光回線、プロバイダーなど、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキング、人気のキャンペーン、料金なども詳しくご紹介します!

auひかりのプロバイダーはソネットがお得!高額キャッシュバックのもらい方も教えます

2017.10.02

auひかりのプロバイダーはソネットがお得!高額キャッシュバックのもらい方も教えます はコメントを受け付けていません。

auひかりを契約する場合プロバイダーを選ぶ必要があるのですが、このプロバイダーの選び方を知らないと数万円も損してしまう事があるんです。

この記事では一番お得なauひかりのプロバイダーと契約窓口について分かりやすく説明しています

 

契約をする前に読んで頂き、高額キャッシュバックを絶対に手にして下さいね。

 

①auひかりでソネットを使うメリット

auひかりでなぜソネットをプロバイダーに選ぶと良いのか説明します。

 

1.1 auひかりで選べるプロバイダーは7社

auひかりでは、どのプロバイダーを選んでも料金が一律です。

通信品質の差もほとんどありません。auひかりで選べるプロバイダーは、以下の7つです。

  • au one net
  • @nifty
  • @T COM
  • ASAHIネット
  • BIG LOBE
  • DTI
  • ソネット

 

7つの中で、au one netだけは、auひかりと同じ提供元のKDDIがプロバイダーになります。

「回線とプロバイダーは、同じKDDIにしたほうがなんとなくよさそう」と思うかもしれません。

しかし、au one netにするメリットは特にありません。

au one netを選んだからと言って、仕組み上au one netが一番ネットが速くなるわけではないですし、どのプロバイダーも料金の支払い先はKDDIです。

むしろ他のプロバイダーのほうがオプションも充実しています。

 

キャッシュバックなどのキャンペーンを考慮しても、au one netよりもソネットなどの他のプロバイダーのほうがお得になります。

 

1.2プロバイダー選びのコツ・判断基準

auひかりのプロバイダーを選ぶ判断基準は、「キャッシュバックを多く貰えるプロバイダーを選ぶ」ことです。

 

キャッシュバックをお得に獲得するには、絶対にauひかりの公式サイトから申し込んではいけません。

プロバイダーの公式サイトで申し込むか、ネット代理店から申し込みましょう。

特に、ネット代理店から申し込む方法が、一番キャッシュバックが大きいのでお得です。

 

数あるネット代理店の中でもこちらではキャッシュバックが高額でユーザーからの評価も高いNNコミュニケーションズをおすすめしています。

 

金銭的な条件以外には、プロバイダーごとのオプションの違いが判断基準になります。

無料で利用できるメールアドレスの数や無料で利用できるホームページ容量などに差があります。

しかし、メールやホームページサーバーはプロバイダーのものを使わなくても、無料で使えるところはいくらでもありますので、オプションはあくまで参考程度に見ればいいでしょう。

 

1.3ソネットのプロバイダーとしての特徴

1996年から事業を開始したソネットは、ソニーグループであるソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供するプロバイダーです。

ソネットの占めるシェアは広く、日本で3位のユーザー数を誇ります。

 

ソネットはプロバイダー事業以外にも法人向けのクラウドサービス、ネットワーク機器の提供など幅広い分野を手掛けています。

 

ソネットのIPバックボーンは業界最高クラスで、安定した通信品質を実現できます。

特に、auひかりの場合は、フレッツ光と認証方式が違うので、ソネットのような大手プロバイダーは、IPバックボーンの大きさを最大限に生かせます。

 

ソネットのセキュリティーサービスは優れていて、カスペルスキーというロシア製のセキュリテイーソフトを使います。

カスペルスキーはセキュリティーソフトの中で最も性能が高いと言われています。

ソネットでは、月額500円でWindows、Mac、Androidの3つの種類のOSに対応し、最大5台までインストールできます。

 

その他のオプションは、メールアドレスが無料で最大4つ取得でき、メールボックスの容量は無制限です。
ホームページの容量に関しては10MBと非常に少ないです。

 

ネットの口コミでは、「ソネットは遅い」というのをよく見かけます。

しかし、それは「フレッツ光+ソネット」の場合です。「auひかり+ソネット」は比較的高速でインターネットを利用できます。

それは、フレッツ光とauひかりの通信の仕組みが異なるからです。

そもそもauひかりはプロバイダーによって通信品質に大きな差はありません。

 

1.4ソネットを選ぶ金銭的なメリット

auひかりにするならソネットがおすすめです

なぜなら、キャッシュバックが高額だからです。

キャッシュバックを得るためには、auひかりの公式サイトからではなく、ネット代理店から申し込みます。

 

ネット代理店のNNコミュニケーションズから申し込むと最高48,000円のキャッシュバックが受けられます。

さらに、auひかり公式のキャンペーンも受けられます。

auひかり公式キャンペーンは、月々の割引で工事費が実質無料になる「初期費用相当額割引」と他社ネット回線の解約違約金を還元してくれる「auひかりスタートサポート」があります。

 

つまり、『auひかり公式キャンペーン+代理店キャッシュバック=お得にauひかりを始められる』ということです。

これらを考慮すると、ソネットは他のプロバイダーと比べ最もお得にauひかりに入会できます。

 

KDDI正規代理店である(株)NNコミュニケーションズでのキャッシュバックキャンペーンは現金のみと現金+Wi-Fiルーターを選べてとってもお得です。

NNコミュニケーションズのキャッシュバック表
ネットのみ申し込み 41,000円のキャッシュバック

36,000円のキャッシュバック+Wi-Fiルーター

ネット+電話の申し込み 48,000円のキャッシュバック

43,000円のキャッシュバック+Wi-Fiルーター

こちらの2パターンが選べます。さらに、今ならこれらのキャッシュバックに2,000円プラスされます。

 

 

ちなみに、Wi-FiルーターはバッファローのWHR-1166DHP4が貰えます。

WHR-1166DHP4は、定価7,200円の製品です。

バッファローWHR-1166DHP4のスペック
Wi-Fi速度 866Mbps
アンテナ 内蔵2本
有線LANポート伝送速度 WAN側1Gbps、LAN側100Mbps
繋がりやすさ ビームフォーミング搭載、ハイパワー

ネット回線を光にするならWi-Fiも光に対応した新しいものでないと速度が出ずに快適に使用できません。

ですので、Wi-Fiの購入を考えていた方からこの選べるキャッシュバックキャンペーンはとても喜ばれています。

 

1.5ソネットを選ぶデメリット

ソネットは、無料で使えるホームページの容量が10MBしかありません。

10MBだと画像が少ないミニサイトを1つ作れるぐらいです。

しかし、ホームページ作りに興味ない方や、レンタルサーバーを借りる予定の人には特に関係ないです。

 

②契約から開通までの手順

実際どのように申し込みをすればいいのか説明しますね。

2.1新規契約時の手順

まずは、自宅がauひかり提供エリアかどうか確認しましょう。以下のサイトから確認します。

auひかりエリア確認サイト

 

提供エリアが確認できると、そのまま料金シミュレーションと申し込みができますが、ここで申し込まないように注意してください。

auひかりの公式サイトから申し込むと、お得なキャッシュバックが受けられません。

あくまで、提供エリアの確認だけに留めましょう。

 

NNコミュニケーションズへ電話または申し込みフォームから申し込みます。

代理店から連絡が来たら、キャッシュバックの振込口座を伝えます。

そして、申し込んでから数日でKDDIより工事日調整の連絡が来ます。

オプション工事など希望があれば、この時に申告しましょう。

KDDIからONUやホームゲートウェイなど、宅内に設置する機器が自宅に配送されます。

KDDIと電話で調整した日に工事を行います。時間は1~2時間程度です。必ず立ち合いが必要になります。

工事完了後、ONUやホームゲートウェイなどの機器を自分で設置すれば、開通完了です。

 

2.2プロバイダーを乗り換える際の手順

乗り換えの際も、基本的には新規と同じです。

新規と同じように、代理店のサイトから申し込んで新規開通工事をします。

 

ただし、現在使っているネット回線の解約のタイミングが多少難しい場合があります。

auひかりマンション(VDSL方式、LAN配線方式)の場合は、完全に他社回線を解約してからじゃないとauひかりを新設できない場合もあるのでauひかりの工事前日までには現在の回線を解約する調整をしなくてはなりません。

 

auひかりホームであれば、2回線引き込むことは問題ないので、使えない期間ができないように、余裕をもってauひかりが開通してから前の回線を解約してもいいでしょう。

 

フレッツを現在使っている場合は、プロバイダーの解約も忘れずにしましょう。

プロバイダーの解約は特に工事などが要らないので、auひかりが開通してから解約してもいいでしょう。

ただし、25日までに解約の申し込みをしないと、次の1か月分の料金が発生してしまうなど、日割り計算にならないことが多いので注意しましょう。

 

③auひかりならプロバイダーはソネットが一番

auひかりはどのプロバイダーを選んでも料金が一緒です。

なので、大手のプロバイダーを選べば安心感があります。

大手には、ソネット、ビッグローブ、au one net、@niftyがありますが、その中でもソネットが一番おすすめです。

 

なぜならソネットは、キャンペーン(キャッシュバック)が多く、コスト的なメリットが多いからです。

それと、サポート体制やセキュリティーサービスなども充実していて、プロバイダーとしての評価は高いです。

 

auひかりを始めるなら、キャッシュバックが一番高額なネット代理店から申し込み、お得にソネットを利用しましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら