光回線、プロバイダーなど、インターネットに関する最新のお得なお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキング、人気のキャンペーン、料金についても詳しくご紹介しています!

【素人でも簡単】3分でできるドコモ光が遅い原因の発見と対処法!

2016.11.18

【素人でも簡単】3分でできるドコモ光が遅い原因の発見と対処法! はコメントを受け付けていません。

この記事でご紹介している方法を使えば詳しくない人でも簡単に原因と対処法が分かります。

ドコモ光が遅いと感じた場合は、順番に原因を調べていきましょう。ドコモ光が遅いことでお悩みの方は、ぜひ試してみてくださいね!

ドコモ光の速度が遅い場合の対処方

hikatatsu-67速度が遅い場合は、順を追って原因を探す必要があります。
自分に近い方から順番にチェックしていくのが一番楽です。

周辺機器の確認

まず最初におこなうのは、周辺機器の確認です。

ケーブル

Wi-Fiルーターに繋がっているケーブルを見てみましょう。「カテゴリー5」「カテゴリー5e」「カテゴリー6」、「カテゴリー7」などの数値が書いていますが、カテゴリー5は100Mbps以下の速度しか対応していないのでダメです。
5eか、それ以上の数値が書いていない場合は、ケーブルを買い替えましょう。

Wi-Fiルーター

Wi-Fiルーターが1ギガ以上の通信に対応しているかどうか調べましょう。お使いのWi-Fiルーターの型番をネットで検索してみてください。

「IEEE802.11n」や「IEEE802.11ac」という規格が出てくると思いますが、ギガ対応している機種は「IEEE802.11ac」です。
その中でも最大速度800Mbpsと13000Mbps(1.3Gbps)の機種にかれます。
11acの機種ならどちらでもよいですが、理想は1.3Gbpsに対応した機種です。

回線とプロバイダーのどちらが原因か調べる方法

周辺機器に問題が無かった場合、もしくはそれらを改善しても通信が遅い場合は、プロバイダーか回線のどちらかに原因があります
下に紹介する2つのスピードチェッカーを使ってどちらに原因があるか調べましょう。

ドコモ光側が発信している通信のスピードをチェック

東日本エリアの方はこちら
http://members-club.flets.com/pub/html/fsnavi/a_1.html

西日本エリアの方はこちら
https://flets-w.com/support/service/next/sokudo_kaizen/

サイト下部の黄色ボタンから速度を検索してみてください。

次にプロバイダーを介した通信速度をチェック

次はこちらのスピードテストを使ってみてください。

http://speedtest.net/

差を比べてどこに原因があるかを調べる

この2つの速度が大きく(数百Mbps単位で)離れている場合は、プロバイダーが原因です。
ドコモは速い通信をしているのに、受け取り側のあなたの自宅では通信が極端に遅くなる。つまり、その間の中継ポイントであるプロバイダーで一気に速度が低下してるということになるんですね。

この場合はプロバイダーの変更で通信速度が改善する可能性が高いです。プロバイダーの品質というよりも、混雑が原因。混雑しにくいプロバイダーをえらぶことが重要です。

地域差がありますが、ぷららやso-netなどが遅いという評判が多いです。
プロバイダーの変更が必要な方は下の記事を参考にしてみてくださいね。

【3分でわかる】絶対に失敗しないドコモ光のプロバイダー(ISP)の選び方|本当におすすめなのはどこ?

回線自体が遅い場合

hikatatsu-49回線の通信速度は地域によって大きく変わります。同じドコモ光でも「速くて快適!」と言っている人もいれば、「遅すぎて話にならん!」と言っている人がいますよね。
これは住んでいる場所で通信速度が違うからです。この点はどの回線を選んでも同じです。周辺で同じ回線を利用している人の数や、物理的な要因(その地域に引いている光ファイバーのの数)の影響で、速度が変わります。

スピードチェックで回線の速度が遅いと判明した場合は、残念ながらあなたがお住まいなのはドコモ光が遅い地域です。
回線自体を変更しなければ改善しません。

回線の変更

ここからはどの回線に乗り換えるのが良いのかご説明していきます。ドコモ光は「光コラボ」と言って、フレッツの回線をドコモが運営して提供しているサービスです。
つまり使っているのはフレッツの回線。なのでフレッツ光や、同じフレッツ回線を使っている「光コラボ」の回線に乗り換えても、同じ結果になる可能性が非常に高いんです。

なので、ドコモ光から乗り換える場合は全く別の回線を利用する必要があります。具体的には以下の通り。

  • auひかり
  • BBIQ光
  • NURO光
  • eo光

auひかり以外は地域が限定されている光回線です。
一番オススメなのはauひかりです。料金はドコモ光とほぼ同じ。スマホとのセット割「スマートバリュー」も934円~2000円とドコモの光パックと似たような内容。

スマホと光回線を同時に乗り換えるのは結構大変なので、とりあえずauひかりだけ使い始めて良いです。
月々の料金自体も最安値クラスなので、セット割を使わなかったとしても他の回線よりお得ですからね。とりあえず光回線だけをauひかりにする。
ドコモスマホの更新月が来たタイミングで、スマホをauに乗り換えるという方法が一番楽でしょう。

地域系回線も良いが、キャッシュバックが弱い

BBIQは顧客満足度の高さで有名ですし、NURO光は現在世界最速の光回線。eo光もコスパの良さで高い評価を得ています。
どの回線も乗り換え先としては良い選択ですが、auひかりよりも圧倒的に弱い点が一つ。

キャッシュバックが少ないことです。auひかりは乗り換えるだけで40000円のキャッシュバックが手に入りますが、他の回線だと10000円くらいです。
しかもスマホを乗り換えるとなると、そこで更なるキャッシュバックが発生するので、乗り換えるだけで60000円以上受け取ることも可能です。

どこを選んだとしてもフレッツ系のドコモ光から乗り換えるだけで、通信は改善しますからできるだけお得な所を選んだほうが良いです。
総合するとお得さでauひかりがおすすめです。

auひかりを検討してみたい方は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね!

【2016年冬最新】auひかり口コミを徹底調査!まだ評判が悪い回線だと思ってるんですか?

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆