光回線、プロバイダーなど、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキング、人気のキャンペーン、料金なども詳しくご紹介します!

auひかりのプロバイダーは@niftyじゃだめ?So-netとBiglobeと比較した結果を発表します

2017.11.04

auひかりのプロバイダーは@niftyじゃだめ?So-netとBiglobeと比較した結果を発表します はコメントを受け付けていません。

auひかりを契約する場合、自分でプロバイダーを選ぶ必要があります。

auひかりの基本料金はどのプロバイダーを選んでも同じなのでどこを選んだらいいのかと悩む人も多いです。

そこで、auひかりのプロバイダーの中でお得な「@nifty」「So-net」「Biglobe」のどれが一番お得なのか調べてみました。

前半では二つのプロバイダーの特徴や料金などを詳しく解説し、後半ではお得に申し込みができる代理店の紹介もしているので、是非参考にしてくださいね。

①「auひかり(プロバイダーで@niftyを選ぶ)」と「@nifty光×auセット割」の違い

ネットで検索すると「@nifty auひかり」「@nifty光×auセット割」と二つの似た名前が出てきますが、この二つは別物です。

間違えやすい点なので簡単に説明しますね、すでにご存知の方は次の項に飛んでくださいね。

「@nifty auひかり」は回線契約がauひかりで、プロバイダーが@niftyになります。
auひかりの光ネット回線とauスマホを契約するとスマホの料金から割引が受けられる「auスマートバリュー」が利用できます。

「@nifty光×auセット割」は光コラボである@niftyの光回線にauスマホを契約で@nifty光の回線から割引が受けられる「auセット割り」が付いたものです。つまり、auひかりとは関係ありません。

auセット割とauスマートバリューはサービス内容が大きく違います。auスマートバリューのほうは、auひかり回線を契約すれば、どのプロバイダーを選択しても利用できます。

割引のシステムも違います。

「auスマートバリュー」は、家族全員のスマホのパケット料金からそれぞれ割り引かれます。
つまり、家族全員がauスマホにすることによって割引額が大きくなるのです。

それに対し「auセット割」は1つのauスマホ回線しか適用されません。
料金が割引されるところも、スマホの料金からではなく、@nifty光の基本料金から割り引かれるという違いがあります。

auスマートバリューとauセット割
auひかりのauスマートバリュー @nifty光のauセット割
データ定額1/2/3:934円

データ定額5/20:1,410円

データ定額30:2,000円

データ定額1/2/3:500円

データ定額5/20/30:12,00円

auひかり1契約に対しauスマホ10回線まで割引 @nifty光1契約に対しauスマホ1回線のみ割引
光電話の契約が必須 適用条件はなし

1回線しか割引対象にならない@niftyのauセット割りよりも、auひかりのauスマートバリューの方が、1回線あたりの割引率が高いことと、家族が多ければ多いほど割引き額が多くなるのでお得になります。

 

 戸建て家族3人がauスマホのデータ定額3と5と30を契約している場合の例

@nifty光基本料金:5,200円

auセット割りの割引額:1,200円

割引額基本料金から割引額を引いた金額:4,000円

auひかり基本料金:5,200円

auスマートバリュー割引額:4,344円

基本料金から割引額を引いた金額:856円

このように、auユーザーはauスマートバリューが使える回線にすると通信費が抑えられるので、圧倒的にお得になります。

②auひかりで選べるプロバイダーは7つ

auひかりは、7つのプロバイダーから好きなところを自分で選択します。

以下が選択できるプロバイダーです。
・au one net
・@nifty
・@TCOM
・ASAHIネット
・Biglobe
・DTI
・So-net

2.1プロバイダーごとの通信速度に違いはない

auひかりはプロバイダーが選べるので、通信速度が速いプロバイダーを選びたいですよね。

しかし、auひかりはプロバイダーごとに通信速度に差が発生しない仕組みになっている為、どのプロバイダーを選んでも速度は同じです。

それは、KDDIのネットワーク網から、KDDIの設備を使ってインターネット網へ接続する「IPoE方式」を採用しているからです。

プロバイダーを経由しないプロバイダーごとで速度に違いが出ず、高速通信が可能なのです。
(プロバイダーメールなど、プロバイダーオプションに関してはプロバイダーネットワークを通過します)

2.2プロバイダーでコストに違いは?

auひかりは、上記のどのプロバイダーを選んでも、基本料金は一律です。

しかし、プロバイダーごとに行っているキャンペーンがそれぞれ違うため、実際はトータルでコスト面に差が出ます。

  • キャッシュバック
  • 割引サービス
  • auひかりを解約した場合のプロバイダーへの違約金
  • 有料オプション利用料

これらの割引きを考慮するとプロバイダーによってコストにかなりの差が出ます。

2.3auひかりでベストなプロバイダーはどこ?

auひかりのプロバイダーの中でお得なプロバイダーはどこかと考えた場合

  • @nifty
  • So-net
  • Biglobe

上記3つのプロバイダーが候補になります。

そこでこの3つのプロバイダーの「キャンペーン」や「割引サービス」などを比較して、auひかりのプロバイダーどこにするのが一番いいか発表します。

2.4 @niftyの特徴は?

まずは@niftyの特徴から見ていきましょう。

@niftyの場合は、開通月の基本料金が無料(マンション100Mは400円)で、しばらくは基本料金が激安になります。

この割引サービスは、auひかりの公式サイトから申し込んだ場合でも@nifty公式サイトから申し込んだ場合でも適用されます。

@niftyの基本料金割引き表
ホームギガ得プラン(2年自動更新) 開通月:0円
2~31か月目:4,450円
割引期間終了後:5,200円
ホームずっとギガ得プラン(3年自動更新) 開通月: 0円
2~12カ月目 :4,350円
13~24カ月目 :4,250円
25~31カ月目:4,150円
割引期間終了後:4,900円
マンション(100M契約) 開通月:400円
2~25カ月目:2,550円
割引期間終了後:3,800円
マンション(1ギガ契約) 開通月:0円
2~25カ月目:2,800円
割引期間終了後:4,050円

@nifty公式サイトから@nifty auひかりを申し込むと、10,000円のキャッシュバックが貰えます。

2.5 BiglobeとSo-netのキャッシュバック

次に、BiglobeとSo-netのキャッシュバックについて紹介します。

@niftyのような、基本料金の割引はありませんが、ネット代理店から申し込むとキャッシュバックがたくさん貰えます。

auひかり公式代理店NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額表

「ネット+電話」申し込み: 48,000円キャッシュバック

「ネットのみ」申し込み:41,000円キャッシュバック

キャッシュバックを利用月で割って考えた場合、実質月額料金は@niftyの割引よりもお得です。

どういうことかと言うと、auひかりギガ得プラン5,200円で2年間利用した場合、キャッシュバックの41,000円を利用月数で割ると一か月では1,708円の割引きと同じことになり

5,200円-1708円=3,492円(通常料金−キャッシュバック=実質基本料金)

キャッシュバックが大きいBiglobeとSo-netの方が@niftyよりトータルでお得という事が分かります

2.6特典の比較

3つのプロバイダーのキャッシュバックなどの特典をまとめると次のようになります。

キャンペーンと契約窓口の表
@nifty so-net/Biglobe
キャッシュバック:10,000円

その他の特典:月額料金の割引き

キャッシュバック:41,000円(ネットのみ)or 48,000円(ネット+電話)

その他の特典:工事費実質無料&他社違約金還元

@nifty公式サイト NNコミュニケーション

So-netとBiglobeの場合キャッシュバックの他にauの公式キャンペーンの「工事費実質無料」と「他社違約金還元」も併用できるので初期費用がかなり安く抑えられます。

これらの割引きをもう少し詳しく説明しますね。

【工事費実質無料】

ホーム  :37,000円(標準工事費)−1,250円×30カ月間=0円

マンション:30,000円(標準工事費)−1,250円×24ヶ月間=0円

分割工事費と同額が、ホームタイプでは1,250円×30カ月間、マンションタイプでは1,250円×24ヶ月間、割り引かれ工事費が実質タダになるのです。

【他社違約金還元】

他社からauひかりに乗り換える際に発生した違約金を最大30,000円まで負担してくれるキャンペーンです

これらの公式キャンペーンは、NNコミュニケーションズのキャッシュバックと併用できるのでとてもお得です。

@nifty光ではこれらのキャンペーンが適用されません。

2.7 So-netとbiglobeのオプションのキャンペーンは?

So-netとBiglobeにはオプション関するキャンペーンもあるので紹介します。

so-netとbiglobeオプションキャンペーン表
so-net カスペルスキーセキュリティー24ヶ月無料
(月額使用料500円×24ヶ月=12,000円相当)
biglobe ブロードバンド出張サポート初回訪問月から翌月末まで何度でも2,000円/回

biglobeお助けサポート最大2ヶ月無料

セキュリティセット・プレミアム(3台まで)最大2ヶ月無料

So-netはカスペスキーのセキュリティが2年も無料で使えるのでかなりお得です。

ネット初心者で設定などに不安がある場合は、出張サポートやお助けサポートが安く受けられるBiglobeがおすすめです

2.8 So-netとBiglobeはどちらがお得?

BiglobeとSo-netのどちらを選んだらいいのかというと、それはSo-netが少し有利です。

So-netは解約手数料が無料で、Biglobeはマンション標準プランのみ最低利用期間2年間の満了前に解約した場合、違約金が2,000円かかるからです。

解約違約金には「ネット回線側へ支払うもの」と、「プロバイダー側へ支払うもの」があります。

ネット回線のauひかり側へ支払う違約金はどのプロバイダーを使っていても共通です。

  • ギガ得(2年自動更新)   :解約違約金9,500円
  • ずっとギガ得(3年自動更新):解約手数料15,000円

auひかりは通信速度が速く、基本料金がフレッツ光よりも安い「顧客満足度NO1のインターネット回線」です。

 

「他社違約金還元」「工事費実質無料」「キャッシュバック金額」の面で、ネット代理店のNNコミュニケーションからSo-netかBiglobeを申し込むのが一番お得だという事が分って貰えたでしょうか?

プロバイダー側への違約金が発生しないという点では、BiglobeよりもSo-netのほうが若干有利ですね。

この記事を参考に、もっともお得にauひかりを契約してくださいね。

 

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら