光回線、プロバイダーなど、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキング、人気のキャンペーン、料金なども詳しくご紹介します!

auひかりからNURO光に乗り換えた方がお得な方とそうでない方、あなたはどっち?

2017.11.20

auひかりからNURO光に乗り換えた方がお得な方とそうでない方、あなたはどっち? はコメントを受け付けていません。

auひかりは、通信速度が速く、月額料金もお得な光回線ですが、実はauひかりよりNURO光を選んだ方が、よりお得で快適にインターネットが出来る方もいます。

auひかりとNURO光の料金や特徴の違いを知れば、すぐに自分に合った回線かどうかが分かりますので、NURO光を検討中の方やauひかりの乗り換えを考えている方は参考にしてください。

①auひかりとNURO光の違い

auひかりとNURO光の違いを

  • 回線と通信技術
  • 各種料金
  • 通信速度

の面から見ていきましょう。

 

1.1回線と通信技術

auひかり、NURO光はどちらもNTTからダークファイバーを借用しユーザーにサービスを提供しています。

ダークファイバーとは、使用していない光ファイバーケーブルのことです。

光ファイバーを最大32分岐させてユーザーに提供するところは「auひかり・NURO光・フレッツ光」は全て同じで、光ファイバーケーブルに関しては、auひかりとNURO光で大きな差はありません。

ただし、通信技術が違います。

auひかりやフレッツ光はGE-PONという技術を使っていて、GE-PONの最大速度は1.25Gbpsです。

一方のNURO光はG-PONという技術を使っていて、G-PONの最大速度は2.48Gbpsです。

NURO光の最大速度の方が約2倍、フレッツ光とauひかりの最大速度より速いので、NURO光へ乗り換える最大の理由は回線速度といってもいいでしょう。

1.2各種料金

auひかりとNURO光の料金を条件を同等にする為に、2年契約のプランで比べてみました。

auひかりとNURO光の料金比較

auひかり

(2年自動更新・ギガ得)

戸建て  :5,200円

マンション:3,800~5,000円

NURO光

(2年自動更新)

戸建て・マンション:4,743円

ほとんどの光回線は戸建てとマンションで料金が違うのですが、NURO光はどちらも同じ料金です。

表の金額は、auひかりもNURO光も2年自動更新型プランなので、更新月以外の解約は違約金が9,500円かかります。

ちなみに、NURO光は契約期間の定めが無い「NURO光G2」もありますが、これは基本料金が7,124円と高額になり、代理店のキャッシュバックも適用にもならないことから、基本的には上記の2年自動更新のプランを選ぶことをおすすめします。

1.3通信速度

auひかり戸建てタイプの速度は最大1Gbpsで、マンションのVDSL方式・イーサ方式の場合100Mbpsです、NURO光は戸建てもマンションも最大2Gbpsになります。

マンションの設備が、VDSL方式・イーサ(LAN配線)方式ではそもそもNURO光を導入できません。

上記速度は最大理論値のためauひかり、NURO光ともに実測値は多少落ちます。

また、宅内機器のLANの最大速度が1Gbps(1000BASE-T)のため、NURO光も1Gbps以上にはなりません。

ただし、NURO光は大本が速い分、実測値もボトルネックであるLANの1Gbps近くまで速度が出ます。

実際に利用しているユーザーのクチコミを参照すると、速度測定の結果auひかりは300~500Mbpsぐらい、NURO光は900Mbps近く出ているようです。

 

②auひかりからNURO光に乗り換えるメリット

auひかりからNURO光に乗り替えるメリットを4つ紹介します。

 

2.1通信速度が速くなる

NURO光の下りの最高速度は世界最速の2Gbpsです。

auひかりが遅いと感じている方は、NURO光へ乗り換えると通信速度が速くなる可能性があります。

ただ、auひかりの速度も基本的にはとても速いほうなので、auひかりが遅いと感じている方は、回線自体の問題ではなく「PCのスペック」「セキュリティーソフトの相性」「Wi-Fi環境の問題」などが考えられます。

ですのでauひかりの速度に不満のある方は一度

  • 有線接続で繋いでみる
  • セキュリティーソフトを停止させてみる
  • 他の端末で速度を計測してみる
  • 繋いでいるケーブルが1Gbps対応の物か調べる

以上の事柄をチェックし、それでもなお遅い場合は、NURO光へ乗り換えを検討してみると良いでしょう。

2.2NURO光の戸建てタイプはauひかりより安い

一般的な光回線はマンションより戸建てのほうが高い料金設定になっていますが、NURO光の戸建てとマンションの料金は変わらず、月額4,743円です。

auひかりの戸建てが5,200円なのでNURO光の方が安く利用できることがわかります。

 

2.3高額なキャッシュバックがゲットできる

ネット代理店アシタエクリエイト経由でNURO光の申し込みをすると、高額キャッシュバックかプレステ4が貰えるので大変お得です。

NURO光の代理店アシタエクリエイトのキャッシュバック表

キャッシュバックを選択 ネットのみ :30,000円

ネット+電話:35,000円

プレステ4を選択 ネットのみ :新型 PlayStation®4(500GB)

ネット+電話: 35,000円 新型 PlayStation®4(500GB)+縦置きスタンド

 

NURO光は世界最速のネット回線なので、高速通信が必要なオンラインゲームも快適にプレーできます、ゲーム好きな方はNURO光でプレステ4を手に入れて楽しんで下さいね。

 

2.4 NURO光の初期工事費が無料

NURO光の初期工事費は40,000円と高額ですが、公式のキャンペーンで今なら、分割の工事費と同等の1,334円が30カ月間、割り引かれるので、実質無料になります。

しかし、割引き期間中に解約をしてしまうと残りの工事費を一括で支払わなくてはならなくなるので注意してくださいね。

又、先ほど紹介した代理店のキャッシュバックと公式キャンペーンの工事費実質無料は併用できるので安心してください。

それに比べ、乗り換える先をフレッツ光にしてしまうと、18,000円の工事料金が発生するので、乗り換え先をNURO光にすることは賢い選択と言えます。

 

③auひかりからNURO光に乗り換えるデメリット

次にauひかりからNURO光へ乗り換えで起こるデメリットについても、きちんとお話しなくてはいけません。

 

3.1NURO光にするとauひかりよりマンションは基本料金が高くなる

戸建ての場合はauひかりよりNURO光のほうが安くなりましたが、マンションは逆に高くなることがあります。

NURO光は4,743円一律ですが、auひかりマンションは配線方式により料金が異なり3,800円~5,000円だからです。

NURO光とauひかりのマンションタイプ料金表
NURO光  4,743円
auひかり タイプV(VDSL方式)  :3,800円
ギガ(光ファイバー方式) :4,050円
ミニ(光ファイバー方式) :5,000円

auひかりの場合、マンションがどの設備を導入しているか、契約戸数は何戸か、で料金が変わりますので、契約者の方がプランを選べるわけではありません。

もし、今の契約がタイプVかギガであればNURO光より基本料金が安いので、乗り変えると基本料金が割高になってしまいます。

 

3.2 auスマートバリューの割引が無くなる

NURO光ではauのスマホとセットで割引きになる「auスマートバリュー」は使えないので、auのスマホユーザーさんがNURO光へ乗り換えてしまうと割引がなくなってしまい損をしてしまいます。

ちなみに、NURO光はソフトバンクの携帯・スマホとセットにすることで、毎月の通信料金が割引される「おうち割光セット」を適用できます。

ソフトバンクのスマホ・携帯の方は、auひかりよりもNURO光へ乗り換えるほうがお得です。

 

3.3auひかりの解約金が必要

NURO光へ乗り換える場合、auひかりを解約することになり、auひかり側への解約違約金が発生します。

  • 2年自動更新のギガ得は9,500円
  • 3年自動更新のずっとギガ得は15,000円

ただし、更新月にうまく解約をすれば違約金は発生しません。

auひかりの更新月は、利用開始月を1ヶ月目として契約満了月の翌月と翌々月になります。

  • 2年自動更新の場合:25ヶ月目と26ヶ月目が更新月
  • 3年自動更新の場合:37ヶ月目、38ヶ月目が更新月

もし、あと数カ月で更新月が来るのであれば、それまで待った方がいいでしょう。

 

3.4プロバイダーの変更が必要

NURO光はSo-netが提供するサービスのため、プロバイダーはSo-netになります。

現在、So-net以外のプロバイダーを利用している方は、NURO光へ乗り換えることによってプロバイダーが変わります。

今、お使いのプロバイダーメールは使えなくなりますので注意が必要です。

 

3.5提供エリアが限られている

NURO光の提供エリアは「東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県」の関東エリアのみです。

また、マンションの場合7階建て以下が対象ですが「NURO光forマンション」であれば、格安で8階建て以上でも利用できます。

これは、利用を希望する世帯が4世帯以上集まるとNURO光側でマンションオーナーに設備導入の交渉をしてくれます。

そして、設備導入されて初めて利用できるようになります。

つまり、人が集まらなければ、8階建て以上のマンションでは関東エリアであっても利用ができません。

 

④NURO光以外はSo-net光とBIGLOBE光がおすすめ

auひかりから乗り換える候補としては「So-net光」「BIGLOBE光」もおすすめできます。

auひかりからSo-net光へは代理店のラプターから申し込むとキャッシュバックがもらえ、さらに公式の各種割引きキャンペーンが適用となり、負担なく乗り換えが出来ます。

So-net光のお得なキャンペーン窓口
月額利用料 戸建て   1~30カ月間:5,200円
割引終了後:5,700円
マンション 1~30カ月間:4,100円
割引終了後:4,600円
初期費用 工事費 24,000円⇒800円割引×30ヶ月で実質無料
事務手数料 800円⇒0円
通信速度 最大1Gbps

IPoE対応で混雑に強い

キャッシュバック 25,000円または20,000円+無線ルーター
スマホとのセット割り auスマートバリューが適用される
その他割引等 安心サポート・セキュリティーサービス最大3ヶ月無料

同様に、auひかりからBIGLOBE光へは代理店のNNコミュニケーションズから申し込むと各種キャンペーンが適用となり、大変お得です。

BIGLOBE光キャンペーン窓口
月額利用料 戸建て 4,980円
マンション 3,980円
工事費 戸建て 30,000円⇒750円割引×40ヶ月で実質無料
マンション 27,000円⇒675円割引×40ヶ月で実質無料
申込手数料 3,000円
通信速度 最大1Gbps、IPoE対応で混雑に強い
キャッシュバック 10,000円または5,000円+無線ルーター
スマホとのセット割り auスマートバリューが適用される
その他割引等 セキュリティーサービス最大2ヶ月無料

So-net光、BIGLOBE光は条件が似ていますが、キャッシュバックの金額がSo-net光の方が高いのでどちらかというと、So-net光がおすすめです。

 

⑤乗り換える手順

auひかりや他社光回線からNURO光へ乗り換える際は、NURO光の新規開通が終わってから乗り換え前の回線を解約します。
そうしないとNURO光がつながるまでインターネットが使えない期間が出来てしまうからです。

ちなみに、NURO光はフレッツ光の設備を利用した光コラボ回線ではないので、フレッツ光から「転用」という形でNURO光へ乗り換えることはできませんのでご注意ください。

NURO光を申し込む

NURO光が開通する

auひかりの解約を申し込む
フレッツ光の場合はフレッツ光とプロバイダー両方の解約が必要

KDDIへONU等のレンタル機器を返却する

 

⑥関東にお住いの方はNURO光がおすすめ

今より、通信速度を早くしたいのなら、NURO光へ乗り換えるほうが良いです。

料金に関しても、auひかりの戸建てとマンションミニで契約している方の場合は、NURO光の方が基本料金が安くなるので毎月の支払いが少し軽くなります。

NURO光へ代理店を通して、乗り換えると工事費が無料で高額なキャッシュバックが貰えますのでとってもお得です。

反対に、auのスマホの方で、auスマートバリューの割引きを受けている方は、NURO光へは乗り替えず、そのままauひかりを使用するか、auスマートバリューが使えるBIGLOBE光かSo-net光を選んだ方が良いです。

 

関東エリアの方は、NURO光に乗り換えるといろいろなメリットがあるので、この機会にぜひNURO光を検討してみてください。

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆