかりなどの人気回線では、契約内容によって解約金15,000円となるので、どちらかといえば安いほうと言えるでしょう。

 

まとめ:間違いなく最安値レベルの回線

dmmhikari5-2

 

すこし長くなってしまったので、DMM光の特徴をおさらいしてみましょう。

  1. 基本料金は最安値クラス
  2. 2段階定額でライトユーザーもヘビーユーザーも安い
  3. DMM mobileとのセット割
  4. IPv6プラスで通信が速い
  5. 8倍の速度がでる「ダイレクトコネクト」

インターネット回線を選ぶときに重要なのは結局、「料金」と「通信速度」の2点です。
料金に関しては間違いなくトップクラスのお得さですし、通信速度も「IPv6プラス」と「ダイレクトコネクト」で他社に大きな差をつけています。
この2点を満たしている時点で、かなりおすすめできるサービスです。

 

格安スマホのDMM mobileとセットなら、さらに500円引き。
DMM mobileは早くも利用者数10万人を突破していて、格安スマホの中でも評判がよいので、DMM光と合わせて使うのもかなりおすすめできます。

 

現在は期間限定で「工事費無料」「現金キャッシュバック」が併用できるキャンペーンを実施中です!
※申込みが殺到していて、工事の予約が取りづらくなっているので、迷っている方はお早めに判断することをお勧めします!

DMM光 キャンペーンサイト

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆