光回線、プロバイダーなど、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキング、人気のキャンペーン、料金なども詳しくご紹介します!

auひかりの工事内容の詳細と料金について|具体的にどのような工事なのかを解説します。

2017.09.29

auひかりの工事内容の詳細と料金について|具体的にどのような工事なのかを解説します。 はコメントを受け付けていません。

 

auひかりの工事の内容と、料金について詳しくご紹介しています。

事前にどのような工事をするかを把握しておくことで、余計なトラブルが無く済むので、ぜひ開通前に目を通してみてください。

 

現在はどのような工事内容にしても、工事費無料のキャンペーンが適用されます。
工事費だけでなく、上手く契約すれば5万円のキャッシュバックもゲットできます。

その情報について記載しているので、ぜひご参考ください。

 

 

①工事に伴う費用ついて

まずはauひかりの工事について詳しくご紹介していきましょう。

 

1.1マンションのタイプ別配線方法とその工事費はいくらなの?

auひかりのマンションタイプは回線速度、配線方式などによって6つのタイプに分かれます。配線方式には、VDSL方式、イーサ方式、光ファイバー方式、の3つの配線方式があります。これら3つの配線方式の違いによって工事内容が異なります。

ちなみに、工事費はどの内容でも同じ料金になるので、あまり細かいことは気にしなくてOKです。

 

VDSL方式は電話線を利用するので部屋のモジュラージャックがそのまま使え、難しい工事は特にありません。イーサ方式もマンションの共有部からLANケーブルが各部屋まで配線がすでに完備されているので、壁のLANコンセントに差し込むだけになっていて、簡単に終わります。

 

光ファイバー方式は、電話配管の利用、または、外壁配線を行い部屋まで引き込みます。外壁配線を行なった場合は、エアコンダクトを利用して部屋の中まで光ファイバーを通すか、もしくは、壁に小さな穴を開けて部屋の中へ光ファイバーを引き入れます。宅内に引き込んだ光ファイバーは、光コンセント化し、ONUを繋げられるようにします。

 

マンションの契約タイプとそれぞれの配線方式です。

マンションの契約タイプと速度
タイプV 配線方式:VDSL

速度:下100M 上35M

都市機構デラックス 配線方式:VDSL

速度:下100M 上35M

タイプE 配線方式:イーサ

速度:上下100M

タイプF 配線方式:光ファイバー

速度:上下100M

マンションギガ 配線方式:光ファイバー

速度:上下1ギガ

マンションミニギガ 配線方式:光ファイバー

速度:上下1ギガ

工事料金 30,000円(分割払い1,250円×24回)

月々1,250円割引×24回で実質無料

 

 

配線方式が異なると、当然工事内容も変わりますが、工事料金はどれも3,0000円です(一部、都市機構16M(B)工事料金12,000円というものもあります)。

 

auひかりマンションの契約タイプは自分で自由に選択できるわけではありません。お住まいのマンションによって、どのタイプになるかが元々決まっています。自分のマンションがどのタイプになるかは、ウェブサイトから簡単に確認できます。

 

以下のサイトで、開通する自宅の情報を入力すると、auひかりの料金シミュレーションができるので、自分のマンションのタイプがわかります。

auひかり公式サイト

 

 

または、auひかりのサポート窓口へ電話で問い合わせれば教えてくれます。

 

0120-92-5000 KDDIブロードバンドキャンペーンセンター

 

1.2戸建ての配線方法とその工事費はいくらなの?

 

戸建ては、auひかりホームというサービス名になります。電柱から光ファイバーを引き込み、宅内へはエアコンのダクト、電話配管、または、壁に10mmほどの穴を開ける方法で通します。宅内へ引き込まれた光ファイバーを光コンセント化し、ONUを繋げられるようにします。

 

auひかりホームの工事料金は37,500円です。分割払いだと、1,250円×30回になります。ちなみに、フレッツ光は、光コンセントがもともと備わっていた場合、「無派遣工事」という工事費2,000円で済むやり方がありますが、auひかりの場合は必ず派遣工事になります。

 

ホームもマンションと同じように、auひかりのサイトで提供エリアかどうかを確認してから申し込みましょう。

 

1.3工事費をお得にする方法はあるの?

 

auひかりの工事費は、マンション30,000円、ホーム37,500円と結構な金額です。しかし、現在は初期費用割引キャンペーンが適用されますので、今申し込んだ方は無料になります。

さらにキャッシュバックもついてくるので、申し込むには非常に良いタイミングです。

 

ただ、キャッシュバックは一部のキャンペーンサイトから申し込まないと、金額が大幅に下がるので気を付けなければいけません。

詳しくは下記の記事で詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【2017 最新版】auひかりのキャンペーン徹底比較|最もお得なキャッシュバックはどこ!?

 

 

 

まず、auひかりの工事費は分割払いが可能です。マンションが1,250円×24回=30,000円です。そして、マンションの初期費用相当額割引が月々1,250円×24カ月=30,000円割引になるので実質無料になります。

 

ホームは分割払いで1,250円×30回=37,500円です。マンションと違い、ホームの場合は1つだけ条件があります。ネット+ひかり電話を申し込むことが必要です。この条件であればホームの初期費用相当額割引が月々1,250円×30カ月=37,500円割引になるので実質無料になります。

 

1.4工事費割引期間中に解約する場合かかる費用はいくらなの?

 

工事割引期間中に解約すれば、当然割引は終了になります。さらに、引っ越し先で継続利用する移転の場合も割引が終了になります。

 

分割で工事料金を支払っている場合は、最終請求日に残額一括請求になります。

 

1.5いつまでなら、キャンセルできるの?

 

auひかりの解約は、工事が発生してからでは必ず料金を取られてしまいます。キャンセルするなら工事前です。工事前であれば、工事料金も解約違約金も発生しません。

 

キャンセルする場合は、代理店ではなく、KDDIへ直接連絡を入れましょう。

0120-925-641 KDDI開通センター

 

ただし、代理店からの書類がKDDI側へまだ回っていない場合は、キャンセルができません。KDDIから申し込み確認の電話が来た時にキャンセルしても遅くはないです。

 

1.6撤去に費用は掛かるの?

 

工事で設置した光ファイバーや光コンセントなどは、基本的に解約後に撤去しません。そもそも、賃貸住宅の場合は大家さんに許可をもらって回線を引き込んでいるはずです。許可をもらっているということは、元通りにする義務も無いということです。無許可で勝手に引き込んでいたとしても、光の設備が備わっているというのは、物件の資産価値を高めることになります。ほとんどの場合、撤去を求められることはないでしょう。

 

希望すれば、撤去工事は可能です。撤去工事費10,000円が必要です。

 

1.7オプションは一緒に工事できるの?

 

家が大きいなどの事情で、LANケーブルを各部屋に配線したい、ホームゲートウェイと電話機の設置場所を離したいなど、住宅事情により追加で配線工事が必要になることもあります。

 

配線工事メニューはこちらです。

auひかり配線工事メニュー

 

これらは、開通工事当日に一緒に工事が可能です。しかし、事前にauひかりの窓口へ伝えておかないと予定や材料の関係で開通工事当日にこれらの工事が行えない場合があります。ネットでの申し込みフォームには工事オプションを入力する部分は無いのですが、auひかりをネット代理店経由で申し込んだ場合でも、必ずauひかりの窓口から確認の電話がかかってきます。その時に追加工事を申し伝えましょう。

 

その他、自分でONUの設置・設定ができない、TVの設置・設定ができない、Wi-Fiの設定をしてもらいたいなどという場合は、「かけつけ訪問サポート」を利用します。かけつけ訪問サポートで行うオプション工事は開通日に開通工事と一緒にすることはできません。開通日の翌日以降で日にちを予約します。

 

オプション工事メニューはこちらです

auひかり オプションメニュー

 

②実際の工事の手順について

 

2.1契約から工事はどのようにすすむの?

 

ネット代理店から申し込む

KDDIから工事日確認の連絡が来る

郵送でONU、ホームゲートウェイ等が届く

工事担当者が来て工事をする(1時間程度)

自分で宅内機器を設置すればネットができる

 

という流れになります。auひかりホームであれば、申し込みから利用開始まで約1~2ヶ月。auひかりマンションであれば、申し込みから約2週間で利用開始できます。

 

2.2乗り換えの場合、途切れずにネットが使えるようにするためにはどうすればいい?

 

現在使っているネット回線の解約日をauひかりの工事完了後にすれば、ネットが途切れず使えます。ネットの解約日が月末になるか、日割り計算になるかはサービス提供元によって違うので、解約時に確認しましょう。auひかりの工事が完了する前に、早まって解約してしまうと、ネットが使えない期間ができてしまうので注意しましょう。

 

ただし、マンションの場合は、フレッツ光で利用しているままだと、構内配線がダブってしまい、開通ができないケースがあります。電話連絡時にKDDIに確認しましょう。

 

2.3工事が入る前にやっておくことはなに?

 

auひかりホームの工事は、光ファイバーをどこから引き込んで、部屋の中のどこまで線を通すかをユーザーと相談しながら進めます。ONU等の宅内機器や電話機の設置場所をあらかじめ決めておきましょう。

 

賃貸物件の場合は、大家さんの許可が必要です。配線導入済みのマンションの場合でも、LANジャックを増設するなど、マンション設備の変更を伴うときは大家さんの許可が必要です。

 

2.4工事の予定を変更することは出来るの?

 

工事日に都合が悪くなったなどで、日にちを変更したい場合は、こちらへ連絡すれば変更可能です。

0120-925-641 KDDI開通センター

 

③工事に関するトラブルについて

 

3.1工事の問題はどういうものがあったの?

 

フレッツ光の解約が住んでいないとauひかりが開通できない場合があります。auひかり側では、そのお客がフレッツを使っているかどうかはわかりません。マンションVDSL方式はもともとマンション内に備わっている電話線を利用します。フレッツ光も同じ電話線を使うので、フレッツ光が完全に解約済みでないと、いざ工事をしようと思っても、構内ケーブル(電話線)がフレッツの装置に配線が伸びているため、auひかりの工事を進めることができません。

 

他にも、マンションの配管不良、道路が狭くて通行止めの手続きが必要、樹木が邪魔で引き込めないなどで、当日に開通ができないケースがあります。

 

3.2工事が行えないのはどんな場合なの?

 

工事に来てみたけど、完全に工事不可能と判断されるケースもあります。

 

  • 電柱が遠く、光ファイバーを引き込めない
  • 近所の樹木が邪魔だが、伐採してくれない
  • 大家から壁の穴あけ許可が下りない

 

これらは、実際に工事担当者が来てみてわかることなので、事前に調べることはできません。工事不可能になった場合は、当然キャンセル料等の費用は発生しません。

 

3.3トラブルを避けるために大家には話すべきなの?

 

開通工事は、電話配管やエアコンダクトから宅内へ引き込めない場合に、ケーブルを中へ通すために壁に穴開けます。また、引き込み線を固定させるために壁に留め具を数か所取り付けます。このように、建物にダメージを与えてしまうので、賃貸物件の場合は事前に大家さんに許可を得る必要があります。

 

許可を得ずに工事を行った場合、物件を破損したとして損害賠償請求されることもあるので、トラブル防止のためには事前に連絡をしておきましょう。

 

④工事に関しての問合せ先について

 

4.1問合せ電話番号は?

 

問い合わせは基本的に代理店ではなく、KDDIに連絡をいれましょう。

 

  • auひかりの開通工事の日にちを変更したいなど

0120-925-641 KDDI開通センター

 

  • auひかりをこれから申し込む場合の疑問点など

0120-92-5000 KDDIブロードバンドキャンペーンセンター

 

  • 契約内容の変更・移転・各種手続き

0077-777または0120-22-0077  KDDIお客様センター

 

まとめ:工事内容は様々だが、工事費は同じ!

 

工事自体はそれほど時間もかからず、特にマンションタイプではやる事もほとんどありません。ただし、工事内容によらず、マンション30,000円、戸建て37,500円の工事費はかかります。

 

でも実際は、月々の割引が受けられるので、工事費は実質無料です。ただし、契約途中で解約すると月々の割引が受けられなくなるので、全額負担になります。さらに、分割払いにしている場合は、残金一括払いの必要があります。

 

auひかりを利用する際は、工事費無料のキャンペーンだけでなく、キャッシュバックをゲットするのが大切です。
キャッシュバック金額は、申し込む窓口によって変わってくるので、下記の記事で最新キャンペーンを確認してみてくださいね。

 

【2017 最新版】auひかりのキャンペーン徹底比較|最もお得なキャッシュバックはどこ!?

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら